VERY NAVY

close
close

Special

最新号特集

2020.09.08 UP

滝沢さんの「私服」で紐解く
最近の〝タキマキベーシック〟は、もう、失敗しない!

ベーシックというと、いわゆる普遍的な定番と捉えがちですが、今、滝沢さんが考えるベーシックは、もう少し"ポジティブ"で、"軸のある"おしゃれ。トレンドも積極的に取り入れながら、"これはしない"という明確なルールがあるから、ブレることがない。そんな滝沢さんの最新ベーシックを、オール私服でご紹介します。

“無理して「色」を着ない。
黒が落ち着くなら、その気持ちに素直に”

“無理して「色」を着ない。
黒が落ち着くなら、その気持ちに素直に”

「パフショルダーのブラックジャケットは、最近セールでget。以前ならカチッとした定番的バッグを合わせていたけど、今は可愛いものや、モチーフジュエリーで、おもしろみを加えて、より自由にジャケットを着られるようになりました」

“主役の黒に「濃紺」を合わせる。
このテクで全体がトーンアップする”

「プラダのナイロンの黒は〝漆黒〞できれい。パンツにネイビーを入れたり、インナーの黒ニットを透け素材にしたことで、少し柔らかい感じにしました。スニーカーは黒だと重すぎるので、ちょうどいい品の良さがあるベージュを合わせました」

“シンプルよりちょっとクセのあるものを。
そのほうが簡単におしゃれが決まる!”

“シンプルよりちょっとクセのあるものを。
そのほうが簡単におしゃれが決まる!”

「肩パッドの入ったひとくせトップス。結局こういうのはシーズンを通していっぱい着るので、シンプルよりもむしろ使えます。ストラップにインパクトがあるバッグを合わせ、シックなブラックスタイルを華やかにカジュアルダウンしました。

モデル/滝沢眞規子 撮影/酒井貴生〈aosora〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物)
スタイリング/池田 敬 ヘア・メーク/平元敬一 取材・文/西尾慶子 編集/渋澤しょうこ
協力/バックグランズファクトリー デザイン/小林義郎
 

VERY NAVY10月号『いいもの見極めると、それが私のベーシック』から
詳しくは2020年9/7発売VERY NAVY10月号に掲載しています。

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERYNAVY11月号発売中!

ひとりの人に
いろんな〝キャラ〟がいる時代

「キャラ別バッグ」を
アップデート

VERY11月号別冊付録

Index

PAGE TOP