VERY NAVY

close
close

She is NAVY

NAVYな女性ってどんな人?

2020.04.23 UP

vol.01-2 ステディアイテムは 「思いがこもった“ひとつ”をずっと大切に」

手に入れるまでにじっくり悩むか、運命的に出合うか。いずれにしても、敦子さんのもの選びに大切とされているのは“思い”が込められているかどうかだ。夫の母や、そのまた母から受け継いだジュエリーには、戦後イタリアからオーストラリアに移民として渡った女性たちの壮絶な時代背景が垣間みられ、努力を重ねた自身のアメリカ時代に身につけたファッショングッズには、当時の強い気持ちをすぐにでも思い起こすことができる。腕時計と同じく、時代やトレンドとは関係なく一度手にしたものは長く愛用するという敦子さん。ものが持つバッググラウンドまで丸ごと愛せるからこそ、その付き合いはどれも一生もの。

長く乗り続ける愛車は、空冷エンジン

長く乗り続ける愛車は、空冷エンジン

敦子さんの愛車は、真っ赤な933型ポルシェ911。空冷エンジンを搭載した最後のポルシェとして、いまではネオクラシックカーの域に。無骨で男っぽい乗り味のポルシェを、何度もメンテナンスを繰り返して乗り続けている。

イタリア人の祖母のリングを、時代を超えて受け継いで

イタリア人の祖母のリングを、時代を超えて受け継いで

夫の祖国であるイタリアで、今は亡き夫の祖母が大切にしていたというデコラティブなリングを受け継いだ。祖母は生きていたら140歳。イタリアらしい大胆なデザインのリングは、当時のボックスもそのまま残っている。

アメリカ時代を支えてくれた、母からの贈り物

アメリカ時代を支えてくれた、母からの贈り物

1995年、敦子さんが単身アメリカに向かう際に、母親から贈られたポメラートのリング。琥珀色の大粒の貴石が埋め込まれた存在感のあるリングは、当時の敦子さんの心細い気持ちを強く持たせてくれる力があった。

夫の母から贈られた、嬉しいサプライズリング

夫の母から贈られた、嬉しいサプライズリング

夫と結婚したのちに、イタリア人の夫の母親からふたりに贈られたティファニーのペアリング。内側にはどちらも「フランチェスカから」と彫られている。とてもオシャレだったという母からの、愛のあるギフトだった。

子どもたちが使う、3つのアンティークハイチェア

子どもたちが使う、3つのアンティークハイチェア

3つ子の男の子たちが赤ちゃんの時から使っているのは、すべてカタチの違う木製のハイチェア。廃盤のストッケなど、すべてアンティークショップで見つけたもので、年代もデザインが異なり、どれも機能性に満ちている。

手にしたときからずっと、戦友ともいえるバッグ

手にしたときからずっと、戦友ともいえるバッグ

ニューヨークで購入したマークジェイコブスのショルダーバッグ。大きなスタッヅが気に入っていて、10年近くも愛用している。まだ若くアメリカで頑張っていたときに自分で買ったものだから、その時の思いが込められている。

Profile

トッサーニ糸田敦子

秋田県出身。女子美術大学を卒業後、米国ロサンゼルスの建築事務所へ。上司でもあった建築家の夫と結婚し、1997年に東京に建築設計事務所「リカル ド・トッサーニ・アーキテクチャー」を設立。インテリアデザイナーとして活躍。日本の自然遺産にも魅了され、ニセコにも事務所を持つ。5歳になる3つ子の男の子のママでもある。

撮影/HAL KUZUYA ヘア・メーク/久保フユミ〈ROI〉 取材・文/須賀美季  編集/渋澤しょうこ

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERYNAVY12月号発売中!

パワーチャージできる最強おしゃれ

今こそジュエリーで
華やぐ!

VERY12月号別冊付録

Index

PAGE TOP