VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

新生児肌着、どれを何枚買う?赤ちゃんにおすすめ厳選5ブランド

初めての赤ちゃんを妊娠中のプレママのみなさん、育児グッズの準備は進んでいますか?数多あるベビーグッズの中で最も悩ましいものと言えば、新生児肌着。何cmサイズを買えばいいの? 生まれ月に着せたらいい素材は?そもそも短肌着、コンビ肌着、ロンパースetcと種類がたくさんあって、どれが何かもイマイチわからないという人も多いはず。この記事では、肌着の選び方からオススメアイテムまでをまるっと紹介。初めての赤ちゃん肌着選びの参考にしてみてください。

新生児肌着、押さえるべき6つのポイント

初めてのベビーだと、どんな肌着を着せたらいいのかわからない。そんなプレママに向け、基本中の基本をおさらい。

●新生児の基本のサイズは50〜60㎝
妊娠37〜41週の生産期に生まれた新生児の身長は、47〜50cmほど。赤ちゃんの発育速度は人それぞれのため一概には言えませんが、新生児用には50cmや成長を見越して60cmサイズの肌着を揃えるのが一般的。40cmや45cmサイズを用意しているブランドもあります。

●新生児期は前あきタイプが便利

プリント半袖ロンパース(60cm〜)¥4,400(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)

短肌着 オーガニック プリミー(45cm)¥2,400(ディモワ)

横になっている時間が長い新生児期。首がすわっていないため、着替えも寝かせた状態で行います。体が安定していないので、プルオーバータイプは着替えが大変! 首元から股まで一気に開くスナップボタンタイプや、着物のような打ち合わせタイプなど、フロントがフルオープンになるタイプがおすすめです。

●赤ちゃんの肌は繊細! タグは外側に、縫製が丁寧なものを

画像提供/ファミリア

赤ちゃんの肌はデリケート。少しの刺激でむずがることも。そういったトラブルを減らすため、ブランドロゴや製品表示のタグが外側につき、縫製の仕上げが丁寧なものを選びましょう。

●赤ちゃんの月齢に合わせたサイズ選びを

画像提供/ボンポワン

ベビー・キッズ服に対してよく使われる「サイズアウト」という言葉。これは赤ちゃんの成長に伴い、服が小さくなることを指します。一般的に生後2カ月くらいまでは50cmサイズで間に合うことが多いですが、首がすわり始める生後3カ月あたりは60cm、生後半年ほどで70cmに、とあっという間に新生児時代の肌着が合わなくなることも。産後は赤ちゃんから目が離せず、慌ただしいため、妊娠中に少し大きめサイズの肌着を用意するママもいます。

●ベビー肌着は基本シンプルに!細部でおしゃれ心を満たす

新生児肌着 襟 花柄

画像提供/ボンポワン

赤ちゃんの着心地のよさを追求するなら、過度な装飾のないシンプルなデザインがベター。でもママの「可愛い格好をさせたい」という気持ちも理解できます。襟など、赤ちゃんの可動域をじゃましない程度の装飾なら問題ありません。

●プレゼント用ならブランドにもこだわりたい

新生児肌着 プレゼント ファミリア

打合せ半袖肌着(ピュアベビーコットン)(50cm)¥3,300(ファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

感度が高いママ友に出産祝いでベビーの肌着を贈るなら、ベビー服の名品に注目を。有名ブランドなら品質やデザインはもちろん、包装までこだわっているので、きっと喜んでもらえるはず。記事後半ではおすすめブランドをご紹介するので、そちらも参考に。

こんなに種類がある!肌着は目的に合わせて使い分けを

様々な種類があり、ブランドによっては同じアイテムでも名称が違ってわかりづらいベビー肌着の世界。出番の多いものを中心に解説します。

 

【短肌着/生後0カ月〜】おむつ替えが頻回な新生児期に大活躍!

「22世紀ベビー短肌着 / オーガニックコットン」プリスティン)

22世紀ベビー短肌着 / オーガニックコットン(50~60cm)¥2,090(プリスティン)

上半身を覆う丈感で、前開きのため首のすわっていない赤ちゃんを寝かせたまま着せ替えやすいのが特徴です。シーズンレスに使え、おむつ替えのたびに脱ぎ着させる手間がからないので、おむつ替えが頻回な生後2カ月くらいまで活躍。成長とともに動きが活発になると前がはだけやすくなるので、生後半年くらいまでに卒業する人も多いのだとか。

 

【長肌着/生後0カ月〜】冬生まれの赤ちゃんに、脚まで覆うロング丈

新生児肌着 長肌着 ファミリア

長肌着(50cm)¥3,300(ファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

短肌着よりも丈が長く、足先まで隠せるのが長肌着。脚を覆えるので冬生まれの赤ちゃんに着せることが多め。動きが活発ではない低月齢時の着替えや、おむつ替えのしやすさは短肌着と同様。

 

【コンビ肌着/生後2カ月頃〜】活発に動き出した赤ちゃんに最適

新生児肌着 コンビ肌着

3重ガーゼコンビ肌着(50cm〜)¥3,000(ボボ)

短肌着に重ねて保温性を高めるのがコンビ肌着の目的。裾は二股に分かれ、股下でスナップをとめて使用します。脚が動かしやすいので活発になってきた生後2カ月頃から着せるのがおすすめ。

 

【ボディスーツ/生後1カ月頃〜】おむつ替えしやすく、部屋着にもなって長く着られる

新生児肌着 ボワンポワン ボディスーツ

ボディ(70cm〜)¥12,650(ボンポワン/ボンポワン オンラインストア カスタマーサービス)

女の子のワンピース型水着のように、脚の部分がない肌着。股にスナップボタンが付き、おむつ替えしやすいのが魅力です。長袖、半袖、ノースリーブと季節に合わせたデザインが揃い、また夏場などの暑い時はこれ1枚を部屋着にしているママも。お腹がしっかりカバーできるので、1歳をすぎても活躍します。

 

【ロンパース/生後3カ月頃〜】脚をたくさん動かすようになってもはだけない

新生児肌着 プチバトー ロンパース

足なしロンパース ミラレ柄(60cm〜)¥4,400(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)

上下がつながった、カバーオールに似た肌着。内股はスナップボタン開閉になり、おむつ替えがしやすくなっています。成長とともに赤ちゃんはバタバタと手足を動かすようになるため、はだけにくいのがポイントですが、一方でスナップボタンをとめるのが大変という点も。

 

【2WAYオール/生後0カ月〜】成長に合わせてボトムスの形が変えられる

新生児肌着 ボボ 2wayオール

オーガニック Wガーゼ 2wayドレス(50〜70cm)¥6,050(ボボ)

肌着ではありませんが、よく名前を聞くアイテムなので合わせてご紹介します。脚までしっかりカバーする前開きの洋服で、スナップボタンの調整でワンピースとカバーオールの2つの着せ方ができます。ワンピース時にはドレスオールと呼ばれます。

生まれ月に合わせて、最適な素材・生地をチョイス

ベビーに初めて着せるものだから、素材や生地を吟味したいプレママは多いはず。新生児肌着によく用いられる素材・生地をご紹介します。

 

【オーガニックコットン/通年向き】安全性を求めるママに人気

新生児肌着 素材 オーガニックコットン

画像提供/プリスティン

農薬に頼らずに生産され、定められた基準をクリアしないと認証されないオーガニックコットン。肌に優しいイメージがありますが、その点は一般的なコットンと変わりません。ただし地球環境負荷が低い、安全性を求めるママの間で人気の高い素材です。

 

【シルク/通年向き】機能面も優秀な人肌に最も近い天然繊維

新生児肌着 素材 シルク

画像提供/ファミリア

人間の肌組織に最も近い天然繊維と言われるシルク。保温性が高いうえ、通気性と吸湿性にも優れています。

 

【フライス/通年向き】Tシャツにも使われるおなじみの生地

新生児肌着 素材 フライス

画像提供/ファミリア

カットソーやTシャツによく使われるフライスは、通気性と伸縮性に優れた生地。柔らかく、やや厚みがあるため通年活躍します。フライスに似た天竺という生地は、伸縮性は少ないですが、さらっとした肌触りで通気性がいいのが特徴です。

 

【ガーゼ/夏生まれ向き】吸汗・速乾性があり、肌当たりのよさも抜群!

新生児肌着 素材 ガーゼ

画像提供/ファミリア

肌当たりが優しいだけでなく、吸汗・速乾性があるのがガーゼの魅力。汗っかきの赤ちゃんのあせも対策にも。

 

【パイル/夏生まれ向き】汗をしっかり吸い取るタオルにも使われる生地

新生児肌着 素材 パイル

画像提供/ファミリア

タオルにもよく使用されていることからわかるとおり、吸水性抜群のパイル地。弾力のある感触で、ベビーを快適に包みます。

 

結局、新生児の肌着って何枚必要なの?

大人に比べて汗をかきやすいうえ、消化器官が未発達でミルクの吐き戻しや排泄のタイミングが読めず、着替えの多い新生児期。先輩ママの声から必要枚数を導き出しました。

 

\最低限揃えておきたいのは、短肌着とコンビ肌着/

【短肌着は5枚】オールシーズン使えるから持っておいて損なし!

新生児肌着最低何枚必要?

①ベビークレープ短肌着(50〜60cm)¥2,420②ノースリーブ短肌着 オーガニック キナリ(50〜60cm)¥2,420、③〜⑤星プリント短肌着(50〜60cm)各¥2,640(すべてディモワ)

新生児肌着の基本、短肌着。毎日着せるものだから複数枚必要です。ミルクの吐き戻しやおむつ替えの失敗など、1日3〜4回着替えさせることもざら。最低5枚、洗濯物が乾きにくい冬場や梅雨なら7〜8枚あっても困りません。

 

【コンビ肌着は6枚】秋冬生まれなら揃えておきたい

新生児肌着コンビ肌着最低何枚?

上段/わたガーゼ コンビ肌着(50〜60cm)各¥3,080(すべてナオミイトウ)、下段/星プリントコンビ肌着(45cm)各¥2,920(すべてディモワ)

夏以外の3シーズン活躍するため、枚数を持っていた方が無難。本来は保温性を高める目的のアイテムですが、デザインが可愛いものが多いのだとか。

 

\こちらも持っていると便利/

【ボディスーツ】夏ならこれ1枚ですごせる!短肌着の代わりにも

プチバトーコンビ肌着

長袖あわせボディ 2枚組 ホワイト(54cm〜)¥3,850(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)

夏なら、これ1枚を部屋着にしてすごせるため、夏生まれの赤ちゃんのいるママはたくさん持っている人も多いのだとか。夏以外は肌着として活用でき、着替えもしやすいのがポイント。柄のバリエーションも豊富で、おしゃれなデザインも増えているのだとか。

 

【長肌着】脚までカバーできて、おむつ替えもしやすい。秋冬生まれに便利!

ファミリア長肌着

長肌着(50cm)¥3,300(ファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

ズボンをはかせるには早く、でも脚までしっかりカバーしたい冬生まれベビーの必需品。12月生まれの赤ちゃんがいるママは、ボディスーツ移行期が春だったので、低月齢期の肌着はこれ一択、ということも。

 

基本は薄着!季節によってこう変える新生児のコーディネート

【夏/短肌着orコンビ肌着】真夏の部屋着なら肌着1枚でもOK!

新生児肌着 ファミリア 夏

【左】カバーオール型肌着(50〜60cm)¥4,180【右】打合せ半袖肌着(50cm)¥3,850(ともにファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

新陳代謝の激しい赤ちゃんに着せすぎは禁物。新生児期はおうちですごすのが基本ですが、夏場は室内をクーラーで冷やしすぎないよう、温度を高めに設定して肌着1枚でいることが多い、なんて声も。外出時など、これらの肌着の上に夏用のウェアを重ねてももちろんOK。

 

【春・秋/短肌着orコンビ肌着+2WAYオール】重ねるウェアは薄手のもので

新生児肌着 ファミリア 春秋

【左】打合せ半袖肌着(ピュアベビーウール)(50cm)¥3,168【右】ツーウェイオール(60cm)¥10,000(ともにファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

春・秋生まれのベビーには、短肌着かコンビ肌着の上に、薄手の2WAYオールを重ねるのがおすすめ。2WAYオールは少し大きめサイズを購入するのがポイント。新生児期〜生後半年くらいまで長く活躍するのだとか。

 

【冬/短肌着+コンビ肌着+長袖ウェア】真冬でも重ねすぎは厳禁

新生児肌着 プチバトー 冬

【左】短肌着&コンビ肌着セット(ボーダー)(54cm〜)¥6,050【右】ガーター編みニットカーディガン(60cm〜)¥8,250(ともにプチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)

赤ちゃんは体温が高く、冬でも着せこみすぎず肌着+冬用の長袖ウェアが基本。ズボンをはかせるのが難しいので、長肌着の上に冬用ウェアを着せるのもアリ。冬場でも、着こみすぎると赤ちゃんが暑がることもあるので、室内では着せすぎに注意です。

新生児用肌着をチェックするならここ! おすすめ5ブランド

たくさんのブランドから新生児肌着は発売されていますが、品質・デザインともに優秀なブランドを厳選! ぜひお気に入りのブランドを見つけてください。

 

【ファミリア】神戸発・日本が誇るママ&キッズ・ベビーブランド

1950年、4人の女性によって神戸で誕生した「ファミリア」。「お母さんの気持ちになった、ものづくり」を行い、日本を代表するママ&キッズ・ベビーのためのブランドとしてママたちに根強く愛され続けています。

 

70年愛される、ブランドを代表するロングセラー

ファミリア 新生児肌着 打合せ半袖肌着

打合せ半袖肌着(50cm)¥1,980(ファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

「ファミリア」創業当初からのロングセラーアイテムで、2019年度グッドデザイン賞を受賞。伸縮性と保湿性、通気性に優れた綿のフライス生地を使用し、フィットして汗をしっかりと吸収。繰り返し洗濯をしても型崩れせず、風合いやデザインをキープします。

 

「ファミリア」らしい品を凝縮した2WAYオール

新生児肌着 ファミリア ツーウェイオール【秋冬向け】

ツーウェイオール【秋冬向け】(60cm)¥11,000(ファミリア/ファミリアカスタマーサービスセンター)

柔らかな肌触りのスムース素材は秋から冬にぴったりの2WAYオール。上品なパステルカラーと白い襟でお出かけにも。

 

【ボンポワン】パリのエスプリが効いたデザインで、おしゃれママの支持集中!

1975年にデビューしたパリ発のラグジュアリーベビー&キッズウェアブランド。フレンチシックなデザインにファンが多く、世界で110店舗以上を展開。アン・ヴァレリー・アッシュがクリエイティブ・ディレクターに就任したことも話題に。

 

リバティプリントの襟が愛らしいポイント

ボンポワン 新生児肌着 ボディスーツ

ボディ(70cm〜)¥13,200(ボンポワン/ボンポワン オンラインストア カスタマーサービス)

赤ちゃんの頃からよいものに触れてほしいと、品質と素材にこだわった「チェリッシュ」シリーズのボディスーツ。刺しゅう入りのピーターパンカラーは、手刺しゅうで縁をかがったリバティ生地。リブのボディはオーガニックコットン。

 

パジャマにはもったいない! クリーンな白いロンパース

新生児肌着 ボンポワン パジャマ

パジャマ(55cm〜)¥16,500(ボンポワン/ボンポワン オンラインストア カスタマーサービス)

つま先まで覆うロンパース型のパジャマ。フロントも内股もスナップボタンで開閉しやすい。襟に入った刺繍がさりげないポイントに。

 

【プチバトー】根強い人気のベビー肌着のパイオニア的存在

1893年にフランスで誕生したファッションブランドで、インナーウェアに定評があります。現在も愛される肩の部分が二重で着脱させやすいUSスリーブやボディスーツ型肌着を発明し、ベビー肌着をリードするブランド。

 

うさぎの耳付きフードがキュートなおむつ替えしやすいロンパース 

新生児肌着 マリニエールフード付き 前開きロンパース プチバトー

マリニエールフード付き 前開きロンパース(54cm〜)¥9,900(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)

「プチバトー」のアイコニックなマリニエールボーダーに、耳付きうさぎのフードがかわいい!スナップボタン開閉で大きく開き、着替えやおむつ替えも簡単。

 

裾の折り返しで脚のつま先までカバーできる!

新生児肌着 プチバトー プリント足なしロンパース

プリント足なしロンパース¥5,500(60cm〜)(プチバトー/プチバトー・カスタマーセンター)

全面にポップなフルーツ柄をプリント。裾を折り返すと足を覆うことができ、真冬にも活躍する2WAY仕様。

 

【プリスティン】シンプルなデザインも魅力。日本生まれのオーガニックコットンブランド

Made in Japanにこだわるオーガニックコットンブランド。ものづくりをするすべての工程で地球・環境・人にやさしい方法を選び、原料から最終製品になるまでをすべて自社で管理。ママもベビーも安心できるアイテムを届けています。

 

コーディネートのしやすさがポイント!

新生児肌着 プリスティン 22世紀ベビーグレコ肌着 / オーガニックコットン

22世紀ベビーグレコ肌着 / オーガニックコットン(55cm)¥2,420(プリスティン)

新生児肌着 プリスティン 22世紀ベビーコンビ肌着 / オーガニックコットン

22世紀ベビーコンビ肌着 / オーガニックコットン¥2,860(50〜60cm)(プリスティン)

汗を取るための夏の肌着であるグレコ肌着、コンビ肌着はデザインが統一されているので、コーディネートしやすい!アイテム名は、よりよい未来が残せるようにと願いをこめて「22世紀ベビー肌着」とつけられているのだとか。

 

【フィセル】旬なデザイン感度の高さはピカイチ! ベビーウェアブランドの注目株

「ディモア」「ホッペッタ」「ボボ」「ナオミイトウ」など、素材はもとより、他にはないデザイン性に富んだベビーアイテムを提案。東京・南青山や阪急うめだ本店などにある直営店では、様々なブランドのアイテムが一度にチェックできると人気です。

 

頻回な洗濯にもOK! 汚れが落ちやすく型くずれしにくい短肌着

新生児肌着 ノースリーブ短肌着 オーガニック ホワイト ディモア

ノースリーブ短肌着  リコットン(50〜60cm)¥2,500(ディモワ)

シルバーの星柄のプリントを散りばめた、ノースリーブの短肌着は、機能面が充実。吸水性抜群でありながら必要以上に吸い込まない加工で乾きやすく、洗濯で汚れが洗濯で落ちやすいのが◎。伸びたり、へたりしにくいのもポイント。

 

新生児期でもおしゃれを楽しめるレイヤード風2WAYオール

新生児肌着 オーガニックコットン ベスト着てる風 2wayドレス フィセル

オーガニックコットン ベスト着てる風 2wayドレス(50cm〜)¥8,580(ホッペタ プラス)

ベストをレイヤードしているようなデザインが、おしゃれの幅が狭い新生児期にうれしい。前開きで寝かせたまま着替えやすく、ドレスにもカバーオールにもなる2WAYタイプ。

 

ベビー肌着は早めの準備を!

生まれ月などによっても選び方が違い、少しわかりづらい新生児肌着。でもこれから生まれてくる赤ちゃんはママが頼り。我が子にベストなアイテムを見つけたいですよね。産後は赤ちゃんのお世話で、買い物に出かける時間を作るのも難しい時期が続きます。この記事を参考に、妊娠中から買い揃えてみませんか?

取材・文/津島千佳

よくある質問

  • 新生児の肌着の基本サイズは?

    赤ちゃんの発育速度は人それぞれのため一概には言えませんが、新生児用には50cmや成長を見越して60cmサイズの肌着を揃えるのが一般的です。

  • 新生児の肌着にはどんなタイプがある?

    短肌着、長肌着、コンビ肌着、ボディスーツ、ロンパース、2WAYオールが一般的です。

  • 最低限そろえておいた方が良いものは?

    短肌着とコンビ肌着をそれぞれ5~6枚用意しておくと便利なのだとか。

  • 新生児の肌着のコーディネート、気を付けることは?

    新陳代謝の激しい赤ちゃんに着せすぎは禁物。基本は薄着で、季節ごとに羽織りものを足すとよいかも。

この記事もおすすめ

FEATURE