VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

「パーカー」だけど大人に着たい! おすすめコーデと最旬アイテム

   

ビッグシルエット白パーカー

撮影/須藤敬一

オシャレなママたちが今季こぞって新調しているパーカー!今までもクローゼットに1つあると便利だったけど、withコロナでカジュアルシーンも増えたこの秋冬、今どきパーカーはいつも以上に心強いアイテム。とはいえ、「カジュアルすぎる着こなしはあんまり好きじゃない…」という方も多いのでは?そこで、VERY的なパーカーの着こなしと、オススメアイテムを厳選ピックアップしました!

今季のパーカーは“ゆったり”と“肉厚”がねらい目!

パーカーといえば、カジュアルアイテムの代表格。子供っぽくなってしまったり、休日感が漂ってしまいがちなアイテムですが、今どきパーカーは格段に進化しています。身体が程よく泳ぐシルエットが見せる「ゆとり」と、地厚でリッチな素材が今期のトレンド。そんな旬顔パーカー選びのポイントをまとめてみました!

 

⑴程よく体が泳ぐゆるさがちょうど良い

 

ただ単に大きいサイズのものだと、子どもっぽく見えてしまうので、大きすぎもN G。身体がゆったり収まるくらいの、程よいゆとりがちょうどいいです。

丸みのあるコクーンシルエットや、胸から裾に向かってストンと落ちるボックスシルエットであれば、ボトムスとも合わせやすく、今年らしい着こなしが楽しめます。

 

⑵地厚でリッチな素材感

 

肉厚で高見えする素材のものなら、カジュアル度が軽くなり、リラクシーな雰囲気を出せます。リッチ見えするパーカーなら、キレイめスタイルのハズシ役にも!

 

カジュアルにもきれいめにも着こなせるパーカーコーデ

 

メンズ風カーデとも高相性!

パーカーカーディガンコーデ

撮影/須藤敬一

子供と過ごす公園コーデにも欠かせないパーカー。大きめカーディガンやデニムなどのメンズっぽいアイテムとの相性もバッチリです。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

パーカ×パンツのカジュアルコーデに
ゆったりめロングカーデで女っぽさをプラス

パーカーコートコーデ

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉

ロングコートの中に着れば、リラクシーな雰囲気をプラスできます。明るい色のパーカーで、暗くなりがちな秋冬コーデの差し色にするのも良いですね。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

サテンスカートとなら
女らしいカジュアルに格上げ!

パーカースカートコーデ

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉

甘派ママにオススメのショート丈は、フレアスカートと好相性。いつもの黒ニットを黒パーカーに変えるだけで、最旬スタイルも叶います!

▶コーディネート詳細はコチラ

 

スカート+ローファー合わせで
上品なカジュアルスタイル

パーカータイトスカートコーデ

撮影/遠藤優貴〈MOUSTACHE〉

タートルニットの上にパーカーの着こなしはトレンド感あり。ニットの袖を見せて重ね着を主張する着方がポイント。レイヤードコーデならではの、カラーミックスで配色遊びができるのも◎。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

色パーカー×アウターで
普段着スポーティがドラマチックに

パーカージャケットコーデ

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

パーカーにジャケットを羽織れば、堅さを緩めてくれてラフな着こなしに。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

ニュアンスカラーとハリ感で
デニムコーデでも洗練見え

パーカーデニムコーデ

撮影/谷田政史〈CaNN〉

フーディとデニムを合わせた王道のカジュアルコーデも、リジッドのセンタープレスデニムなら、それだけでぐっときれいめ方向にシフト。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

カラーパーカーでキレ味よく!可愛げボアコーデが垢抜ける

カラーパーカーコーデ

撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉

ビビットカラーのパーカーを合わせて、ボア×スカートの可愛げカジュアルも一気に洒落見え。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

パーカー×ボーダーも新鮮に!定番コーデはボトムスで更新

パーカーストライプレイヤードコーデ

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

パーカーの裾からのぞくボーダーがアクセントに、ニットパンツを合わせれば今っぽく仕上がります。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

色をチラ見せで家着っぽさから外すのがポイント!

パーカーレイヤードコーデ

撮影/金谷章平

パーカーにレイヤードするカットソーは裾から色をのぞかせて、カジュアルすぎないポイントに!

▶コーディネート詳細はコチラ

 

BIGサイズパーカーも、モノトーンで大人カジュアルコーデ

パーカーモノトーンコーデ

撮影/佐藤 彩

ストレスフリーなパーカーコーデも、オーバーサイズ&モノトーンならモードな印象に。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

上質ケープ合わせで、スポーティスタイルも一気にシティ派に

パーカーケープコーデ

撮影/魚地武大〈TENT〉

ハリ感のあるキレイ目スウェットのセットアップにリラックス感のあるジレをプラスして、都会派アスレジャーコーデが完成。スポーティなボンディング素材バッグやハイテクスニーカーともよくなじむ。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

きれい色パーカーで女っぽく!スニーカー合わせで都会的に

パーカースニーカーコーデ

撮影/三瓶康友(人物)

パーカー×スカートのほの甘カジュアルには、足元ハイテクスニーカーで抜け感をプラス。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

トレンドのニットフーディは、ゆるく着るのが大人っぽい

ニットパーカーコーデ

撮影/西崎博哉〈MOUSTASHE〉

ニットパーカーなら、ゆるっと着てもだらしなく見えない。スウェットよりもカジュアル寄りなので、コーディネートの幅も広がる。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

パーカーはシルエットで差がつく!スリット入りで軽やかに

ビッグシルエットパーカーコーデ

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉

重たくなりがちなビッグシルエットのパーカーは、サイドスリット入りですっきり着こなすのがコツ。

▶コーディネート詳細はコチラ

 

編集部一押し、おすすめ最新パーカー6選

きちんとアイテムのハズシ役にもぴったりな、シャレ感たっぷりなトレンドパーカーをご紹介します。

 

ボンディング素材だから
軽いのにリッチ見え

<PLST>ダンボールジャージープルパーカ

<PLST>ダンボールジャージープルパーカ

ボンディング素材がリッチ見えするパーカーは、ロングスカートとスニーカーでラフに着ても様になる!裾の脇ファスナーでシルエットを変えられたり、立ち上がった大きめフードで小顔効果があったりと小技も効いてるから、コーデの主役にもなります。

 

ゆったりした着心地に
カシミヤ生地でラグジュアリーな気分に

<ESSEN.LAUTREAMONT>BRIGHTONフード付きニット

<ESSEN.LAUTREAMONT>BRIGHTONフード付きニット

女っぽくも大人っぽくもありたい気分にぴったりの1品。パールのイヤリングとタイトスカートでぐっとフェミニンに着たい!

 

オーバーサイズのデザインでも、
深い色味とウール素材で大人リラックスに

<ANAYI>ウールポリエステルニットパーカー

<ANAYI>ウールポリエステルニットパーカー

黒のレザープリーツスカートとロングブーツで、モードな雰囲気で着たいニットパーカー。ウール素材だからスポーティに見え過ぎず、大人っぽく着られます。こっくりとした深みのある色もポイント。

 

長めの袖としまったシルエットで
全身キレイ見え

<THE NEWHOUSE>CHULA VISTA HOODIE(ザ・ニューハウス/アーク インク)

<THE NEWHOUSE>CHULA VISTA HOODIE(ザ・ニューハウス/アーク インク)

長めの袖とコンパクトなシルエットで、幅広いコーディネートに合わせられそう。程よくフィットする裾のリブで、ゆるくなりがちなシルエットにメリハリをプラスしてくれる。サテンスカートや花柄スカートで甘辛M I Xファッションを楽しみたい

 

なじみやすい優しいカラーなら、
コーデを選ばず使いやすい

<ドレステリア>コットン裏毛パーカー

<ドレステリア>コットン裏毛パーカー

ふっくらとした肉感と滑らかな手触りが着心地の良い一着。インにもアウトにも使いやすい優しげカラーで、コーデの幅もぐっと広がります。キャメル色のリバーコートのインに着て、白ボトムとパンプスで、エレガントな着こなしをしてみたい。

 

特徴的な裾広のシルエットだから、
下半身すっきり見え

<VERMEIL par iéna>ハイゲージウラケビックパーカー

VERMEIL par iéna>ハイゲージウラケビックパーカー

細身のパンツやロングスカートと好相性な、ケープのようなパーカー。特徴的なシルエットと、たっぷりとした分量感で存在感も際立つ一着です。

 

いかがでしたか?今季のパーカーは、“ゆったり”と“肉厚”がねらい目。いわゆる「ご近所感」や「週末感」が漂うフーディとはひと味違う大人パーカースタイルなら、この秋冬をオシャレに乗り切れそうですね。

ぜひ「旬顔パーカ」で、フレッシュな着こなしを楽しんでみてください!

 

取材・文/沼野井利香

この記事もおすすめ

FEATURE