VERY May 2021
VERY NAVY

VERY

May 2021

2021年4月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【お宮参り】で赤ちゃんやママが「着物」を着るとき注意すべきことは?

 

産後初めての行事であるお宮参り。せっかくなら親子で着物を着たいと思っているママも多いと思います。産んでから準備するのは大変なので、どんな着物をどんな方法で用意するかなど、イメージだけでも妊娠中にしておくのが安心!着物で参加する場合の基本情報や注意点をご紹介します。

 

そもそもお宮参りは着物じゃなきゃダメ?

お宮参りは神社で行う行事なのでフォーマルなス服装が望ましいとされていますが、必ず着物でなければいけないわけでもありません。一般的には赤ちゃんの服に合わせてママも和装か洋装かを決めるとされていますが、最近は赤ちゃんだけは着物でママは洋装というパターンも。状況に合わせて臨機応変に調整するといいでしょう。

 

お宮参りの着物はだれが買う?

 

赤ちゃんの着物は、かつては母方の実家が購入するものが一般的でしたが、地域などにより違う場合も。最近はあまり気にせず、話し合って準備したいほうの親が購入したり、ママが好みのものをレンタルすることも増えています。

 

赤ちゃんのお宮参りの着物の正解

 

本来の赤ちゃんの正装は白羽二重に祝い着をかけるスタイルで、男の子の祝い着は「熨斗目模様」、女の子は「友禅模様」が一般的とされています。男の子は、鷹や兜、虎、宝船など出世や大成を願う柄が多く、色は黒や濃紺、深緑が人気。女の子は、鈴や手毬、蝶、兎など美しい成長や気品を願う柄が多く、色は赤やピンク、水色など明るい色が多数。現在は、白羽二重の代わりにベビードレスを着て、その上から祝い着をかける人がほとんどです。

 

母親のお宮参りの着物の正解

 

母親は、黒留袖、色留袖、紋付きの訪問着が正装ですが、最近は訪問着や色無地、付け下げも多いよう。赤ちゃんが引き立つように、桜色やベージュ、水色や若草色といった淡い色が定番です。訪問着に合わせる帯は柄のある表地と無地の裏地を縫い合わせた帯袋で、帯留めや帯揚げも薄い色のほうがフォーマル。また、下着として、訪問着では白か淡い色の長襦袢を。長襦袢につける半襟も同様に白か淡い色を選ぶのがよいとされています。

 

略礼の着物とTPO

訪問着は略式の礼装で、結婚式やお茶会、目上の方を訪問するときに着る着物。未婚既婚、年齢問わず着られる着物で、パッと見て豪華な雰囲気のものが多い。

付け下げはほぼ訪問着と変わらないが、より控えめな雰囲気のフォーマルな着物。

結婚式など格式ある場面では格の高い訪問着を着ることが多い。

色無地は一色染めまたは同色の裾ぼかしのある着物で、入学式・卒業式や、七五三、つやや法事など、色で慶弔着分ける。お宮参りのような慶事では明るい色が一般的

父親のお宮参りの着物の正解

 

正装は一つ紋または三つ紋の羽織りと着物に袴とされていますが、最近ではお宮参りで和装のパパは少なく、フォーマルスーツが定番となっています。ビジネススーツでも代用できますが、黒、紺、グレーといった落ち着いた色を選ぶのが◎。シャツは白系、ネクタイはシルバー系を選ぶと失敗することはないでしょう。

 

祖父母のお宮参りの着物の正解

 

祖父母は、洋装、和装ともに一定以上のマナーを守っていれば問題なし。祖母の和装は、昔は黒の留め袖に五つ紋が最も格が高い着物として着用されていましたが、最近は他の参加者が着物や格の高い着物を着用しない場合は黒留袖ではなく、訪問着や色無地にしたり、洋装にするなど周りに合わせた服装選びが主流祖父もフォーマルスーツという人がほとんどです。参加者の服装とバランスが取れていることが大事なので、事前に何を着ていくか打ち合わせをしておきましょう。

 

先輩ママのお宮参りの着物は?

 

着物で行くお宮参り。ママ(母親)、パパ(父親)

着物は全員分をrencaでレンタル。種類が豊富で悩みました(読者・菅野小百合さん)

 

ママ(母親)と子どもが着物でいくお宮参り。

息子の祝い着は夫が赤ちゃんのときに着たもの。自分の着物はレンタルしました(読者・佐倉真衣さん)

 

ママ(母親)、パパ(父親)、着物で行くお宮参り。レンタル。

着物は写真スタジオでレンタル。せっかくなので、家族全員着物を着ました。(読者・大和美帆さん)

 

着物で行くお宮参り、注意したいこと

 

・授乳

前部分を開くか脇の身八口という穴から行いますが、着崩れるのでオススメはできません。また、神社には着替え、授乳スペースがないことも多いので、着付け前に授乳を済ませておきましょう。事前に哺乳瓶にミルクや搾乳した母乳をいれておくのも手。また、ママは母乳の染み出し予防に、母乳パッドを入れておくことも忘れずに。

 

・暑さ・寒さ対策を

生後1カ月を過ぎた頃に行うため、まだ体温調節ができない赤ちゃんには対策が大切です。夏は暑いので、風通しのいい絽の祝い着やガーゼなど薄手の肌着で調整を。冬は防寒着を別途用意して、写真撮影や祈祷のとき以外はベビードレスの上に着させてあげましょう。

 

・ママ自身の体調にも

お宮参りを迎える時期は産後1カ月程度で、体調はまだまだ万全ではない状態。着物の場合は体を締め付けないようにすこし緩めに着付けたり、美容院や神社も体に負担がないように、近い場所へ行くのもオススメです。1日にご祈祷と写真館と食事会と詰め込みすぎると後でダメージがくるので、無理のないスケジュールを立てましょう。

 

まとめ

 

お宮参りの着物は、昔ながらの決まりごとは一応あるものの、体調や開催場所といった個人の事情に合わせて、臨機応変に選ぶ人が多いようです。ママは実母の着物を着る人もいれば、レンタルで赤ちゃんの着物と雰囲気を合わせるという人も。また、授乳や抱っこ、遠方での開催のためにワンピースなどの洋装で参加することも珍しくはないようです。正装云々よりも参加者全員の服装のテンションが揃っていることのほうが重要なので、事前の話し合いは忘れずに!

 

 

 

取材・文/井上さや

 

よくある質問

 

Q.そもそもお宮参りは着物じゃなきゃダメ?
A. 神社で行うため、フォーマルな服装がいいですが、着物でないといけないというわけではありません。

Q. 赤ちゃんが和装なら家族も和装にしないといけないの?
A. 一般的には、赤ちゃんの服装に合わせると言われていますが、主に母親と赤ちゃんが揃っていればいいでしょう。

Q. お宮参りの着物は母方の親が用意しなくてはならないの?
A. かつてはそのように言われましたが、地域によっては違う場合も。最近では、両家で話し合って決めればいいという風潮です。また、レンタルで済ます場合も増えています。

Q. お宮参りの赤ちゃんの着物の正解は?
A.  本来は白羽二重に祝い着をかけるのが正解。しかし、最近ではベビードレスの上から祝い着をかける赤ちゃんも増えています。

Q. 着物で行くお宮参りで気を付けるべきことは?
A. 授乳を事前に済ませておくこと。また、産後1カ月程度でママ自身の体調もまだ戻っていないので、近所の神社で行うなど、体が無理をしなくて済むようにするのがいいでしょう。

この記事もおすすめ

FEATURE