VERY February 2022

VERY

February 2022

2022年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

お宮参りの正解って?赤ちゃん・両親・祖父母の服装とマナー

お宮参りの服装。ワンピースコーデ。パパはスーツのセミフォーマル。

撮影/菊地 哲<MUM>

産後初のビッグイベントであるお宮参りですが、赤ちゃんとの新生活にバタバタしながらの準備は大変なもの。なかでも、服装に関しては頭を悩ませるママも多いのではないでしょうか。お宮参りのママと家族の服装について、基本的なマナーや最近の傾向、おすすめスタイルをご紹介します。

お宮参りとは?

 

氏神様に赤ちゃんの誕生の報告と、健やかな成長を祈願する行事。生後1カ月(本来は男の子生後31日目、女の子32日目)を目安に行うものとされていますが、気候や体調、仕事の都合などで後ろ倒しにする人も少なくないようです。また、上の子の七五三に合わせて行うというファミリーも。住んでいる土地の神社で行い、父方の祖母が赤ちゃんを抱くのが習慣とされてはいるものの、実家の近所の神社にお参りしたり、赤ちゃんと両親のみで行ったりと、最近では臨機応変になってきています。

 

お宮参りの服装にマナーはある?

 

➀神聖な場所で行われるので、フォーマルがベター

明確なドレスコードはありませんが、神社という神聖な場所での行事なので、明らかにカジュアルなものや露出の高い格好は避けるのが◎。大きめの神社や有名な神社で行うなら、よりフォーマルを意識したほうがベターです。

 

②カジュアルすぎる服は避けて

 

・デニム
ブラックやネイビーのデニムをキレイめに着るなら今の時代はOKですが、ダメージデニムや薄い色などカジュアル度の高いものは避けましょう。

・スウェット
部屋着のようなゆるゆるのスウェットはNG。プルオーバーのような、キレイめ素材のトップスは、授乳や抱っこで慌ただしいママにとって便利かもしれません。

 

③露出の多い服は避けましょう

 

・ミニスカート

タイツ合わせで穿くならありかもしれませんが、素足でミニスカートはお宮参りのママとしては似つかわしくないと思われてしまいそうです。膝上丈のスカートをキレイめに合わせるのはありでしょう。

・ハーフパンツ

特に男性のハーフパンツ姿はカジュアルな印象が強いので、周りがフォーマルなら避けましょう。近所の神社でさっとお宮参りする程度、家族でカジュアルに統一すれば気にならないかもしれません。

・サンダルなど

ビーチサンダルやクロックスのようなラフすぎるサンダルはおすすめできませんが、ストラップが付いていたりレザーなどのキレイめなサンダルならありでしょう。ただし、参道の土や砂利にピンヒールが刺さって歩きにくい場合もあるので、ヒールの形には要注意。

 

④大人は赤ちゃんに合わせて。家族でバランスを

大人は赤ちゃんに合わせるのが基本、赤ちゃんが和装なら訪問着や色無地、付け下げなどを使用してください。家族全員のバランスも大切なので、フォーマル度合いを前もって相談して決めるといいでしょう。

 

赤ちゃんの服装の選び方

 

正式には白羽二重の着物に紋付の祝い着、男の子は「熨斗目」、女の子は「友禅模様

赤ちゃんの正式な服装は、「白羽二重(しろはぶたえ)」という着物の上から祝い着を羽織るスタイル。男の子の祝い着は、出世や大成を表す「熨斗目模様(のしめもよう)」の、黒・濃紺・紫・深緑や水色といった色合いが定番で、鷹、兜、武者などの柄が好まれています。女の子の祝い着は、美しさや気品を表す「友禅模様(ゆうぜんもよう)」が定番で、赤やピンク、最近では白色の生地に手毬、牡丹や芍薬、桜などの花、花車・御所車などの柄が人気です。

 

・最近ではベビードレスに祝い着をかける場合も多い

祝い着はRencaでレンタル。絞りが珍しく気に入っています。なかにはファミリアのベビードレスを着せました。(読者 菅野小百合さん)

 

祝い着はRencaでレンタル。ベビードレスは西松屋のもの。(読者 大澤さくらさん)

 

最近はベビードレスの上から祝い着を羽織るのがほとんど。退院のときに着たベビードレスにレンタルの祝い着という組み合わせが多いようです。また、祝い着なしでベビードレスのみで済ませたという人も。カジュアルなお宮参りを選ぶファミリーは、赤ちゃんにお出かけ仕様の洋装をさせているよう。ベビードレス感覚で着せられる白いロンパースや、衿付きロンパースなどが人気でした。

 

・おすすめベビードレス&よそ行きロンパース

 

familiar(ファミリア)

神戸発老舗子ども服ブランド。ママが着たベビードレスを受け継ぐという声も。

老舗ファミリアのベビードレスはママたちの憧れ。レースがふんだんに使われたドレスと帽子のセット。ベビードレスセット[50cm]¥38,500※税込

 

KISETTE(キセット)

伊勢丹新宿店などで取り扱いのあるベビーウェア&雑貨ブランド。大人目線のこだわりのあるディテールが人気。

ドレス、オーバードレス、ベビーフードの3点セット。うっすらと浮かぶチェック模様やリボン、ピコレースなど細かなディテールにもこだわりあり。セレモニードレス¥31,900※税込

 

Jacadi Paris(ジャカディ)

ここ数年で人気急上昇中のフランス発ブランド。最近、念願のオンラインストアがオープン!

前掛け風デザインでフォーマル感あり。ロンパース¥6,100
モノトーンの蝶ネクタイ柄が珍しく、よそ行き感あり。ロンパース¥5,800
ピンクの無地にフリル衿がポイント。ロンパース¥7,900

 

PETIT BATAU(プチバトー)

出産祝いの定番ブランドプチバトー。洗ってもヘタレない丈夫さも支持されています。

淡いカラーに白衿が◎。ベロア素材で高級感もあります。衿付き前開きロンパース(ブルー)衿付き前開きロンパース(ピンク)各¥7,000

 

母親(ママ)の服装の選び方

 

厳格なルールはありませんが、主役の赤ちゃんが引き立つように落ち着いた色やデザインを選びましょう。ママは赤ちゃんの服装に合わせるのが基本と言われているので、赤ちゃんが和装なら訪問着や色無地や付け下げといった控えめな着物がおすすめです。淡いピンクや水色や若草色やベージュ、グレーの生地に主張しすぎない細かめの柄というデザインが多数。祝い着をかけたときの色のバランスも考慮して選ぶとなおよいでしょう。レンタルやお母様のお下がりという声がよく聞かれます。

お宮参りの服装。着物。和装

着物はRencaでレンタル。息子の祝い着に合わせて水色を選びました。(読者 菅野小百合さん)

 

お宮参りの服装。着物。和装。パパはスーツ。

着物はかつて母が着ていたもの。隠れてしまっていますが、白地に大きめの花柄で今着ると新鮮です。娘の祝い着は日枝神社でレンタルしました。(読者 阿部佳織さん)

 

・洋装の場合はワンピース、セレモニースーツなど

授乳や抱っこなどお世話があるので、赤ちゃんが和装でも洋装を選ぶ人も多いよう。洋装なら黒・紺・グレーなどのワンピースやセレモニースーツが定番となりますが、最近は、ブラウスにキレイめパンツやスカートというスタイルも人気。特に、冬のお宮参りはコートで服が隠れてしまいがちなので、手持ちのキレイめ服で乗り切るというママも多数いました。ちなみに、神社は砂利道や階段が多いので、歩きやすいローヒールが無難!

 

お宮参りの服装。

近所でサクッとだったので手持ちの服で行きました。ブラウスはtibi、スカートはアストラットのものです。(スタイリスト 縄田恵理さん)

 

・おすすめセレモニーワンピース

 

大本命はYOKO CHAN(ヨーコチャン)!

 

セレモニー服といえば必ず挙がる憧れブランド。無駄のないデザインで形の美しさが際立ちます。

 

張りと光沢のある素材で華やかかつクラシカル。ミディ丈のスカートでペタンコ靴とも好相性です。フレアハイウエストドレス¥66,000※税込

 

ゆったりしたシルエットとほどよく厚手の素材で、体型を選ばずにリラックスして着られます。ドロップショルダーフレアスリーブドレス¥57,200※税込

 

動くたびに揺れるとろみ素材が美しい一枚。シンプルで長さもあるので、さまざまなフォーマルシーンで活躍しそう。ロングスリーブドレス¥63,800※税込

 

CELFORD(セルフォード)

トレンドを取り入れたデザインと買いやすい価格でファン多数。気の利いた機能も人気の理由です。

ほどよく地厚で3シーズン着られるニットワンピースは動きやすさも抜群。リボンのウエストマークがスタイルアップに一役買います。プリーツニットワンピース¥14,000黒地に白のポイント使いが華やか。ボウタイは取り外しできるので、着回しも利きます。プリーツワンピース¥22,000千鳥格子柄がクラシカルなフィット&フレアワンピース。七分袖なのでオールシーズン使いやすいです。ツイストデザインワンピース¥23,000

 

父親(パパ)の服装の選び方

 

正式には一つ紋か三つ紋の羽織り、着物と袴のようですが、実際はスーツが主流です。赤ちゃんやママが着物を着ていても無理に合わせる必要はありません。きちんとするなら礼服がベストですが、黒・紺・グレーなどの落ち着いた色の通常のスーツをフォーマルっぽく着るのでも◎。シャツは白系、ネクタイも派手すぎないものを選びましょう。カジュアルで行くというご家族の中には、ジャケットなしの白シャツのみや、セットアップではないジャケパンスタイルのパパもいました。

お宮参りの服装。ママはワンピース。パパはスーツ。

夫のスーツはLARDINI、ネクタイはLUIGI BORRELLI NAPOLI。私のワンピースはtodayfulです。(読者 大澤さくらさん)

 

お宮参りの服装。パパはジャケット、ママはワンピース。

夫のジャケットはTOMORROWLAND、インナーはZARA、パンツはKNOT。私はhardlessという韓国サイトで買ったワンピース。息子は全身ジャカディです。(読者 畑中莉々子さん)

 

祖父母の服装の選び方

祖母は色留袖・訪問着・スーツ・ワンピース、祖父は礼服、スーツなどが定番ですが、遠方からだったり高齢だったりと事情がある場合も多いので、臨機応変に調整するのがよいでしょう。両家の祖父母が集まる場合は、事前にどのような服装か連絡しておくとトラブル回避になります。

 

お宮参りの服装。和装。パパ、祖父はスーツ。祖母、ママは着物。

読者 中川朱里さんのお義母様はお着物で。グレーのお色がシックで赤ちゃんの祝い着が引き立ちます。

 

お宮参りの服装。祖父祖母、七五三も。

読者 菅野小百合さんのお母様は洋装で。ジャケットはZARA、ブラウスはBEIGE、スカートはTOMORROWLAND、靴はManolo Blahnikだそう。

 

 

まとめ

 

お宮参りは鎌倉〜室町時代に生まれた行事とあって、服装など古くからのしきたりは一応あるものの、家ごとの事情や環境に合わせてカジュアルにしたり簡素にしたりとさまざまに変わってきているようです。親世代とは感覚が違うことも多くトラブルも起こりやすい行事ですが、せっかくの赤ちゃんのためのイベントなので、細かいことにこだわりすぎず家族で楽しめるように計画しましょう。

 

 

取材・文/井上さや

よくある質問

  • お宮参りはいつごろするの?

    生後1カ月を目安に行いますが、最近は気候や体調、家族の都合で後ろ倒しにすることもあるようです。

  • お宮参りは着物を着なくてはいけないの?

    実は、明確なドレスコードはありません。ただし、神社という神聖な場で行われるので場にふさわしい服がいいでしょう。

  • お宮参りの赤ちゃんの服装は?

    正式な服装は「白羽二重」という着物の上に祝い着を重ねるのが定番ですが、最近ではベビードレスに祝い着をかける場合も多いようです。

  • お宮参りのママの服装は?

    赤ちゃんに合わせて、和装、洋装を選ぶのがいいでしょう。ただし、主役はあくまで赤ちゃん。祝い着をかけたときの色バランスも考えて選んで。

  • お宮参りのパパの服装は?

    正式には和装ですが、最近は赤ちゃんやママの服装を問わずスーツが主流のようです。

この記事もおすすめ

FEATURE