VERY NAVY

close
人気のキーワード
close

My things

オシャレなあの人の愛用品

2020.03.23 UP

素敵なあの人の「バッグの中身」 山城葉子さんの“エルメスな日、ラドローな日”

オシャレなあの人は、バッグだけではなくバッグの中身にまでセンスのよさが行き届いている――NAVYウェブ連載「素敵なあの人のバッグの中身」がスタート!
初回に登場するのは、『THE TREAT DRESSING』を立ち上げ、現在はYOKO YAMASHIRODesigns CEO兼チーフディレクターを務める山城葉子さん。3人のママでもある彼女のバッグの中身とは? 仕事では上品に、休日は茶目っ気たっぷりなスタイリングとともに、年齢とキャリアを重ねてきたからこその、肩の力が抜けたバッグ&小物選びを紹介します。

SCENE 1 “エルメスな日”

OOTD
BAG_Hermes
TOPS_TOMORROWLAND
SKIRT_Cecilie Bahnsen
SHOES_Stuart Weitzman
PIERCE_Blanc Iris

パリで出会ったヴィンテージの「ボリード」がお仕事バッグの定番

パリで出会ったヴィンテージの「ボリード」がお仕事バッグの定番

10年前にパリのクリニャンクール市場で出合ったボリード。
あまり見かけないニュアンスカラーが気に入って即決しました。外打ち合わせや会食など、荷物をたくさん持ち歩くお仕事シーンの定番バッグです。母から譲り受けたエルメスのケリーも愛用していますが、個人的にエルメスのバッグは、使い込んであるほうが素敵だと思います。着こなしについてもかっちりしすぎないよう、どこかにモードやフェミニンなエッセンスを取り入れてスタイリングするようにしています。

バッグの中身は?

バッグの中身は?

YOKO YAMASHIRO Designsのカンパニーカラーでもある赤はずっと好きな色。身の回りのものも自然と赤を集めるようになっていました。パッと見でブランドが分かるデザインよりも、シンプルで上質さを感じる小物に惹かれます。
右上から時計回りに、エルメスのポーチには薬やサプリを収納。名刺入れも同じくエルメス。メモ帳、ジュエリーケース、コスメポーチはスマイソン。メモ帳はスケジュール管理と打ち合わせ用のノートを兼務。ジュエリーケースにはヴァン クリーフ&アーペルやMAAYAのジュエリーを。シーンによってアクセを付け替えたいのでスタメンを厳選して携帯します。普段からナチュラルメークなので、ポーチに入っているのはベース系とアイブロウ系がメイン。ukaのネイルオイルとシンプリスのネイル&ハンドクリームは乾燥対策に。財布はバッグやその日の予定によって3種類を使い分け。お仕事では1番大きいデルヴォ―が使いやすくて活躍。

SCENE 2 “ラドローな日”

OOTD
BAG_LUDLOW
TOPS_BLENHEIM
PANTS_Three Graces London
SHOES_NIKE

大人の茶目っ気を感じる、かごバッグが休日のパートナー

大人の茶目っ気を感じる、かごバッグが休日のパートナー

キャッチーなホースモチーフに一目惚れしたかごバッグ。昔から好きな動物モチーフは、子どもたちからも「可愛い!」と褒められるうれしいアイテム。かごバッグにしては珍しい大きめのサイズ感で、子どもと自分の身の回りのものが必要最低限収納できるのも便利。ラフなスタイリングに遊び心をプラスして、休日気分を上げてくれる存在です。

バッグの中身は?

バッグの中身は?

右上から時計回りに、休日用の名刺ケースはヴァレクストラ。お世話になった方からのギフトです。友人の柴田陽子さんからイギリスのお土産でいただいたスマイソンのカードケース。休日はカードケースをお財布代わりにして身軽に。エルメスのポーチには子どもの着替えやおもちゃを収納。サングラスはプラダ。

山城さんが思う、NAVY世代の「バッグと女性」

山城さんが思う、NAVY世代の「バッグと女性」

40代になり、いわゆるIT BAGみたいなものほとんど買わなくなりました。今は“いいものを長く”というマインドが強くなって、ブランドにこだわらず“流行に左右されないもの”がバッグ選びの基準。たまに遊びのあるデザインをラインナップに加えて、着こなしを新しく見せることも意識しています。憧れるのは、プラスマイナスのさじ加減が上手で、品のある女性。それは佇まいというか、姿勢や表情、発する言葉にも現れると思っています。歳を重ねて、バッグはもちろん、ファッションもヘア・メークもやりすぎず、戦闘モードにならないスタイルをより心掛けるようになりました。

Profile

山城葉子さん

YOKO YAMASHIRO Designs CEO兼チーフディレクター
1978年、東京都生まれ。ウェディングプランナーを経て、2007年『THE TREAT DRESSING』を立ち上げる。2012年に独立。現在は『YOKO YAMASHIRO Designs』のCEO兼チーフディレクターを務める。13歳、11歳、1歳の3児の母。

撮影/谷口 巧<Pygmy Company> ヘア・メーク/川村友子 取材・文/坂本結香 編集/羽城麻子

Archives

別冊 VERY NAVY

VERY NAVY 10月号発売中!

そろそろ失敗しない
おしゃれの力、身に着けたい

いいものを見極めると
それが私のベーシック!

2020年9月7日発売
VERY10月号通常版別冊付録

Index

PAGE TOP