VERY NAVY

close
close

Brand Focus

今月のブランド連載

2020.05.07 UP

白シャツだけの潔さ。
「VALENTINO」の真っ白な〝Le Blanc〟プロジェクト

ブランド小物は普段使いしているけれど
さすがに〝クチュール服〟を
デイウエェアにするのは現実的ではない……
という常識を覆す、新発想のプロジェクトが登場。

〝クチュール〟をサラリと着こなせる
究極のデイウェア

フランス語で「仕立て、縫製」を意味する〝クチュール〟。特別な人の特別な日のためのファッションを、デイウェアに見事進化させたのは、ヴァレンティノのクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリ。〝クチュール〟の「技」をふんだんに取り入れたこのコレクションは「白シャツ」という誰もが親しみやすい定番アイテムを基軸にしたことで、誰でも気負いなく着こなせるものに。まさに、理想のデイリーラグジュアリーがここに。

POPLIN&HEAVY LACE SHIRT

 

滝沢眞規子_ヴァレンティノ

 

ヴァレンティノが得意とする布帛の生地にレースをドッキングさせ一枚の布にする「技」を、白シャツに仕立てて。シャツ生地を軽い着心地のポプリンにしたことでラフさが生まれ、デイウェアの域に。
ポプリン&ヘビーレースのシャツ¥209,000(ヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

PLEATED TECHNICAL POPLIN DRESS

PLEATED TECHNICAL POPLIN DRESS

形状記憶でプリーツは型崩れなし。縫製から胸ポケット位置の計算など、丹精こめた仕事を体感することができる。

テクニカルポプリンプリーツドレス¥339,000〈ヴァレンティノ〉ベルト¥55,000 バッグ¥220,000 サンダル¥101,000〈すべてヴァレンティノ ガラヴァーニ〉(すべてヴァレンティノ インフォメーションデスク)サングラス¥38,400(ヴァレンティノ ガラヴァーニ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)

白シャツだから軽やかに
〝クチュール〟の壁を乗り越えられる!

ずっと大事にしていきたいけれど、守ることが難しい伝統的な技術。それを、いとも簡単にベクトルを「今」に向けたこのプロジェクト。〝クチュール〟だけど、誰もが愛用する白シャツであることの安心感と、使用する素材をラグジュアリーにしすぎないことが、成功の理由。スタイリングもオールホワイトに徹し異素材の合わせの妙で魅せるテクニックもぜひマスターしたい。

ORGANZA TOPS&HEAVY LACE JACKET

ORGANZA TOPS&HEAVY LACE JACKET

レースのノーカラージャケットに、肌がほのかに透けるオーガンジーのブラウスをレイヤード。ブラウスはリボンタイ付きのドレスシャツ風。オフショルダーのジャケットがクチュールなレースをラフな表情にシフトしデイリーでも使いやすく。

ヘビーレース ジャケット¥420,000 リボンタイ付きのオーガンザトップス¥159,000(ともにヴァレンティノ/ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

MICRO-FAILLE TOPS

 

滝沢眞規子_ヴァレンティノ

 

ボリューミーなバルーンシルエットでフェミニンさを表現した、リボンタイ付きのブラウス。ボトムスをショートパ ンツにし、一気にリアルクロ ーズ感が加速。
リボンタイ付きマイクロファイユ製のトップス¥209,000 ショートパンツ¥402,000〈ともにヴァレンティノ〉バッグ¥262,000〈ヴァレンティノ ガラヴァーニ〉(すべてヴァレンティノ インフォメーションデスク)

Photos/KAZUKI NAGAYAMA(S-14) styling/MIE SAITO hair/KOICHI NISHIMURA(angle)
make-up/AIKO ONO(angle) model/MAKIKO TAKIZAWA assistant/WAKANA KIMURA text&composition/SHOKO SHIBUSAWA special thanks/CAFE LANDTMANN

 

 

VERY NAVY6月号『BRAND NEW STYLE with TAKIMAKI Vol. 3』から
詳しくは2020年5/7発売VERY NAVY6月号に掲載しています。

Recommends

Archives

別冊 VERY NAVY

VERYNAVY12月号発売中!

パワーチャージできる最強おしゃれ

今こそジュエリーで
華やぐ!

VERY12月号別冊付録

Index

PAGE TOP