VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

名品“LOEFFのデニム”を着回す!王道カジュアルの洗練コーデ3選

オシャレのサステナ化が進み人に会う機会が減っている今、〝自分にとって心地いいものを着たい〟という思考の人が増えています。審美眼に優れたVERYスタッフへの取材をベースに、週3着回せて長く愛せる名品をピックアップ!今回は、オシャレ上級者たちの厚い信頼を集める注目ブランド「LOEFF」のデニムを着回します。

 

 

✔️ LOEFFのデニム

生活必需品のデニムこそ、こだわりの一本で差をつけたい。エレガントな色味にきれいなリジッド、スラックスのように見えるセンタープレス入りのストレートシルエットは、デニムなのに端正な印象。細身ながら腰回りにはゆとりを持たせ、脚がまっすぐに見えるシルエットも絶品です。デニム¥30,000(ロエフ/ロエフ 六本木店)

■RECOMMEND■
撮影でモデルさんがはいているのを見てひとめぼれ。デニムなのにとにかくきれいで、洗練されて見える。シンプルにニットを合わせたワン・ツーコーデでも、手を抜いてる感がしないのもありがたい。(ライター塚田有紀子さん)

 

 

×パーカでも洗練して見える
美シルエットのデニムコーデ

フーディとデニムを合わせた王道のカジュアルコーデも、それぞれのアイテム選びで印象が全然違うから、オシャレって楽しい。ニュアンスカラーとハリ感のあるフーディに、リジッドのセンタープレスデニムなら、それだけでぐっときれいめ方向にシフト。パールのネックレスとローファーでリッチ感もプラスして。デニム¥30,000(ロエフ/ロエフ 六本木店)パーカ¥39,000(キャバン/キャバン代官山店)バッグ¥236,000(ロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ローファー¥90,000(トッズ/トッズ・ジャパン)ネックレスはスタイリスト私物

 

▶あわせて読みたい

「パーカー」だけど大人に着たい! おすすめコーデと最旬アイテム

 

 

主役級コートで
いつものデニムスタイルも
ドラマティックに大変身!

たとえば久々のホテルテラスランチ。いつもより気合の入るお出かけシーンなら、主役級の存在感を放つデザインアウターの出番。デニムスタイルでも着映えが実現。リジッドだからこその端正さと、あくまでデニムというリラックス感が、こなれ感を後押し。デニム¥30,000(ロエフ/ロエフ 六本木店)ジャケット¥139,000(カバナ/アマン)ニット¥25,000(スローン)バッグ¥44,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ローファー¥32,000(ジャランスリウァヤ/ビームス ハウス 丸の内)

 

 

出社日はきれいめデニム×
ジャケットのカジュアル
お仕事服で心地よく

一日オフィスで過ごす出社日は、きれい見えするデニムを選びつつも、ジャケットを合わせて楽ちんときちんとを両立させて。より清楚に、今っぽく見せてくれるボウタイブラウスを合わせることで、オンラインミーティング対策もばっちり。足元はややエッジィなスクエアトウパンプスをアクセントに。デニム¥30,000(ロエフ/ロエフ六本木店)ジャケット¥24,000(アンクレイヴ)ブラウス¥70,000(エストネーション)バッグ¥49,000(ペリーコ/アマン)パンプス¥32,000(ピッピシック/ユナイテッドアローズ 有楽町店)

 

 

▶︎あわせて読みたい!

ADOREの3WAYワンピが使える!大人の着回し3選

 

ファッション通ほど惚れ込む”ベーシック名品”【違いがわかる大人はLOEFF Basic vol.1】

撮影/谷田政史〈CaNN〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/池田 敬 ヘア/Dai Michishita メーク/島田真理子〈UM〉 モデル/知花くらら 取材・文/塚田有紀子、木村幼奈 撮影協力/株式会社カトージ 編集/羽城麻子

*VERY2020年12月号「毎日オシャレのヒントがいっぱい!/ハッピーはわたし次第!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE