VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2021.09.25 UP

【ロエフ、ラドローetc…】展示会で発見した“買い!”な秋冬名品4選

「これ紹介したい」「これ着たい!」。お仕事視点と個人目線、展示会では2つの気持ちが交錯します。リアルと憧れ、50・50のバランスで。編集者が“心を摑まれたもの”の中から、4つのアイテムをピックアップしてお届けします!

item 1
デニム党なら絶対ハマる

MADISONBLUEの
カシュクールニット

今年はカーディガンの当たり年かも、と密かに。ふわふわ肉厚なリッチな素材のもののほうが目が行きます。マディソンブルーのこちらはウエストを結んで着られるデザインですが、「前をクロスしてボトムスINしても素敵なんです」と聞いて、「それやりたい!」と思った逸品です。ピンタック入りのスキーパンツ形ニットパンツは色を選べず2色買い。


カーディガン ¥83,600 デニム ¥51,700(ともにマディソンブルー)カットソー ¥12,100(オーシバル/ビショップ)バッグ ¥51,700(ルル ギネス/LULUGUINNESS.COM)ピアス*片耳 価格¥83,600 リング・中指手首側から ¥495,000¥220,000*ともにセット使用 人差し指 ¥77,000(すべてシハラ/シハラ ラボ)

ニットパンツ 各¥39,600(ともにマディソンブルー)

 

item 2
アウター、過去最大数!

LUDLOWの
パフスリーブショートコート

会場を1周するほどのラック数。来場者が皆、目をキラキラさせ試着に試着を重ねていたのが、ラドローの新作アウター。注目はツンッと高さのあるパフスリーブや袖口のギャザー、後ろ姿はプリーツ入りでふんわりのショートコート「LILY」。バッグ→ブラウスときて、ラドローはアウターにもやっぱり夢がありました。

新しいスポーティの形♡スナップボタン付きの高めのバックベルト&センタープリーツ入りで、後ろ姿も印象的。
ショートコート 各¥264,000*9月下旬発売予定(ともにラドロー/エストネーション)

item 3
上質な〝シャリッと〟素材はココで

LOEFFのナイロン&
ジャカードアイテム

背中開きもキレイなジャンパースカートは某メゾンと同じイタリア工場発のナイロンタフタ素材。アザミの花の刺繡を独特の優しいニュアンスに仕上げたカットジャカードのロングスカートは、後ろに大胆なバックスリット入りで新鮮でした。丁寧なモノ作りにグッとくる今、”秋イチから使えるロエフ”に注目です。

展示会ではプレスの方がジャンパースカートに白TをIN。ドレスアップにもデイリーにも活躍しそうです。
【右から】ジャンパースカート ¥46,200 スカート ¥38,500(ともにロエフ/ロエフ 六本木店)

item 4
ジャケット以外も可愛かった♥

Cabanaのリブ
スウェットセットアップ

ジャケットが大人気の「カバナ」ですが、今季の展示会で心に残ったのがこのプルオーバーのセットアップ。袖と裾のリブが長いことで、リラックス感はそのまま、キュッとモードな印象に。今季のトラックパンツ気分にも寄り添います。カバー力があってオシャレに見えて、このメリハリは大人に嬉しい新バランス。オフホワイトもあり素敵でした。

プルオーバー ¥28,600 パンツ ¥29,700(ともにカバナ/アマン)サングラスは10 アイヴァン。ピアス ¥30,800 バングル ¥57,200 リング ¥39,600(すべてブランイリス/エストネーション 六本木ヒルズ店) バッグ ¥110,000(ラドロー/ラドロー オンラインストア)スニーカー[POP UP限定]¥33,000(デイト/ティースクエア プレスルーム)その他/スタイリスト私物

.

撮影/古水 良(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/山本有紀 ヘア・メーク/KIKKU モデル/クリス-ウェブ 佳子 撮影協力/古谷沙季 編集/澤辺麻衣子

VERY NAVY10月号『[大特集]コラム 展示会発。“from現場”な名品REPORT』より。詳しくは2021年9/7発売VERY NAVY10月号に掲載しています。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NAVY11月号発売中!

〝外での私が輝く〟ための、
冬の最高マジック!

今年こそ
「上質コート」
に包まれたい

VERY11月号別冊付録
890円(税込み)

Index

PAGE TOP