VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2021.06.18 UP

【私服コーデ】滝沢眞規子さんの夏サンダルは「ハイブランドのコンフォート系」

「ヒールも履くけれど、この夏は気分的にもコンフォート系は欠かせない存在です」と滝沢眞規子さん。気になる夏スタイルをALL私物で紹介!

いまや快適さだけでなく“抜け感を作る”スタイリングにも一躍買うコンフォートシューズ。足元を楽にする日こそ手を抜いた感が出ないように、クチュール感やモードな雰囲気を取り入れて仕上げるのが“タキマキ流”だそう。

取り入れやすいのに毎日が華やぐ、まさに“デイリーラグジュアリー”を体現するコンフォートサンダルのスタイル。滝沢さんの琴線に触れた2足を参考に、トライしてみては。

快適さとラグジュアリーを叶える「CHANELの黒」の威力

快適さとラグジュアリーを叶える「CHANELの黒」の威力

「夏でもALL BLACKコーデが好きなので取り入れやすい黒サンダルはきちんと個性があるものを意識します。チェーン使いや揺れるロゴなど全方位“らしさ”があふれるデザインもさらりと取り入れやすいのはコンフォートサンダルのヘルシーさがあってこそ。今日はこれに、CECILE BAHNSEN crafted by MACKINTOSHの装飾的なデザインのロングジレを合わせてみました。クチュールな服にもマッチしながら、心地良い“抜け“が生まれ絶妙なバランスに仕上がります。黒においてこのメゾンの右に出るものはないのでは、と思わせてくれる圧倒的な存在感はアイテムが限られる夏こそ頼りに」(滝沢さん)

サンダル/CHANEL ジレ/CECILIE BAHNSEN craftd by MACKINTOSH レギンス/BALENCIAGA バッグ/VALENTINO ピアス/BOTTEGA VENETA 時計/ヴィンテージのROLEX(すべて滝沢さん私物) 

夏に映える白もNOTバカンスな「THE ROW」でモードに

夏に映える白もNOTバカンスな「THE ROW」でモードに

今シーズン盛り上がっているグルカサンダル。滝沢さんが選んだのはTHE ROWのもの。「今シーズンお気に入りのこんな白ワンピも、少女っぽく見えないようにどこかハンサムな要素を取り入れたいのでこのグルカサンダルを合わせると良い塩梅に!夏になると着る機会が増えるマキシ丈とも相性が良く、足元のボリュームは抑えつつ“ごつさ”がある大人な仕上がりが気に入っています」(滝沢さん)。ちなみにグルカサダルとは、19世紀の旧英国領インドのグルカ兵が履いていたサンダルに由来しているとのこと。そんなミリタリーライクなハードさが、フェミニンなアイテムの引き締めスパイスに。

サンダル/THE ROW ワンピース/LUDLOW バッグ/LOEWE ブレスレット/BOUCHERON ピアス/JIL SANDER(すべて滝沢さん私物)

 

撮影/竹内裕二(Ball Park) モデル/滝沢眞規子 ヘア・メーク/森野友香子(Parle Manegement )取材・文/増田奈津子

※掲載中のアイテムはすべて私物です。ブランドへのお問い合わせはご遠慮ください。

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NAVY10月号発売中!

良さを知ったら、
選ぶべきものが見えてきた!

NAVY的
「鉄板ブランド」
現在地

VERY10月号別冊付録
890円(税込み)

Index

PAGE TOP