VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2021.03.17 UP

内田恭子さん「行きついたバッグはロエベの上質なシンプルトート」

どんなに年齢を重ねても取り巻く環境が変わっても、もの選びに対して大切にしていることって変わらなかったりするもの。特に自分軸がしっかりとある人はなおさら。そんな審美眼をお持ちの方々に、ずっと使い続けたいバッグ選びのマイルールを伺いました。今回は、その高いファッションセンスにも定評があるフリーアナウンサーの内田恭子さんです。

 

「よく見るといいもの」が理想、
だからこそ革にこだわる
母シーンのバッグ

フリーアナウンサー 内田恭子さん

どんなステージでもバッグはベーシック!
が私らしさの証し

 

子どもたちが二人とも小学生になって少しだけ手を離れたこと。年を重ねてちょっとだけ上がったオシャレの経験値。そして一周回ってわかった、変わらず好きなもの。ここにきて、オシャレも新たなステージを迎えつつあって、洋服に関しては私らしさを求めて時に冒険することも増えましたが、バッグに関してはどうやらベーシックなスクエアタイプが変わらず好きみたいです。もちろんその時々でトレンドものを手にすることもありますが、結局長く使っているものに落ち着きます。
ロエベは上質でなめらかなレザーの風合いが大好きなブランド。なかでもこれは黒に限りなく近い深いネイビーが上品で、シンプルなトート型なのに佇まいがとても美しい。マチがないのでサブバッグにもなり、型押しのロゴのみでそのブランドとわかりにくいので、母的シーンにも活躍しています。お着物にも合うし、私のどんな場面にも合う万能さも素晴らしい。色違いもたくさん買っておきたかったなとちょっと後悔しているくらいです。

学校行事やお仕事のときなど、荷物はあるけれど、きちんとしたいスタイルにもマッチ。ベロニカビアードの白ブラウスにヴィクトリアベッカムのタイトスカート、スチュアートワイツマンのパンプスを合わせてきちんと感をさらにUP。

トート型なので、休日カジュアルのときにラフに持つのにもお気に入り。ふんわりとした袖が可愛いザ・ロウのコットンロングワンピースにアレクサチャンのシルバーのペタンコを合わせて。ネックレスは香港の友人にいただいたもの。

フリーアナウンサー
内田恭子さん
元フジテレビのアナウンサーで、結婚を機にフリーになり、2児の母としての顔も。現在はテレビ、ラジオを中心に幅広く活躍。ファッションセンスの高さにも定評がある。

 

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉 取材・文/塚田有紀子 編集/永吉徳子 取材協力/Arbor at Aoyama Treehouse

 

VERY NAVY 4月号『これからは「バッグで未来の私に投資」♡Part2〝未来に投資〟上手な人に見る 正解バッグ、7つの形』から
詳しくは2021年3/5発売VERY NAVY 4月号に掲載しています。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

 

Recommends

Archives

Feature

別冊 VERY NAVY

VERY NAVY12月号11月6日発売!

パーソナルでいて時に大胆にも
なれたりして

「時計&
ジュエリー愛」が
止まらない!

VERY12月号別冊付録
890円(税込み)

Index

PAGE TOP