VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2021.04.28 UP

辻直子さん【バッグ×靴】春コーデを更新する合わせのヒント

洗練した女らしいコーディネートを提案するスタイリスト辻 直子さん。VERY NAVY5月号の特集でも、素敵な大人の“羽織り”の選びと着こなしを指南してくれました。
ここでは誌面ではお伝えできなかった、それぞれのスタイルにコーディネートしたバッグ&シューズの選びにフォーカスしてご紹介。どうしてこのスタイルにこの小物をつけるのか? きっとオシャレを更新させるヒントになるはずです。

 

足元にだけ“華やかな色”を指すテクニック

足元にだけ“華やかな色”を指すテクニック

ネイビーのコートにグリーンを基調にしたプリントワンピを合わせたスタイリング。ここに足元だけ色を指すことで、全体の印象がトーンナップ。イエローとオレンジの中間のような曖昧カラーが肌色に馴染み、悪目立ちしないのもポイント。さらに、シルバーのスタッズが、手首や耳に着用したボリュームシルバーアクセともリンクし、上品なネイビーにシャープさを効かせる効果に。

コート¥99,000(ポステレガント)ワンピース¥26,400(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)ピアス¥91,300〈SOPHIE BUHAI〉腕に巻いたネックレス¥79,200〈Harpo〉バングル¥69,300〈TAPLEY〉(すべてエスケーパーズオンライン)ネックレス¥49,500(MODERN WEAVING/ショールーム セッション)サンダル¥108,900(ジミー チュウ)

小物で視点を分散させる、という発想

小物で視点を分散させる、という発想

今シーズンも人気のオーバーサイズのコート。これを細身のボトムスでなく軽い素材のワイドパンツを合わせ、ファジーな印象に着こなすのが今っぽい。こういう“ぼやけた”シルエットの時には、ピリッとした小物を利かせてポイントを分散させます。バッグは鮮やかなブルー、足元は黒とベージュのストライプのミュールを。ポインテッドトゥの鋭角なシルエットが、全体の印象も引き締まります。

コート¥262,900(ザ・ロウ/ザ・ロウ・ジャパン)ベスト¥24,200(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズズトア)パンツ¥17,600(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)帽子¥17,600(シシ)スカーフ¥28,600(カルメイヤー/アパルトモン 青山店)バッグ¥330,000(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)シューズ¥101,200(ジミー チュウ)

カーキ色のショートパンツに白のミュールを

カーキ色のショートパンツに白のミュールを

今シーズン注目のショートブルゾン。「ブルゾンは男の一面があるので、あえてエレガンスに着こなすことを意識したい」と、辻さんはほんのり光沢感のあるカジュアルドレッシーな一枚をセレクト。これにショートパンツでヘルシーさを加え、ヴィヴィッドなバッグでフェミニンさを盛り込みました。そして足元は残念ながらモデル写真では写っていませんが、白のミュールサンダルをスタイリング。アースカラーのトーンに、白を指すことでフレッシュ感をプラス。トウもメタリックも、いいスパイスになっています。

ブルゾン¥132,000(エストネーション)ニット¥39,600(ドゥロワー/ドゥロワー 六本木店)パンツ¥14,300(ジャーナル スタンダード/ジャーナル スタンダード 自由が丘店)バッグ¥97,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)484,000(ボッテガ・ヴェネタ/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン)シューズ¥108,900(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

フェミニンなバッグ&メンズシューズ

フェミニンなバッグ&メンズシューズ

Gジャンも男っぽいエッセンスがあるアイテム。ここに、女らしさでなく、少女っぽいテイストを差し込んでスタイリングするのが辻さん流。その少女っぽさのひとつが、髪の毛をきゅっとまとめたこと。もうひとつが、ピンクの小バッグ。タックパンツやメンズライクな革の革靴の存在が、よりこの可愛いアイテムを引き立たせる効果になっています。そして、バッグもシューズも“かっちり”しているという共通項も大切なポイントです。

Gジャン¥41,800(ハイク/ボウルズ)シャツ¥39,600(ポステレガント/エスケーパーズオンライン)パンツ¥30,800(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)バッグ¥379,500(ヴァレクストラ/ヴァレクストラ・ジャパン)シューズ¥126,500(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)

小物で“色をいじる”ことでスタイルに奥行きが生まれる

小物で“色をいじる”ことでスタイルに奥行きが生まれる

生成りのハンサムなジャケットにグリーンのパンツを合わせて柔らかい印象に仕上げたスタイリング。カラーパンツには無難にベージュの靴を合わせがちだけど「それでは、まとまりすぎてしまう。私はカラー小物で色をいじりたくなるんです」、とイエローのパンプスを合わせた辻さん。確かに足元が明るくなり一歩抜きん出た着こなしが完成。パステルカラーにすることで、可愛い印象になりました。

ジャケット(ベルト付き)¥75,900(カバナ/ノーブル 六本木ヒルズ店)ニット¥20,900(ユニオンランチ/サザビーリーグ)パンツ¥19,800(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)時計¥1,188,000腕に巻いたネックレス¥902,000リング¥1,452,000(すべてカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)パンプス¥113,300(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

ショートパンツにアンクルストラップのサンダルを

ショートパンツにアンクルストラップのサンダルを

気負いのないゆるシルエットなジャケットを、ハーフパンツでヘルシーなスポーティさを加えたコーディネート。これに足元はアンクルストラップのハイヒールにすることで、ヌーディーな脚にポイントが作れ、さらにレディーな要素をプラスされました。さらに、グレーグラの中にピリッと白のコントラストが効果を発揮。バッグはビッグトートバッグにすることで、オーバーサイズのジャケットとの比重バランスもよくなります。

ジャケット(ベルト付き)¥75,900(カバナ/ノーブル 六本木ヒルズ店)ニット¥20,900(ユニオンランチ/サザビーリーグ)パンツ¥19,800(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)時計¥1,188,000腕に巻いたネックレス¥902,000リング¥1,452,000(すべてカルティエ/カルティエ カスタマー サービスセンター)パンプス¥113,300(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NAVY12月号11月6日発売!

パーソナルでいて時に大胆にも
なれたりして

「時計&
ジュエリー愛」が
止まらない!

VERY12月号別冊付録
890円(税込み)

Index

PAGE TOP