VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【元テレ朝・竹内由恵さん】出産体験記「生んだ直後は痛みで放心状態でした」

ひとつとして同じエピソードのない“出産”。どんなふうに産みたいかも、人それぞれ。チームVERYの出産体験記をweb限定で公開しています。

今回は、元テレビ朝日アナウンサーで現在はフリーとして活躍中の竹内由恵さんがVERYに初登場!静岡に住む旦那さんと東京での里帰りの出産という遠距離出産の様子や自然分娩についてお話ししてくださいました。

 

この冬、第一子の男の子を出産しました。今暮らしている静岡から東京の実家に帰っての里帰り出産です。周囲には無痛分娩で産んだ友達が多くておすすめはされたのですが、ものすごくこだわっていたわけではないものの「痛みを知りたい」という好奇心が勝り、自然分娩にしました。

 予定日を1週間過ぎ、促進剤を投与して…

予定日になっても、兆候はなく、お腹のゴロゴロ感で夜も眠れず、早く産みたいなという気持ちが強くなっていました。なるべくなら促進剤を投与せずに…と思っていたものの予定日から1週間経って、病院へ。子宮をチェックし、開いていなかったら入院して拡張させましょうということでしたが2~3cmまで開いており、「今日は入院の必要ないですが、明日の朝、促進剤を打って出産までいきましょう」ということになり、一度帰宅しました。

 

しかしこの検診が刺激になったらしく、その夜陣痛らしきものが。ただ定期的ではなくて、15分くらいかと思えば1時間あいたり。病院に電話したら「まだだと思うからもう少し頑張れますか?」と言われ、自宅で夜を過ごしました。

 

実家で両親と別の階で寝ていたので、痛くても一人。ただ静岡の夫とはLINEで連絡を取り合い、陣痛を知らせるアプリを共有していたので、陣痛の通知がくるたびに夫も「ついに!?」とソワソワしていたようです。

静岡からでは22時が終電。夫には、その日の夜に東京に来てもらうか翌日来てもらうか、いつ夫に来てもらうかはすごく悩みました。

その晩はどうやら前駆陣痛らしい、ということで夫は静岡で待機。痛みがくるたびに逐一報告していたので、心配で眠れない夜を過ごしたみたいです。今思えば、LINE したり病院に電話して普通に話したりできる余裕もあり、完全に前駆陣痛でした。

 

そしていよいよ翌朝、父の運転する車で出産する病院へ。促進剤を投与してからは、ゆらゆら動かせる椅子に座り、とにかく足を動かして、陣痛を促進させていきました。

助産師さんによれば、投与しても1~2日かかる人もいるとのこと。でもすでに夫を呼んでしまっていた私は、今日産みたい!と、キツくなり始めた痛みに耐えながら、必死に足を動かして椅子を揺らしていました。

<ご本人提供写真>

 

そのうち夫も静岡から到着。促進剤を投与して1時間くらいで、痛みはかなり厳しくなってきました。ちょうどお昼時で運ばれてきたスパゲッティを頑張って食べても戻してしまい…。そこから徐々に吐き気も増してきて、横になるのも苦しくて、座ったまま痛みに耐えました。

陣痛は波があるというけれど、もうただただ、ずっと痛くて! お腹の赤ちゃんが苦しそうだからと呼吸器をつけられ、大丈夫かなと心配になりつつもひたすら痛みに耐える時間が続きました。

 

 夫に押してもらわないとどうにかなってしまいそう…

夫はといえば、お昼を買いに行く暇もないくらい大忙し。テニスボールをお尻に当ててもらったり、背中をさすってもらったり。途中からは夫頼みになり、陣痛がきたら「当てて!」とお願いしていました。もう押してもらわないとどうにかなってしまいそうな感覚で。夫は時におにぎりを食べながらも、献身的にやってくれて、助産師さんにも褒められていました。

 

助産師さんが「5cmまで開きましたよ」と子宮口の大きさを逐一報告してくれていたのですが、どうやら予想以上に早く全開になり、周りが突然バタバタし始めて、「もう生まれます!」と。

 

そこからは一気に、「いきまないようにする」という戦いに。すごく辛い時間帯でした。体が自然といきみたくなるのですが、赤ちゃんのタイミングがいい時にいきまないと苦しい思いをさせてしまうということで、いきまないってどういうこと!?と、陣痛とあいまって頭が混乱し、「どうしたらいいかわからないですー!」と助産師さんに叫んでいました。

助産師さんはたのもしい方で、陣痛がきた苦しいタイミングで「私の目を見てください!」と言われると、その瞬間冷静になれて、自然にいきみ逃しできました。助産師さんが心の支えでしたね。

 

いよいよ出産の時。痛みで放心状態に

生まれてくる瞬間は、この目で見ることができ、くしゃくしゃになった顔が目に焼き付いています。痛いけれど無感触のまま出てきて、自分のお腹から出てきたとは思えないというのが感想でした。

<ご本人提供写真>

 

ただただ、産んだ直後はようやく痛みから解放されたというのと、すごい痛みを経験したというショックで放心状態に。

出産前には、「元気な産声をあげてくれるかな?」と心配してドキドキしていたのに、出産後、夫に「元気に泣いてるね」と言われて、「ほんとだ」とその時気づきました。

本当に、出産って大変ですね。出産した直後も、会陰切開したところを縫うのも痛かったし、後陣痛もあり、まだ耐えるんだというのも驚きでした。

ただ不思議だったのが、痛い縫合の時も、コットに入っている赤ちゃんを眺めていると痛みが消えるのです。だから必死で赤ちゃんを見ていました!

 

 夫の立ち会い、最初は迷っていたけれど…

出産する生々しいところを見ると夫が引いてしまうとか、女性として見られなくなるという経験談も聞いたことがあり、最初は立ち会いを迷っていたんです。バースプランにも、出産の瞬間だけ夫に立ち会ってほしいと書いていたのですが、結局最初から最後まで一緒にいました。

ずっともがいたり叫んだりうなったりしていた私を目の当たりにした夫は、どれだけ出産が大変かを身に染みて感じてくれたみたい。

「大丈夫?」「大変だよね」と産後の思いやりをずっと感じられたので、結果的には立ち会ってもらって我が家はよかったなと思っています。

友人からも、産後の妻の状態に気をつけた方がいいと聞いていたらしく、ものすごく気を遣ってくれています。お皿洗いなども進んでやることが増えましたし、いろんな話や愚痴もよく聞いてくれます。

今3ヶ月を過ぎて、あやすと笑ってくれるようになり、すごく楽しいですね。でも一日中お世話をしていると、かわいいんだけれどストレスも溜まるのが正直なところ。そんな気持ちも吐き出せる人がいるというだけですごく助かるし、よくやっているよね、すごいねと夫が褒めてくれると頑張ろうと思えます。

<ご本人提供写真>

 

家族の時間を大事にしつつも、仕事も頑張りたいなと思い始めています。仕事のペースに関しては時に夫婦喧嘩もしながら、探っている最中。今度はそんなお話も、披露させてください!

 

●竹内由恵さんインタビュー後編
「仕事を辞めて、静岡に移住を決めた!理由とは…」

 

▼合わせて読みたい

申真衣さん「産後すぐに救急車!産んだ後の方が大変だった?!出産体験記」

VERYモデル原田夏希さんの「たった2分?!の水中出産体験記」

橋本マナミさん出産体験記「生放送リモート出演の2日後に出産!」

取材・文/有馬美穂

この記事もおすすめ

FEATURE