VERY NAVY

close
close

Trend

タキマキ最新トレンド

2020.09.15 UP

滝沢眞規子さん×安西こずえさんが
この秋気になるトレンド9選

滝沢眞規子さんの感度の高いアンテナがキャッチしたトレンドをお届けする人気連載の秋編がスタート。今月からスタイリスト安西こずえさんからの発信もプラスし、企画をボリュームアップ!

1.季節の変わり目上手になれる
“レザートップス„

「今年は夏のはじまりが遅かった分、9月も夏なのか秋なのかファジーになりそうですが、季節の変わり目はファッションが一番楽しい時期なので9月になるとどこか秋っぽさを意識したいです。でも、ウール素材はまだ暑いし……というときに活躍するのがレザー素材。これを取り入れるだけでスタイルが秋にシフトします」。滝沢さんが着用しているのは柔らかさと軽さが心地よいレザージャケット。今シーズンは、ブラウス感覚で着られるレザートップスなどもあるのでトライしたい。

1.Tシャツ感覚で着こなせる薄いスエード素材のトップス。柔らかい素材で肌に心地よくフィット。スエードTシャツ¥128,000(マディソンブルー)
2.ノーカラーのビッグシルエットのレザージャケットは、今っぽいゆるさが魅力。ジップを閉めればプルオーバー感覚で着こなすことも。レザーブルゾン¥130,000(ロエフ/ロエフ 六本木店)

【滝沢さん】ジャケットはヴァレンティノ、パンツはブラミンク、メガネはシャネル、バッグはロエベ。

2.正統派“スーツ„を普段着に!

「ジャケットは私の定番アイテムですが、今はパンツとのセットアップでメンズライクにビシッとキメて着こなすのが気分だと思います」。セリーヌなどメンズスーツをユニセックスに着こなす提案をしているメゾンも出てくるほど正統派なスーツが旬な存在。滝沢さんが注目するハンサムなスーツをはじめ、トップス&パンツやスカートをセットにしたフォーマル風スタイルを普段着にするトレンドが到来!

1.ブルジョアなスタイルをデイリーウェアに落とし込んだ、今シーズンのセリーヌ。こんなハイネックのチュニックとパンツのセットアップも登場。チュニック¥220,000パンツ¥95,000ベルト¥90,000[すべて予定価格](すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)
2.ハウスコードであるチェック柄を多彩なデザインにクリエーションしたプレフォールコレクション。ノースリーブトップスとパンツの組み合わせも普段着として取り入れやすい。トップス¥145,000パンツ¥145,000[すべて予定価格](ともにバーバリー/バーバリー・ジャパン)

3.ブランドスカーフをマスクに!

「サラ・ジェシカ・パーカーやオリヴィア・パレルモがスカーフをマスクにしているスナップを見かけますが、そんな使い方も今の状況の中でオシャレを楽しむアイデアだと思いました。私だったら、グラフィック柄のスカーフでシックに仕上げたいです」

滝沢さんがチェックしているというフェンディのグラフィック柄のスカーフ。落ち着いたカラーリングなので、どんなファッションにも合わせやすい。スカーフ(90×90㎝)¥52,000[予定価格・10月発売予定](フェンディ/フェンディ ジャパン)

4.アップカミングなバッグは
“GABRIELA HEARST„!

「ブランド感がなくさりげなく持てるバッグを探していたところ、海外のショッピングサイトで出会ったのがこのバッグです。クリーンさとちょっとクラシックなフォルムが新鮮で、気に入っています」

滝沢さんのアンテナがキャッチしたこのGABRIELA HEARST(ガブリエラ ハースト)は2015年に創立されたニューヨークブランド。メーガン妃が愛用していたことで海外でもブレーク中。まだ日本未上陸のレアなブランド。トップスはフランキーショップ、スカートはボッテガ・ヴェネタ、サングラスはサンローラン、ネックレスはティファニー、時計はロレックスのヴィンテージ。

5.楽しく“おうち時間„を過ごすために
スピーカー&フラワーベース

「家で過ごすことが多い今、その時間を豊かにすることを心がけています。私がこだわったのは、一日の中で滞在時間の長いキッチンに置く〝スピーカー〟。子どもたちと音楽をシェアして楽しんでいます。また、先日はインテリアショップでオシャレなフラワーベースを見つけ、お花やグリーンを生けるアイテムに投資するのもいいなと思っています」

滝沢さんとプライベートでも仲良しの、スタイリスト安西こずえさん。2人ともチェックするトレンドは同じだけど、最後にセレクトするものがハンサム派とスイート派で分かれるところが面白い!

1. 夏気分を引っ張りたい!〝レザーアイテム〟

1. 夏気分を引っ張りたい!〝レザーアイテム〟

「タキマキちゃんが秋を先取りするためにレザーアイテムを活用するのとは真逆に、私は初秋でもまだまだ肌を露出していたいので、ノースリーブやショートパンツが気分です」
 
ひと夏で日焼けした肌に、リッチなレザーアイテムが似合う。
1.レザージレ¥71,900※輸入関税込・参考価格(マテリエル/ファーフェッチ カスタマーサービス)
2.レザーショートパンツ¥28,000(コラム/エストネーション)

2. カジュアルも“セットアップ„できちんと感!

2. カジュアルも“セットアップ„できちんと感!

「この秋は正統派のジャケットスーツだけでなく、カジュアルなアイテムもセットアップで揃えるのがトレンドです。ちょっときちんとした雰囲気になりシティウェアに昇華!」
 
合わせる小物でいろいろな表情が楽しめる!
1. カシミアのニットをスウェット風にデザイン。トップス¥89,000パンツ¥79,000(ともにヘリル フォー ロンハーマン/ローハーマン)
2.タンクトップの華奢なストラップで女らしく着こなせる。トップス¥24,000パンツ¥39,000(ともにアーチ ザ/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)

3. ビッグトレンドの“黒„は甘寄せで

3. ビッグトレンドの“黒„は甘寄せで

「空前の!?ブラックブームで、私もすっかり〝黒〟気分。〝ハンサムな黒〟でなく、〝スイート&エレガントな黒〟を狙います」
 
シャツワンピも、ドレスシャツ風仕立てやパフスリーブでビタースイートに。
1 .ドレス¥245,000(ジル サンダーバイ ルーシー アンドルーク・メイヤー/ジルサンダージャパン)
2.ワンピース¥88,000(セシルバンセン/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア)
 
【安西さん】「シンプルなトップスもこんなティアードスカートで、一気にレディに! バッグはタキマキちゃんに教えてもらい、さっそくお揃い買いしたガブリエラ ハースト」。スカート¥36,000(コラム/エストネーション)その他は安西さん私物

4. 福岡で見つけたオシャレな花瓶屋さん

4. 福岡で見つけたオシャレな花瓶屋さん

「出張で福岡に行った時に見つけた、ヨーロッパで買い付けたヴィンテージのフラワーベースや鉢を扱うセレクトショップ〝Blumo〟。こんなオシャレなデザインが豊富に揃っているお店もなかなかレアだと思います!」
 

【SHOP INFO】
Blumo
福岡県福岡市南区那の川
1‒23‒24 小江ビル102
Tel 092‒531‒3080  営 12:00~18:00
休 火曜日(木曜日はアポイント制)

5. 上品スイートなマスク♡

5. 上品スイートなマスク♡

「日用品もマイテイストなものを常にリサーチ。今、必需品のマスクもそう。いろんなデザインが登場しているなか、スイート心を満たしてくれ、大人にも似合うこんなくすんだピンクを選んでみました」
 
「ウェットスーツ素材で作ったマスクは、2㎜厚と1㎜厚のタイプがあり、顔の形にフィットして使いやすい」。タイダイ柄マスク¥3,850ピンクと白のマスク各¥2,750(すべて税込)Instagram:@mask_arimasu より問い合わせを。

撮影/魚地武大(TENT) スタイリング/安西こずえ(Coz inc.) 取材/塚田有紀子 デザイン/On-Point Design 編集/渋澤しょうこ
ザ・コンランショップ 0120-04-1660、ソニーマーケティング 0120-777-886

VERY NAVY 10月号『タキマキの頭の中に、TREND TIPS』から 
詳しくは2020年9/7発売VERY NAVY 10月号に掲載しています。

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NAVY 10月号発売中!

そろそろ失敗しない
おしゃれの力、身に着けたい

いいものを見極めると
それが私のベーシック!

2020年9月7日発売
VERY10月号通常版別冊付録

Index

PAGE TOP