VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

オシャレのプロが【エルメスのシルバー】一筋な理由!“20年越え”愛用ジュエリーも公開

力の抜けた大人カジュアルが得意なファッションディレクターの小島令子さん。子育て中のママでもある彼女は、気負わず使える「エルメス」のシルバージュエリーを愛用中。オシャレのプロならではの審美眼で集められた私物コレクションを拝見しました!

*掲載中の情報は、過去誌面や過去記事を再編集したものです。ブティックへのお問合せはご遠慮ください。

ファッションディレクター
小島令子さんのカジュアル塾 vol.3

今はブレずに
エルメスのシルバー一筋

「職業柄、常にアンテナを張りトレンドも取り入れていたのですが、子どもが生まれたタイミングで買物という行為に物理的にも精神的にも距離ができました。すぐには買いに行けないからこそ、一呼吸置いてワードローブを見直す。すると自分の好きなもの、必要なものが明確になって、思考がすっきりしたんです。まさに物欲の断捨離(笑)。それでも切り捨てられなかったもののひとつが〝エルメス〟です。たとえデザイナーが変わっても〝らしさ〟を失わない確固たるセンスと信念。普遍的なデザインと堅牢なものづくりのおかげでオンリーワンのヴィンテージになるまで愛せるから、高価ですが手に取りたくなる数少ないブランド。なかでもシルバージュエリーは、合わない服を探すのが難しい!と思えるほどの偏愛アイテム。ダイヤモンドやゴールドの絢爛さがない分、子育て期もケアや人目を気にせずデイリーに気負わず着けられます。シーズナルなものはすぐに廃番になるので、人と被りにくいというのも集めたくなる理由の一つ。夫からの誕生日プレゼントはエルメスのシルバーに固定(笑)。自分でも買っていて、いつか娘たちに譲りたいと考えてます」

午年生まれとして、馬モチーフは不可避な宿命アイテム(左から1番目と右から2番目)。20年越えのブレスレットとリングは、セルフヴィンテージとして現役で活躍(左から2、3番目)。トゥアレグ族の装飾品をオマージュしたバングルはブランドの主張が控えめで使いやすい(右から3番目)。新入りのビッグサイズリングは傷がついていく過程も楽しみたい(右から1番目)。
*私物につき、エルメス ブティックへのお問い合わせはお控えください。

REIKO’s Coordinate

ジュエリーのボリュームが
華奢見えをアシスト

OUTER:Vintage
T-SHIRT:Brooks Brothers
RING:HERMÈS
BRACELET(LEFT):HERMÈS
BRACELET(RIGHT):Maison Margiela

手元を逆説的に女性らしく見せる重ね着け。主張のあるゴツめデザインを両手に盛っても自然と馴染み、どこか上品で洗練されたムードにまとまるのはさすがエルメス。イエローゴールドとミックスすると、こなれ感が倍増。

◉この記事の講師は

小島令子/REIKO KOJIMA

モードかつリアルなカジュアルスタイルが素敵とVERY誌面に登場するなり注目の的に。ヴィンテージショップでのバイヤー経験を生かし、2022SSよりセレクトショップk3のオリジナルブランドk3&co.のディレクターに就任。2児の母、身長156㎝。

撮影/魚地武大〈TENT〉 取材/遠藤彩乃 編集/藤田摩吏子
*掲載中の情報は、過去誌面や過去記事を再編集したものです。ブティックへのお問合せはご遠慮ください。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)