VERY March 2021

VERY

March 2021

2021年2月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

季節別オシャレな「マタニティパジャマ」の選び方!オススメも

   

 

妊婦生活を快適に過ごすため、「マタニティパジャマ」は実は早めに用意したいもののひとつ。赤ちゃんがまだ小さい妊娠初期でも、子宮自体が大きくなるにつれてお腹はふっくらしてくるため、これまでのパジャマではきつくなってしまいます。ママのことを考えて作られたパジャマは、出産のための入院中だけでなく、産後の授乳期間にも便利です。たくさん写真を撮ることを考えて、ぜひお気に入りを手に入れて!今回はそんな「マタニティパジャマ」の選び方からおすすめまでご紹介します。

 

マタニティパジャマはなんで必要?

 

・つわりで体調が悪いときでも着やすい
産後も一日中着ることを想定して作られているマタニティパジャマは、着心地がとにかくラクなものが多いです。お腹周りもゆったりしているので、気分が優れないつわり時期も活躍。授乳期に便利なように、前が開けやすく着やすい仕様になっているのも、つわりがしんどい時期に重宝するはず。

 

・妊娠中・産後にうれしい機能がたくさんついている
通常より大きいポケットやすぐにおっぱいをあげられる授乳口など、1日の長い時間着ることを考え作られたマタニティパジャマ。妊娠中だけでなく産後も長く着られるので、産後に買い足した!という人も。授乳も2〜3時間おきどころか1時間おきということも珍しくないため、すぐ授乳できる前開きや授乳口付きを選んで。

 

・大きくなってきたお腹に入るパジャマが必要
通常のパジャマのパンツは妊娠早々にきつくなってしまうはず。お腹だけでなく胸なども大きくなるので、臨月までゆったり着られるようにパジャマは専用のものを探すのがベターです。

 

・入院時に欠かせない
出産のための入院中は、頻繁に診察があったり院内を移動する機会も多いため、膝より長めの丈で前開きのパジャマが便利です。またマタニティ専用なら袖もゆったりとした太さがあり、採血や点滴をしていても邪魔になりません。

 

・洗うことも考えて2~3着あると便利
4〜6日程度の入院中、洗濯できる病院もありますが洗い替えがあったほうが安心です。慣れない授乳や悪露で汚してしまったときにも2~3セットあるとすぐ着替えられて快適に過ごせるでしょう。特に産後1カ月は家から出ず、赤ちゃんと寝て過ごします。一日中マタニティパジャマでいることも多いので、数枚は持っておきたいところです。

 

マタニティパジャマを選ぶポイント

マタニティパジャマのオススメ。

撮影/イマキイレカオリ

 

・出産や診察、産後のケアがしやすい前開き&膝下丈の長めを
マタニティパジャマのトップスやワンピースは膝丈程度の「長め」がマスト。大きなお腹でもゆったり着られるだけでなく、入院中ズボンを脱いでの診察時や、院内を歩くときにも長めの丈だと安心です。また授乳にも配慮した前開きは、診察のときなどに必要な部分だけ開けられるので便利。

 

・産後に向けて授乳しやすい(授乳口がある)
頻繁な授乳を乗り越えるためにも、授乳しやすい前開きか授乳口付きがマスト。めくりあげるタイプだとお腹が冷えたり、赤ちゃんの顔が見づらいなど邪魔になることがあります。前開きタイプも、できればボタンではなくスナップボタンなど留めやすいものを選んで。

 

・パンツのウエストはゴムなど調節が可能なものを

産前産後も活躍するアイテムだから、ウエストが調節できたり、よく伸びてフィットしてくれる柔らかいゴムのものが◎。ウエスト一面がやわらかく伸びる生地を使っているものなどもあります。

 

・点滴などするときも袖口のまくりやすいものを
産後に点滴や血圧測定などの処置が続いたりすることを考え、入院準備のためのパジャマは袖がゆったりしたマタニティパジャマが最適。袖をまくりやすいものや、点滴をしたままでも袖が下ろせるもの、夏なら半袖を選ぶと良いでしょう。

 

・写真も撮るから「映える」お気に入りを
入院中や産後自宅で過ごすときも、写真を撮ることが増えるはず。ママはパジャマでいることも多い時期なので、ヨレにくく写真映えしそうなものを選びましょう。ルームウェアのようなおしゃれなマタニティパジャマなら、お見舞いに来てくれた人にもそのまま応対できます。

 

・産前産後のデリケートな肌に天然の素材を
産前産後は肌も乾燥しがちだったり、デリケートに傾きます。また赤ちゃんを頻繁に長時間抱っこするので、赤ちゃんの顔や体にも触れることを考えて肌あたりの優しい天然素材を選んであげましょう。

 

・産後の授乳にも適したタイプだと長く使える
授乳が一日中続くといってもいいくらいの新生児期。ママもお腹を冷やさずに、すぐあげられるマタニティパジャマは母乳育児をすすめたいママの味方になってくれるはず。前開きでボタンが開けやすいものや、授乳口があるものを選びましょう。

 

春夏のマタニティパジャマの選び方とおすすめ4選

 

通気性のいいガーゼやコットン100%で、ママにも赤ちゃんにも優しい肌触りのものを選んで。一枚で着ることも考え、縫い目が気にならないものだと敏感肌に傾きやすい妊娠期間中も快適に過ごせるはず。パンツなしのロングワンピースは夏に特に便利。胸ポケットがついたタイプならノーブラでも響きにくく便利です。

 

1| 無印良品

無印良品 マタニティ

オーガニックコットンを使った、涼やかなサッカー素材のパジャマ。授乳口付きなのでボタンを外さなくてもさっと授乳できます。脇に縫い目のないサッカー半袖パジャマ・八分丈(授乳仕様) マタニティM~L・ブルー×ストライプ¥4,990※税込(無印良品)

 

2 | エンジェリーベエンジェリーベ マタニティ

着心地よいサラっとした素材のネグリジェと白いキャミソールワンピのセット。長袖で、夏の冷房避けとして重宝します。前を閉じて、ガウンとして2wayで使えるのも便利。パジャマ¥6,286(エンジェリーベ)

 

3 | ワコール

ワコールマタニティ

綿100%の春夏用パジャマ。授乳開き付きの前開きタイプで授乳も簡単。マタニティの体形変化を考慮したリラックスできるパターンで産前、産後も快適に着用できます。パジャマ¥12,100※税込(ワコール)

 

4 | SWEET MOMMY(スウィートマミー)

SWEET MOMMY

片手でさっとずらすだけで授乳ができるカシュクールワンピースは、産前産後も長く着られてコスパ良し。普段着見えするナイティで、宅急便などへの対応もできちゃいます。パジャマ¥7,110(SWEET MOMMY)

 

秋冬のマタニティパジャマの選び方とおすすめ4選

 

秋冬もできればコットン素材を選んで、敏感なママと赤ちゃんの肌を守りましょう。産後授乳などで頻繁に起きるため、裏起毛など厚手のものを選んで防寒対策を。パンツがセットになったものが暖かくマストですが、裾がリブになっていたり、あまり太くないものを選んで。お腹が大きくなり足元が見えづらいとき、階段などでパンツを踏んだり引っ掛けて転倒するのを防ぎます。

 

1 | ワコール

ワコールマタニティ

ボアフリースとのセットパジャマ。ズボン・羽織りにポケットがあり、院内の移動にも便利です。トップスとズボンは綿100%のスムース素材で着心地もやわらか。¥21,450※税込(ワコール)

 

2 | greenome(グリー ノーム)

Greenome マタニティ

柔らかな3重ガーゼ素材はとても軽いのに保温性に優れ、寒い季節も快適。サスティナブルコットンを使用し環境にも配慮しています。お揃いの別売りパンツも。パジャマ¥23,200(greenome)

 

3 | 無印良品

無印 マタニティ

着心地を考え脇の縫い目をなくしたパジャマ。授乳のしやすい前開き仕様で、オーガニックコットンを使用。脇に縫い目のないフランネル長袖パジャマ マタニティM~L・ダークグリーン×柄¥5,990※税込(無印良品)

 

4 | CHOCOA(チョコア)

CHOCOA マタニティ

体感+3℃のヒート素材を使用したルームウェア。とても薄くて軽いのに暖かく、寒い時期の授乳にも頼もしい一枚。ニットワンピを羽織ればちょっとそこまでの外出にも対応できるシンプルなルックスで、おうちウェア&パジャマとして活躍します。パジャマ¥5,546(CHOCOA)

 

マタニティパジャマを代用するなら?

 

・メンズを選ぶ
マタニティレギンスと合わせてワンピースのように使えます。マタニティブラやキャミの上にオーバーサイズのメンズのTシャツなどを着れば、裾をまくって授乳もできます。洗い替えの欲しい夏には便利!

 

・シャツワンピを使う

マタニティパジャマオススメコーデ。モデル辻元舞。

撮影/イマキイレカオリ  コーデの詳細はコチラ

ゆったりしたシャツワンピならマタニティパジャマとしても代用可能。お見舞いがある日やちょっと外出したい時などもそのまま対応できるのが便利。前開きで授乳もしやすく、羽織りとしても使えます。レギンスやブラトップと合わせて通年着用OK。

 

マタニティパジャマの人気ブランド

 

ANGELIEBE(エンジェリーベ)

おしゃれなマタニティ・授乳服の専門通販ブランド。着心地のよさだけでなく、授乳のしやすさにもしっかりこだわったマタニティパジャマが種類豊富に揃います。フェミニンで上品な甘さのあるこちらのパジャマは程よい厚みのスムース素材で、ロングシーズン使えます。パジャマ¥4,122(エンジェリーベ)

 

greenome(グリーノーム)

グリーノーム マタニティ 古田千晶

ファッションスタイリストの古田千晶さんがディレクションを務める、2020年10月に誕生したライフスタイルブランド。2児のママでもある古田さんがファーストシーズンとして提案したのが「マタニティパジャマ」。肌に優しいサスティナブルコットンのマシュマロガーゼを使用しています。ロングパジャマ¥23,200腹巻付きパンツ¥13,200(ともにgreenome)

 

WACOAL(ワコール)

WACOAL マタニティ

マタニティブラやウェアも質の高いものが探せる大定番のワコール。レーヨンベア天竺素材のパジャマは伸びもよく、臨月まで快適。授乳時に胸元が見えない仕様もうれしい! ¥15,400※税込(ワコール)

 

SWEET MOMMY(スウィートマミー)

スウィートマミー マタニティパジャマ

リーズナブルなおしゃれマタニティ服がたくさん見つかるスウィートマミーにも、マタニティパジャマが豊富に揃います。しっとり滑らかなコットンフライス素材で着心地良い一枚は、入院着からおうちウェアとしても活躍。ホルマリンフリー。パジャマ各¥5,400(ともにSWEET MOMMY)

 

gelato pique(ジェラート ピケ)

ジェラート ピケ マタニティ

大好きなもこもこルームウェアだけでなく、着心地よいマタニティ用ウェアも展開しているジェラート ピケ。ONLINE限定のマタニティドレスは、ボタンを片手で外して授乳しやすいデザイン。お揃いのマタニティキャミやロングパンツもあります。パジャマ¥7,000(ジェラート ピケ)

 

まとめ

 

「マタニティパジャマ」は、妊娠がわかった時から産後まで長く愛用できるアイテム。ママ・赤ちゃんのために肌触りの良いものを選ぶことはもちろん、入院中も気分良く快適に過ごせるか、授乳はラクかもチェックして。一日中パジャマで過ごす産褥期は、夜・昼と着分けても。昼はパジャマっぽくないカラーの一着を選べば、お見舞いへの応対などもできます。写真に残すことも多いから、ベビー服だけでなく、ママのパジャマにもこだわってみて。

 

 

 

取材・文/有馬美穂
※掲載の金額は、一部を除いて税抜価格で表記しています。

よくある質問

Q. マタニティパジャマって必要?
A. 出産のための入院時に膝より長めの丈で前開きのパジャマが便利です。

Q. マタニティパジャマは、入院用に買えばいい?
A. お腹まわりがゆったり作られていたり、授乳口があるなどつわりの時期から産後の授乳期まで使えるので、早めに買うのもいいでしょう。

Q. マタニティパジャマは何枚必要?
A. 出産のための入院期間に洗濯ができる病院もありますが、2~3着洗い替えがあったほうが便利です。

Q. マタニティパジャマはどんなものを選べばいい?
A. 前開き&ひざ下丈のトップスが長めのものが便利です。また、産後に向けて授乳口があるといいでしょう。産前産後も着るには、ウエストが調節できるものがおすすめです。

この記事もおすすめ

FEATURE