VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2022.11.11 UP

“買い足しジュエリー”はシャネルのココ クラッシュ【VERYNaVY編集者の偏愛名品16】

Vol.16_増やしていきたいコレクションとはまさにこのこと

CHANELのキルティング モチーフは永遠。そう思われている方、きっと多いと思います。
もちろん私もその一員。すごく数を持っているわけではないですが、バッグもシューズも、もちろんジュエリーも。すべて”手にした瞬間”をよく記憶している、稀有なものです。
ピアスは一昨年前のクリスマスに、自分へのご褒美として買いました。候補は2つあったのですが、購入直前、夫に電話で相談したところ「たぶんこっちのほうが数年後、よかったなって思えるよ」というアドバイスをもらい、結果、いま正解だったと思っています。
それを裏付けるかも!? と思ったのが、下でご紹介しているつい先日購入した”親指ココ クラッシュ”の存在。VERY&NaVYまわりでとにかく人気のココ クラッシュのリングですが、ちょっと”後発”になってしまうことから攻めあぐねていたところ、12月号でジュエリースタイリスト伊藤美佐季さんのスタイリングで”親指”につけていた姿にハッとしました。これならちょっと違う気持ちでつけられるかもしれない! と。
実は親指は、ひとより短くてぺったんこで、若かりし頃は初デートではバンドエイドをつけて隠したりもしていた(!)、自分的コンプレックスなパーツ。まさかこんなふうになるとは思っていませんでした。
今は主に左手にしていますが、「右手にしたら、仕事のスマホ操作も、ちょっと楽しくなるかな?」と思ったのも、手にしてみようと思ったきっかけです。
サイズに合うものを探して、お取り寄せをお願いしていたので、ブティックに行く前までは入念に親指メインでハンドクリームも。こんなことをしたのも初めて。塗っては手を洗っているほど苦手だったハンドクリームも、こまめに塗るようになりました。
新しい意識や現象をくれるジュエリーって素敵。大人になってからの発見って、ワクワクするものですね!

最近の両手コーデはこんな感じ。NaVYを初めて3年目。 ネイビーアイテムが増えました。肩がけのジャケットは後ろ姿はセーラーカラーのMADISONBLUE。スマホケースは滝沢さんコラボのラルコバレーノのネイビーです!

こちらはネイビースウェットの日。カジュアルな日ほどココ クラッシュ効果で気分が上がります。ネイルカラーはこの秋冬になってまた魅力を感じた、HERMESの80番のグレー。手元がキレイに見え、とても気に入っています。

置いてあっても思わず写真に撮りたくなってしまう(笑)。そんな存在です。上に重ねているのは、増やしていきたいコレクションのもうひとつ、Cartierのトリニティ。今季はTrinity for Chitose Abe Of Sacaiの2連リングも購入してしまいましたが”自分の時代に生まれたもの”には、やはり魅力を感じます。

撮影/西原秀岳<TENT>

*紹介アイテムは私物です。シャネル ブティックへのお問い合わせはご遠慮ください。

Recommends

Brand

Feature

VERY NAVY

【VERY NaVY 2022年12月号】11月7日発売!

〝ちょっと違って
フィットする〟ものを見つける喜び!

私たちの
ウォッチ&ジュエリー冒険記

2022年11月7日発売
980円(税込)

Index

PAGE TOP