VERY NAVY

close
close

Feature

ブランドTOPICS

2022.04.07 UP

セリーヌの【トリオンフ】でどんな着こなしもパリ・シック

セリーヌのシグネチャーバッグ〝トリオンフ〟は、ディレクターのエディ・スリマンによって毎シーズンより魅力的に昇華。今や、オシャレな人に欠かせないステディバッグのひとつです。その理由は、カジュアルもエレガンスも、このバッグひとつで〝パリ・シック〟な雰囲気を湛えるから。今シーズンは新たにチェーンストラップが登場し、注目です。

凱旋門を囲む鎖がイメージソース
パリのエレガンスを
バックルひとつで物語る

2つのCを表したトリオンフは、創業者のセリーヌ・ヴィピアナがデザインして以来愛され続けているシグネチャー。よりモダンに軽やかに進化し、普段使いとしてフレキシブルに楽しめる存在です。

color_ Black Triomphe by CELINE

流行のショートパンツは洗練のエッセンスが必要
黒ボディに黒チェーンを合わせたオールブラックのノーブルな佇まい。振り幅広いスタイリングを引き立てる、タイムレスなポテンシャルが感じられます。こんなショートパンツにこそ合わせてみたい。

バッグ〈キュイル トリオンフチェーンバッグ〉[H10.5×W20.5×D4㎝]¥324,500ジャケット¥357,500ブラウス参考商品 ショートパンツ¥104,500※すべて予定価格(すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

color_ Gray

ドットワンピをデニムでカジュアルに!そこに大人風味をひと匙
エディ・スリマンの象徴的なLAスタイルがフレンチシックと重なる、今シーズンのセリーヌを代表するルック。エレガントなグレーのチェーンバッグを加えることで、東京の日常にも溶け込みます。

バッグ〈トリオンフ チェーンバッグ〉[H10.5×W20.5×D4㎝]¥324,500ワンピース¥352,000デニムジャケット¥170,500ブーツ¥154,000※すべて予定価格(すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

着こなしをブラッシュアップさせる
カラーバッグもエターナルなものを

視線を集める鮮やかなカラーアイテムほど、大人は上質さにこだわりたいところ。〝トリオンフ〟がもつタイムレスなDNAはどんなに色で遊んでも上品な存在感を保ちます。

color_ Yellow

コンパクトなシャツ×デニム×カラーバッグの旬バランスを楽しんで
トリオンフのマークをボディと同じカラフルなイエローで覆ったキュイル トリオンフ。ブルーのストライプシャツにデニムというベーシックモードなスタイルも、バッグひとつでこんなに感度の高いムードに。

バッグ〈キュイル トリオンフ チェーンショルダー〉[H10.5×W20.5×D4㎝]¥324,500シャツ¥115,500デニム¥95,700デニムジャケット¥170,500ベルト¥63,800※すべて予定価格(すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

ヴィンテージライクなフォルムで
スタイルに
洗練のスパイスを効かせて!

キュイル トリオンフに今シーズンから加わったコンパクトなボックス型の「SMALL BOX」。ちょっとヴィンテージっぽいムードで、存在感は絶大。これひとつで今どき感も、大人の遊び心も、オシャレなムードも全部手に入る。

color_ Brown

テイストMIXなスタイルをパリ・シックなバッグが包括!
何が入るか考えるのはナンセンス! エレガントなシャスールジャケットに、ミリタリーとボーダーのテイストミックスを高感度なスタイルで引き締めるには、この小粒のスパイスが必須!

バッグ〈キュイル トリオンフ スモールボックス〉[H11×W11×D11㎝]¥192,500ジャケット¥434,500トップス[参考商品]パンツ¥126,500※トップス以外すべて予定価格(すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

お問い合わせ先/セリーヌ ジャパン
03-5414-1401
www.celine.com

撮影/岡本充男 スタイリング/池田 敬ヘア/Dai Michishita メーク/島田真理子〈UM〉 モデル/滝沢眞規子 取材・文/西尾慶子 デザイン/安藤恵美 編集/渋沢祥子

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NaVY6月号 5月7日発売!

効かせていくのが楽しいお年頃です♥
日本の夏、大 人ジュエリーの夏!

2022年5月7日
980円(税込)

Index

PAGE TOP