VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2020.05.11 UP

TREND TIPS タキマキ私服編 Vol.2-Blouse

”stayhomeといえども、オシャレの気持ちは忘れずに♡”をテーマに、タキマキの私服でお届けしているTREND TIPSスペシャル・バージョン、第2回は「ブラウス編」。ボタン可愛い、色キレイ、小花柄。更新感も抜群の、お気に入りの3着、教えてもらいました。

Rejina Pyoの
シワ加工
ブラウス

「ボタンが可愛くて、シワ加工された”レジーナ ピョー”のシルキーなブラウス。デザインやディテールなどほのかにアクセントが効いているものが多く、最近お気に入りのブランドです。ボトムスにインもアウトもできる丈も便利。今回はカラーパンツとコーデしてみましたが、ボリュームのあるスカートやデニムにも合わせて着たいと思います」。

黒バッグや耳元ゴールドで印象引き締め

黒バッグや耳元ゴールドで印象引き締め

ブラウスはオーバーサイズ風、パンツはウエストベルトでもほんのりバルーンライクなシルエット。キレイめなのにキメキメではない、適度なゆるさが新しい。そのぶん小物はボッテガ・ヴェネタ「ザ・アルコ」の黒バッグや、アクアズーラのヌーディサンダルで女らしくピッと引き締め。ペディキュアは「このために塗ったよ〜(笑)」というSUQQUのネイルカラー ポリッシュ 121。”春”なトーンで、できあがり♡

ROKSANDAの
プリーツ
ブラウス

「大好きな水色と、シルエットにひと目惚れした”ロクサンダ”のブラウス。この春は衿が大きなブラウスに注目しているのですが、これは顔まわりは華やかになるのに、デザインは肩が出るなどスッキリ、キレイ。ほどよくきちんと着られます。スリムなパンツにフラットシューズを合わせたコーディネートが気分」。

Romance Was
Bornの
小花柄ブラウス

「実は好きな小花柄。柔らかいながらもハリとツヤのある生地が、お食事などの席にもよさそうで。パフスリーブと胸元のデザインも好き。パフスリーブのブラウスは、最近ブラック系を手に取ることが増えている気がします。黒のパンツと、バッグなど小物も黒でまとめてシンプルに着こなしたいと思います」。

撮影/渡辺修身(静物)

*掲載アイテムはすべて滝沢さん私物です。ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NaVY10月号発売中

早めに動いて大正解。
デイリーラグジュアリーな
“一番乗り服”

2022年9月7日発売
980円(税込)

Index

PAGE TOP