VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【VERY新人ライター白書】双子ママは『平日は会社員、週末・有給でライター業』《吉田なぎ沙さん》

ママに役立つ情報を提供したい!という思いで発行されるVERYには様々な経歴を持つライターが携わっています。そこで、知られざるVERY新人ライターの素顔をご紹介。2回目は、大手商社の会社員と二足のわらじを履く吉田なぎ沙さんにクローズアップ。

双子を出産後、移動が困難で
引きこもり、涙する日も。

それでも前を向きたくて、ライターに応募しました

第2回 吉田なぎ沙さん(35歳)

双子の送迎はとにかく荷物がかさむ分、身動きしやすいdarlin’のニットパンツが大活躍。愛用中の白コートはBABYLONE。パッと華やぐから忙しい朝に頼っています。

Profile
大手商社に新卒から勤務し、現在は金融系の営業部署に。私生活では同じ会社に勤める夫と今年4歳になる双子、愛犬と海辺暮らし。料理と、師範を持ついけばなが趣味。インスタは@nagi711。

 

✔️吉田なぎ沙さんの“双子ママ”企画はwebでも配信中♪

▶︎東原亜希さん、元日本代表・大山加奈さんも感じた「双子ママがオシャレして出かけるって無理なこと?」

STORY of NAGISA YOSHIDA

「平日は大手町で会社員。
ライター業は有給・週末・通勤時間を
使ってやりくりしています」

会社員と兼業するのは
広い視野を持ち続けたいから

夫の駐在先だったアメリカで待望の双子を妊娠。初めての妊娠出産が異国の地ということで不安は尽きなかったものの、現地で出会った人たちが悩みを聞いてくれたり、夕飯をお裾分けしてくれたりと、血縁関係のない私たちを親身にサポートしてくれました。産後6カ月、2020年2月に本帰国。すぐにコロナ禍になり、社会がすごい勢いで変わっていきました。子どもたちと家に籠る生活のなか「自分て何だろう、これから先どうするんだろう」と考えるように。双子と過ごす時間はもちろん幸せでしたが、2人を連れての生活は困難も多い。電車移動では、混雑時に双子用ベビーカーが乗り切らず、何本も何本も見送りました。ちょっと手を離せば3時と9時の方向に走り出すから常に緊張感はMAX。周りの人から迷惑に思われているような気がして、常にぼんやりと孤独を感じていました。

オフィスでは絶対に着られないデザインニットとカーヴィシルエットのデニムをチョイス。ザ・ロウのキャメルトートは差し色になるうえに、生地が柔らかくて長時間肩にかけていても疲れません。ニットはコス、デニムはカレンソロジー、ブーツはロペ。

そんな中、アメリカで子育てを支援してもらった出来事がふと頭をよぎりました。「私も悩めるママのサポートがしたい! 自分の悩みもシェアしたい!」と思い立ち、VERYのライターになると決意。でも募集を知らず(笑)、とにかくツテを頼って元ライターさんに辿り着き、編集部に繋いでもらいました。復職後の今、子育てしながらのWワークは想像以上にハード。それでも続ける理由は両極端の間で広い視野を持てるから。また、書評家の母のように、心が沸き立つ仕事を持ちたかったから。支えてくれる家族や友人、仕事仲間に感謝しつつこれからも精進していきます。

VERYライター歴2年!
吉田なぎ沙さんってこんなひと!

「生まれてからずっと海辺。
通勤時間は1時間半です」

職場までの距離を考えて都内で暮らしたこともありますが、やっぱり自然豊かなここが好き。通勤時間は原稿を書いたり、残った仕事を片付ける作業にあてています。

「双子を出産後6カ月で
本帰国。すぐにコロナ禍に」

念願の双子を出産して幸せな毎日を送りながらも、国を移動したり、コロナ禍になったりと環境の変化が著しく、先の見えない不安にさいなまれることがありました。

「会社員としての実感や
生活が企画のタネに!」

ライターとしてのマイルストーンを3年分定め、その間はがむしゃらに頑張ると決めていました。双子育児や日々の暮らし、ワーママにまつわる自分らしい企画が通ると嬉しいです。

新人ライター吉田さんの
ON/OFFスタイルを拝見

「週末はとことん双子仕様に
平日は仕事でしかできないオシャレを
メリハリつけて楽しみます」

ON

月曜はスカートでお仕事
スイッチを入れるのが好き

双子の男の子がいると休日はどうしてもパンツスタイル一択に。だからこそ、週の始まりはあえてスカートを選んでお仕事モードに切り替えるように意識しています。通勤前に余裕があれば、お気に入りのカフェでコーヒーをテイクアウト。コーデのアクセントに欠かせないスカーフはトーテム、ニットはプルミエアロンディスモン、スカートはベイジ、バッグはコス、ブーツはセリーヌ。

ハイ&ローなお値打ち品探しに
余念がありません!

冬の通勤コーデを格上げしてくれるオールドセリーヌを集めており、コートをヤフオクで見つけました。売るのはユーザーの多いメルカリ、買うのはユーザーの年齢層が高くていいものがあるヤフオクがおすすめです(笑)。ECブランドであるストーリーナインのリブソックスブーツは1万円以下に見えないデザイン性と履きやすさが魅力でよくチェックします。

ブランド購入はかなり慎重。
どちらも2年以上悩みました

堅実派で、流行っているから買うのではなく、時が経っても本当に欲しいか、時間をかけてじっくりと自分に問いただします。ザ・ロウのパークトートは軽すぎてもはや空気のよう(笑)。大容量ながら一目で探しているものにリーチできるのも嬉しい。シャネルの黒サンダルはソックスと合わせて印象チェンジを楽しむことも。

OFF

思い切り遊べるパンツの
リラックススタイルが定番

休日は家族みんなで近くの海へ。砂浜にレジャーシートを敷いてランチしたり、双子と思いっきり駆け回る時間が最高の癒しです。自然豊かな情景とマッチするように白やバターイエローを取り入れて優しげなコーデに仕上げています。ダウンはエトレトウキョウ、スウェットはシンゾーン、パンツはユニクロ、ブーツはストーリーナイン、カチューシャはマージュール。

お家で過ごす時間が多いので
インテリアを少しずつ収集中

ファッションと同様にコーデが楽しいインテリアは素敵なものを見つけるたびについつい集めてしまいます。ネットで見つけたサイドボードは英国ヴィンテージ品。1970年代の建築的な非対称デザインが気に入っています。清水買いしたランプシェードはフィンランドの照明ブランド「Secto Design」のもの。家具と同じくらい大好きな食器は「aeru」というオンラインショップや鎌倉の「うつわ祥見」で探すことが多いです。授乳期に大活躍したヴィンテージチェアは夫からプッシュギフトにもらいました。

weekday’s schedule

\ とある /
平日のスケジュール

5:30 起床。双子が起きる前に夫とすべての準備

7:00 双子を起こして朝ごはん、園の支度

8:00 双子を保育園へ。私、夫、近くに住む両親でシフトを組み大人2人態勢で送る。出勤はグリーン車で仕事や勉強を

9:30~10:30 出社

16:30 退社。走って電車へ飛び乗る

18:00 双子のお迎え。こちらも私、夫、両親のうち2人でお迎え。

18:30~19:00 夕食は土日の作り置きやオイシックスが多い。帰りが遅い日は焼き鳥購入。お風呂は夫婦どちらかが担当。あの手この手でお風呂に誘う

21:00 双子と寝落ち

HER WORKS

\吉田さんの/
お仕事を覗き見!

やんちゃな双子ママとして
日々悩む気持ちをぶつけました!

夏の制服「Tシャツデニム」を
格上げしたくて生まれた小物企画

大好きなインテリアで
初めて通せたページです

待望の双子企画が実現しました!

二足のわらじを履くから生み出せる企画があると思っています。ワーママ企画は実際に同僚の声を反映することも。2023年3月号では2年間考え続けた双子企画がようやく実現。双子ママならではの思いが詰まったページです。

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉 ヘア・メーク/加藤志穂〈PEACE MONKEY〉 取材・文/岸本真由子 編集/翁長瑠璃子
*VERY2023年3月号「短期集中連載! VERY新人ライター白書」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
*掲載のアイテムは全て私物です。お問い合わせはお控えください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)