VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2020.05.04 UP

TREND TIPS タキマキ私服編 Vol.1-One piece

タキマキのトレンドキャッチ力、通称”タキマキ・アンテナ”をご紹介するNAVY内の連載「TREND TIPS」。今回は#stayhomeのスペシャルとして、タキマキの私服バージョンでお届けします。「早くこんなオシャレがしたい!」気持ちを大事にしたいから、第一回目は最新版の”タキマキ・ワンピ”をクローズアップ!

CECILIE BAHNSENの
パフスリーブ
ブラックワンピ

「例年、夏になると”ワンピ党”に。春前くらいからチェックし始めるのですが、今年加わった新顔ワンピのひとつが、”セシリー バンセン”のブラック。もともとパフ袖が得意なブランドで、ブラウスなどを愛用していました。パフスリーブですがスカートの丈は長め。可愛すぎにおさまらないのがこのブランドの魅力だと思います。軽やかな素材感で、着心地も良くて好き。今年はサンダルよりフラットシューズに合わせたい気分です。MATCHESなど、ONLINEサイトで出会うことが多いです」

定番パールは取り入れ方で更新感♡

定番パールは取り入れ方で更新感♡

耳元にはTASAKIのバータイプのパールピアス。4つのうちひとつがダイヤモンドになっている”balance diamonds”。バッグはデルヴォーの”Tempete(タンペート)”。クラシックなデザインにネオンパイピングがカジュアル感を添え、軽やかなワンピスタイルにマッチします。ヒールパールシューズが得意なニコラス カークウッドのシューズにもこんなレースアップシューズが! シースルー素材というところが今季らしさを感じさせてくれます。

&DAUGHTERの
リネン混デニム
ワンピース

「”サマーワンピース”大好きです。このデニムワンピは、リネン混の涼しい素材が最大の魅力。サックスブルーやシャンブレー、春になるとジャケットなど、この”澄んだ”ブルーが気になるように。夏のワンピースでもラフなものより形にメリハリがあるほうが好き。このワンピースはウエスト切り替えやその下に施されたギャザー 、裾は揺れるフレアなシルエットで、可愛らしさとほどよいクラシックさを両立できます。シンプルなのでネックレスやピアス、サングラスなど、合わせの可能性も無限にあって楽しい♡」

EDITの
胸元リボンデザイン
白ワンピ

「胸元のリボンが、こんな私でも着れば可愛くなれる気がして(笑)。コットンなのでドレッシーすぎないのも魅力だと思います。これもふくらはぎの下丈。この春は長めの丈がヒールやフラット、シューズ選びの幅を広げてくれるのかも知れないなと。パンプスにミニバッグを合わせてコンサバな着こなしを楽しみたいです。

撮影/渡辺修身

*掲載アイテムはすべて滝沢さん私物です。ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。

Recommends

VERY NAVY

【VERY NaVY 2024年6月号】5月7日発売!

Jewelry & Watch
総力特集号!
自分らしさとセンスの良さは
ココに表れる!

ジュエリー上手の
「重ねの美学」

2024年5月7日発売
1060円(税込)

Index

PAGE TOP