VERY October 2022

VERY

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

賛否両論・笠原将弘さん「お弁当のおかずは一品だっていい」子どもが満足する“のっけ弁”

多忙の中、3人のお子さんのお弁当を日々作り続けている「賛否両論」マスターの笠原将弘さん。その〝父さん弁当〟には、毎日のお弁当作りに頭を悩ませるママたちへのヒントが隠されていました!今回は、おかずをたくさん作らなくても大丈夫な「ブタッコリーのっけ弁」レシピを教えてもらいました。

笠原流・お弁当作りを頑張りすぎないルール
おかずは少なくていい

お弁当だからって、いっぱい作らなくていい。なんなら一品でもいい。のっけ弁なら食べる頃には味も染みこんでいい味に! 少しつゆだくに盛り付けて。

ブタッコリーのっけ弁

ブタッコリー

◉材料(材料はすべて2人分)
豚こま肉…200g
ブロッコリー…1/2株(小房に分ける)
サラダ油…大さじ1

A
酒、醬油、みりん…各大さじ1
おろしにんにく…小さじ1/2
塩・こしょう…各少々

◉作り方

1.フライパンにサラダ油を引き、弱火でブロッコリーを転がしながら炒める。

2.ブロッコリーがややしんなりしたら中火にして豚こま肉を入れて炒め、火が通ったらAを加えて炒め合わせる。

プチトマトとうずら卵のナムル風

◉材料
プチトマト…5個(へたを取り半分に切る)
うずらのゆで卵(市販品)…5個

A
ごま油…大さじ1
醬油、みりん…各小さじ1
黒こしょう…少々

◉作り方

1.プチトマト、うずらの卵をAで和える。盛り付けるときにうずらの卵を半分に切る。

その他

ごはん…適量

笠原将弘さん

日本料理店「賛否両論」マスター。テレビをはじめ、雑誌や料理教室など幅広く活躍。本格的でありながら作りやすく美味しいレシピは人気も高く著書も多数。一男二女の父でもある。

料理/笠原将弘 撮影/福本和洋 スタイリング/竹中紘子 取材・文/佐々木陽子 編集/井上智明
*VERY2022年7月号「お弁当は「毎日卵焼きでもいい」理由」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

October 2022

October 2022

2022年9月7日発売

890円(税込)