VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

産院パジャマコーデ7選 ビッグシャツ×レギンスが新定番!

産後5日間の入院中に何を着るか。お腹はまだまだ出ているし、授乳や内診に支障がないデザインが大前提でも、よくあるフリフリ系に甘んじたくない。オシャレ産婦たちが実際に着用した、ハンサムな産院パジャマコーデを紹介します!

スキッパーが鎖骨をスッキリ見せてくれる

2019/09/5ba897d6d697425ab4b38f14e988b4823.jpg

白、アイスグレーの淡色、ガーゼとワッフル地のナチュラル素材でサラッと大人な院内着。スキッパーシャツで鎖骨を出し、まだまだ丸い体のスッキリ見せ効果を狙います。V開き部分をぐっと前に持ってきたら授乳もOK。シャツ¥16,800(プライベート・スプーンズ・クラブ 代官山本店) ワッフルパンツ¥3,990(税込)(Love by Gap/Gap新宿フラッグス店) サンダル¥1,990 [一部店舗のみ販売](GU)

ドットシャツは水色~グレーの淡トーンで大人っぽく

胸下までしっかり覆ってくれる

ドットがプリントではなく刺繍されていることで雰囲気アップ。チュニック丈のシャツにはレッグウォーマーを合わせるとバランスが良くなります。パジャマシャツ¥4,990(税込)(Love by Gap/Gap新宿フラッグス店) マタニティレギンス¥5,800(ワコール マタニティ/ワコール) レッグウォーマー[9月上旬展開予定]¥2,000(gelato pique) スリッパ¥3,200(テネリータ)

ブラウスならほぼ私服感覚

大きめサイズなら首元から授乳OK

ナチュラル素材&大きめサイズを選んで、ブラウスを院内着にするという方法も! 黒リブパンツを合わせて私服感覚で着られます。リブパンは内側が防水のサニタリー仕様なので、産後も安心。ブラウス[※売り切れ次第終了]¥3,999(税込)(H& M /H&M カスタマーサービス) 黒サニタリーリブパンツ¥3,980(ピーチ・ジョン) ソックス¥1,590(税込)(Love by Gap/Gap新宿フラッグス店)

とろみ素材やフラップ付きポケットで院内着感ゼロ

ゴムウエストで出産後も楽に履けそう

とろみ素材のシャツでストンとした細見えシルエットに。サファリシャツ風の胸ポケットやボタン、今年っぽいコーラルカラーが院内着をハンサムに仕上げてくれます。シャツ[10月展開予定]¥7,400(gelato pique)マタニティパンツ¥4,620(CHOCOA)眼鏡¥54,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)バッグ¥16,000(ラドロー/阪急うめだ本店 ラドロー)サンダル¥9,000(アグ®/デッカーズジャパン)

パジャマとしても使えるシャツワンピなら退院後も使える

2019/09/asdf1.jpg

オーガニックコットン製のシャツワンピはパジャマとしても活用OK。全身をブラウン系でまとめることで、今年っぽさが増します。パリッとシャツに見えて、なめらかな着心地なのも嬉しい。シャツワンピース[8月下旬展開予定]¥12,000〈ORGANICS SNIDEL〉 レギンス¥7,000〈SNIDEL〉(ともにSNIDEL)サンダル¥12,000(アグ®/デッカーズジャパン)

上品ネイビーのパジャマなら突然のお見舞いも安心

マタニティ用なら臨月も余裕ではける

オーガニックコットン100%のパジャマはとにかく肌触りが最高! ネイビーにストライプのパイピングでキリッとクールな印象に。濃い色のパジャマは出血の心配がある産後にも安心です。ネイビーの面積が大きいから、レギンスはグレーで明るく調整します。パジャマワンピース¥19,000(テネリータ)マタニティパンツ¥2,900(レプシィム/アダストリア)サンダル¥12,000(アグ®/デッカーズジャパン)

九分丈ワンピはベージュレギンスに合わせて柔らかく

珍しいニュアンスカラーのマタニティレギンス
お腹まで空けられるから授乳もラクラク

二重ガーゼの肌触りにチームVERYにもファン多数。九分丈でバランスが取りやすく、裏地は無地なので、袖を折り返した時に変化が出るのもさりげなくオシャレ。スタンドカラーデザインもレアです。ビビッドカラーのスリッパでチェックのほっこり見えを防止します。ワンピースパジャマ¥3,695(無印良品 池袋西武)マタニティスリットレギンス¥2,213(CHOCOA)サンダル¥12,000(アグ®/デッカーズジャパン)

撮影/イマキイレカオリ スタイリング/出口奈津子 ヘア&メーク/TOMIE〈nude.〉
モデル/辻元 舞 取材・原文/井上さや 編集/翁長瑠璃子

*VERY2019年9月号「フリフリよりも“いつもっぽい”選びにアガります 今どき産院パジャマはゆるシャツで!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE