VERY October 2021
VERY NAVY

VERY

October 2021

2021年9月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

「風の時代」に乗り遅れないために!2021年上半期の運勢【あおきさん占い。】

「地」の時代から「風」の時代へ!
12月には、いよいよ
ターニングポイントが到来

2020年も残すところあとわずかとなりましたが、今年は、みなさんにとってどのような1年になりましたか? きっと、この時代を生きる多くの人にとって忘れられない年となったに違いありませんが、「あおきさん占い。」では、以前から「西洋占星術では、2020年が時代の転換期になると言われている」と、たびたびお伝えしてきました。

 

現実の世界では、2019年に元号が「平成」から「令和」に変わり、いよいよ2020年に入ると、新型コロナウイルスに世界中が飲み込まれるという予想もしなかった事態に。これまで当たり前だった日常生活や社会のシステムが次々に覆されていきましたが、そんな時代の変遷を目の当たりにするかのような状況は、今も尚、現在進行形で続いています。そして、そんななか、ついに12月22日には「時代の節目」の根拠とされる大きな星の動きが! この日を境に、約200年間続いた「地」の時代は終焉を迎え、「風」の時代が到来しますが、おそらくこの先は、変化の流れがますます加速度を上げ、より具体的で身近なものとなっていくでしょう。

 

そこで、今回の「あおきさん占い。2021年上半期占い」は、時代の転換期に生きる私たちが、次の時代にスムーズに進んでいくためのヒントをお伝えできたらと思います。早い方は、もう新たな生き方を模索し始めているかもしれません。そういう方も、そうでない方も、勇気を出して踏み出した一歩をよりよい方向に進めていくための方法を、ともに考えていきましょう!

 

 

「風」の時代は、
誰かとの比較では得られない
「自分らしい幸福感」を探して

 

「“地”から“風”の時代へ」というのは、西洋占星術における象徴的な表現ですが、おおまかに言うと、「地」とは目に見えるものや物質的なもの、「風」とは目に見えない感覚的なものと捉えてみるとわかりやすいかもしれません。つまり、これからの時代は、「地」が意味する「所有すること」「お金」「学歴や肩書」「組織」といったものよりも、「風」に象徴される「情報」「知識」「人間関係」「印象」「感性」などが大きな意味を持つ世の中に。各エレメントがもたらす価値観は、本来なら、約200年を掛けてゆっくりと育まれ、完成されていくものですが、その移行期に生きる私たちにとっては、自ら積極的に意識改革していくことが、時代の波に乗るための早道になっていくでしょう。

 

それでは、目に見えないものが重視される新時代では、一体どんなことを意識すればよいのでしょうか? 私が思うに、最も大事なことは「自分軸」を持つこと。誰もが一斉に目指せるようなわかりやすい指標が個にシフトしていく「風」の時代は、自分らしさとは何か?を考え、「自分らしい幸福感」に気づいていくことが肝心なのです。揺るぎない「自分軸」を持つことは大人にとっても難題ですが、まずは、自愛の気持ちを持つことが先決。そして、そのために欠かせないのは「自己肯定感」です。「自己肯定感」が低いと感じている人は、一度、長所も短所もありのままの自分を受け入れ、大切にすることから始めてみるといいかもしれません。

 

「風」の時代に目指したいのは、「自分なりの幸せのカタチ」です。たとえば、夫婦や家族の理想像だってそう。今後はもしかすると、事実婚や週末婚、別居婚をはじめ、離婚後も一緒に暮らす、血縁のない家族関係を結ぶなど、「新しい家族のカタチ」を躊躇なく選べる社会へと変わっていくのではないでしょうか。もちろん、今の家族のカタチに満足しているなら、それは素敵なこと。ですが、実は違和感を抱いているなら、これからは、過ぎた時代の常識よりも、未来の自分たちが心地よくあるための関係性を考えていきたいですね。

 

では、新たな時代の波に乗るための『開運キーワード』をご紹介しましょう▶︎▶︎▶︎

エレメントを調べる
相性を調べる
×
9月の運勢
偶数年と奇数年で運勢が違うから気をつけてね!
この記事もおすすめ

FEATURE