VERY NAVY

close
close

Trend

タキマキ最新トレンド

2023.12.02 UP

【タキマキ】と安西こずえさんが”私物”で振り返る『2023年のトレンド名品』

滝沢眞規子さんと人気スタイリスト・安西こずえさんが、’23AWトレンドをリアル私物で振り返り! 本格的にシーズンが切り替わり、気分もTIPSも出揃った今、お二人が指名する「トレンド名品」とは…?

私物で紐解く、
2023AWのトレンド名品は⋯?

── 今季のランウェイでアクセントカラーとして際立っていた「赤」。「ニット」もトレンドキーワードでした。

タキマキ(以下 T)今年は秋が来るまで長かったけど、最初にピピッときたのが、柄やデザインが楽しいニット。

こず(以下 C)バルマンのニットはマキコのいつものスタイルからすると新鮮。

T 心躍るようなデザインに目が留まるよね。こずのラップパンツも人とちょっと違う、というのがすごく可愛い!

C グレーのパンツは私の定番。そこに少しパンクというか、ラップの変化球が入ってることで、私も途端にスイッチが入る。

T 新しいものやトレンドももちろん気になるけど、今の自分からすごく飛躍したいわけではなくて、少しの変化球や着こなし方の工夫で、その人のパーソナリティとして楽しむスタイルが素敵だなと思う。

C そうだね、長く着られるものを探しながら、自分の中のベーシックを更新したいという気持ちは、年々強くなってる。

T 11月号には〝クワイエットラグジュアリー〟というキーワードが出てきたけど、マックスマーラのジャケットセットアップやグレーコーデはそういう気持ち。

── キレイめな足元もキーワードでしたが、2人らしい結論ですね。

T 私はロエベのトイ パンプス。つま先が幅広であまりに履きやすいので思わず2色買い。更新された足元という雰囲気も伝わりやすいし、来季の春夏コレクションでも同じものが出ているので、息が長いのでは…と予想しています。

C 私はPRADAのポインテッドに、〝ふわもこ〟、レースストッキングと、トレンドをまず足元で。先シーズンもPRADAのグレーパンプスを買っていて、私、「PRADAグレー」が大好きなんだなと(笑)。

T うん、結局好きなものってずっと一緒。デニムは今季は少しゆるいシルエットが気になりました。最近スニーカーも気分なので、冬の足首問題、コートやブーツにも合わせやすい丈感やバランスを考えたら、この3本に。

C ミニスカートとニットワンピはどちらもë BIOTOP。最近青山に路面店ができたお気に入りの日本ブランド。なんでもないようなシンプルなものや、インナーがとても上手。

T マイブーム的なことでいうと、私は最近日本のメンズのストリートブランドを取り入れることも。

C メンズブランドにはレディスの感覚にない面白さがあるよね。

T ちょっと面白いグラフィックTシャツなどで、日本のストリートブランドは世界に発信しているなと思う。この年齢ならではの楽しみにもなってきた!

── ヘイリー・ビーバーも去年からブロークコアをうたって、メンズのサッカーユニフォームを可愛く着ていましたね。

T ダボッとしたTシャツに、パンツ。メンズと垣根がないスタイルは、大人がそのまま着るのは難しいけど、ひと工夫すれば楽で可愛いスタイルになるから、これから定番化していくような気がする。

C それを大人ならではの合わせで着るという楽しみ方はあると思う。

T 頑なに一つの自分流スタイルを突き通すより、時にはハイブランド、時にはメンズファッション、それ以外でも、柔軟に着こなしてみるのが素敵かな、と今は思います!

TAKIMAKI’S ’23AW
私物で紐解く、
2023AWのトレンド名品は⋯?
「赤」

JACQUEMUS
コレクションを席巻した「赤」を、滝沢さんはオーバーサイズのニットとゆるデニム、ロエベのパンプスで、大人のカジュアルに。

TAKIMAKI’S ’23AW
存在感ニット

アイテムが定番だからこそ、普通すぎない賑やかさや、表情にピピッときたのがこの2枚のニット。

BALMAIN

CHANEL

TAKIMAKI’S ’23AW
ゆるデニム

KHAITEはブーツカット、他2枚はスニーカーにも合わせやすい、ほどよいゆるさ。足元やコートとのバランスありきのデニム更新。

KHAITE

BOTTEGA VENETA

JACQUEMUS

TAKIMAKI’S ’23AW
LOEWEのパンプス

毎年更新するヒールパンプスは、真冬でも履き続けたいと思うほど心地の良いロエベの幅広トウで。

LOEWE

LOEWE

TAKIMAKI’S ’23AW
ジャケットスタイル

滝沢さん定番のジャケットスタイルは、Max Maraのアイコン素材でもある、ピュアキャメルのマニッシュなセットアップで更新。

Max Mara

COZ’S ’23AW
私物で紐解く、
2023AWのトレンド名品は⋯?
「ラップパンツ」

FENDI
ミニスカートもグレーパンツも定番というこずさんの、好きなものが揃った一枚。

COZ’S ’23AW
レースストッキング

いつも注目が集まるこずさんの足元。マニッシュな靴にはレースストッキング×靴下というハイレベルコーデで。

COZ’S ’23AW
PRADAのグレー

今季は何度もリースしたという、折り紙のようなモチーフのパンプスを大好きなグレーでリアル買い。

PRADA

COZ’S ’23AW
ふわもこ

先月号では、ふわもこアウター企画を担当。小物もたくさん見た中から選んだ一足。

FENDI

COZ’S ’23AW
COZY CHIC

シンプルに、極上の素材や仕立てで語る、〝クワイエットラグジュアリー〟も今季のTIPS。グレートーンの重ね方も絶妙。

Max Mara

COZ’S ’23AW
ë BIOTOP

スカートは断然ミニ派のこずさんらしいニットワンピとファースカートの更新。ナチュラルなシルエットが秀逸なインナーにも注目しているブランド。

ë BIOTOP

ë BIOTOP

タキマキの私物で紐解く
TREND TIPSはまだまだ続く!
詳しくは…
VERY NaVY12月号をチェック!

VERY NaVY12月号

kokodeブックス
Amazon
セブンネットショッピング
楽天ブックス
HMV&BOOKS online
定期購読はこちら

※今回はすべて私物のご紹介です。各ブティックへのお問い合わせはご遠慮下さい。

撮影/中田陽子〈MAETTICO〉ディレクション/中馬あかね 編集/磯野文子

VERY NaVY12月号『タキマキの頭の中に、TREND TIPS Special Edition 私物で紐解く、2023AWのトレンド名品は⋯?』より。詳しくは2023年11/7発売VERY NaVY12月号に掲載しています。*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

Recommends

Brand

VERY NAVY

【VERY2024年1月号 特別付録】

家族へパートナーへ、
そして自分へ。
みんな楽しく悩んでる

GIFT上手な
あの人の
“贈り物センス”

VERY1月号別冊付録
980円(税込)

Index

PAGE TOP