VERY February 2022

VERY

February 2022

2022年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【卒入園、参観etc…】コスパで叶う!黒・紺服のきちんと見えコーデ7選

〝きちんとした服〟の定義を考えてみると、母業、仕事、ママ友のお付き合い……シーンに合わせて、きちんとのさじ加減を微妙に変化させている私たち。となると、必要なのは一張羅よりもバリエーションの豊富さ。シーンに合わせて着回すことができるベーシックな黒と紺の“コスパきちんと服”を紹介します。

こちらの記事も読まれています

▶︎“本物”に惹かれる大人のウオッチ Grand Seiko

ベストスカートセットアップ
ReNorm by A.T
▶︎▶︎▶︎ ¥18,920

タートルネックもネイビーで統一。周りに馴染むザ・ネイビーママの装いだけれど、レイヤード感のあるベストと白ボタンで〝自分らしさの主張〟もさりげなく入れられるのが、母業にちょうどいい洒落感。ベストスカートセットアップ ¥18,920(リノームバイエーティー)タートルネック ¥19,800(アンクレイヴ)バッグ ¥55,000(エド ロバート ジャドソン/株式会社ベータ)パンプス ¥45,100(ロランス/ザ・グランドインク)

こんなに着回せて
¥18,920は買い!

【右】ベストは、ミドル丈の白シャツを今年らしく更新してくれるうえ、単調なコーデにメリハリをつけてきちんと感をアップさせてくれる。ブラウス ¥12,100(ハッシュニュアンス)パンツ ¥4,290(グローバルワーク/アダストリア)バッグ小 ¥29,700(ヴァジック/ヴァジックジャパン)バッグ大 ¥19,800(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ表参道店)シューズ ¥12,100(アダム エ ロペ/ジュンカスタマーセンター)

【左】V字のネックラインが胸元までぐっと入ったワンピースは、インしたトップスにシャープさを与えてくれる絶妙な開き具合がポイント。今季トレンドのデコラティブな衿ブラウスをONすれば、洗練された甘さに昇華されて着回しの幅がぐっと広がります。衿付きニット ¥29,200(ソブ/フィルム)バッグ ¥40,700(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ブーツ ¥33,000(ル タロン グリーズ/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)

ワンピース

GU ▶︎▶︎▶︎ ¥2,990

控えめな後ろスリットがサポート役の母像にマッチ

ベストがレイヤードされたニットワンピースの前身頃は、ボタンもなくひと続きのネイビーで印象はとってもシンプル、だけど地味になりすぎないのは背中のスリットのおかげ。ワンピース ¥2,990(GU)バッグ ¥13,750(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ブーツ ¥20,900(アダム エ ロペ/ジュンカスタマーセンター)ピアス ¥52,800(シャルロット ウーニング/フラッパーズ)

ワンピース

STYLEMIXIER ▶︎▶︎▶︎ ¥7,150

淑女なブラックワンピースはコンサバ幼稚園でも大活躍!

程良いくびれとぽわんとした袖が、黒でも優しげな印象。コンサバティブなバッグと相性の良いAラインのシルエットが黒紺縛りの送迎ママにぴったり。ワンピース ¥7,150(スタイルミキサー/バロックジャパンリミテッド)バッグ ¥187,000(ザンケッティ/ドゥーズィエム クラス 青山店)パンプス ¥15,950(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ピアス ¥33,000(MAAYA)ストッキング/スタイリスト私物

ワンピース

crie conforto ▶︎▶︎▶︎ ¥8,800

シャツライクなディテールで、仕事にも行ける万能なきちんとさ

スタンドカラーとハリのある素材が、スマートなきちんと感。母業の後に控えた仕事先でも使えるから、予定がかぶった日にも重宝するはず。ワンピース ¥8,800(クリーコンフォルト/バロックジャパンリミテッド)バッグ ¥12,100(ロペ/ジュンカスタマーセンター)シューズ ¥17,600(エフ バイ ウェルフィット/ダイアナ 銀座本店)ストッキング/スタイリスト私物

セットアップ

Mila Owen ▶︎▶︎▶︎ ¥15,400

きちんとした女性らしいシルエットで子どものお友達からも好印象

清楚な小衿と女っぽいセミタイトなシルエットのバランスが、好感度高めのきちんと感。トップスは黒パンとの相性も良く、単品使いの視点から見ても優秀。セットアップ ¥15,400(ミラ オーウェン/ミラオーウェン ルミネ新宿2店)バッグ ¥2,990(ユニクロ)ブーツ ¥16,500(アダム エ ロペ/ジュンカスタマーセンター)イヤーカフ ¥27,500(ルフェール/UTS PR)

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉スタイリング/竹村はま子 ヘア・メーク/川村友子 モデル/笹川友里 取材・文/高橋夏果 編集/太田彩子
*VERY2022年1月号「【大特集】コスパでもっと女っぽいを手に入れよう!PART4 いつもの自分をちょっと真面目に、しっかり者に見せるコスパオシャレ」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE