VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

27歳で3人目出産直後にクモ膜下出血に。母は子どもたちとどう向き合う?

27歳で第三子となる三女を出産。しかしその9日後クモ膜下出血で生死の境を彷徨った青栁愛花さん。突然の入院で母親不在の家はどうなるのか。家事・育児も思うようにできない葛藤、夫・子どもたちへの思い。突然の出来事にご自身はどう向き合ってきたのか伺いました。

※VERY2023年1月号に掲載された記事を再編集したものです。

Profile
青栁愛花(あおやぎあいか)さん

千葉県野田市生まれ。7歳、6歳、1歳の女の子のママ(年齢は取材当時)。第三子出産から9日目、クモ膜下出血を起こし救急搬送。奇跡的に一命を取り留めるが、左手足に麻痺が残りリハビリを続ける。若くしてクモ膜下出血となった体験談を発信するべくインスタでも発信。

 

大好きな家族の中で、娘たちもスクスク成長中。

 

出産9日目にクモ膜下出血、3カ月間ママ不在の生活に。

昨年9月(取材当時)、私は27歳で第三子となる三女を出産。しかしその9日後、クモ膜下出血で生死の境を彷徨いました。今回も安産でしたが、異変は退院から3日目。いつもなら薬を飲んで少し休めばおさまるところ、頭痛がなかなか治らない。それでも上の2人の娘たちのお世話に新生児が加わり、連日寝不足だったので仕方がないと思っていました。ところがそれから3日経つ頃、頭が割れそうな痛みで夜も我慢できないほどに。朝になり〝これはマズイかも……〟と実家の母に電話。頭痛がひどいくらいで救急車を呼んでいいものか躊躇していた私に「そんなに痛いなら呼んだほうがいい」と促してくれて、九死に一生を得ました。遠のく意識のなかで思ったのは、生まれて間もない新生児を安心安全に誰かに手渡したいということ。今思えばその道のプロの方たちなのに、救急隊員さんはこの子の首がまだグニャグニャだということに気づいてくれるかな……と心配で。娘を救急隊員さんに引き渡したのを見届けて、それ以降記憶はありません。

 

医師から「覚悟はしておいてください」と

出血の場所、出血がじわじわと広がるタイプだったこと、搬送のタイミングが早かったことなどが重なり、どうにか命を取り留められたことは奇跡だと思っています。それでも2週間は何が起こるかわからない、覚悟しておいてくださいと医師から伝えられた夫、両親たちには本当に心配をかけてしまいました。意識がはっきりと戻ったのは搬送から10日目。コロナ禍で最初は夫にだけ会えたのですが、倒れる前日の就寝時に頭痛を訴えていたのに、いつもの片頭痛だと思い「冷えピタシートでも貼っておけば?」と返してしまったことを悔やみ、泣いて謝り続ける夫。私はこの人のためにも元気にならないといけないと思いました。

 

≫≫ママが突然倒れたら、子どもたちや家のことはどうなる?

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)