VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

【入園・入学式SNAP】幼稚園の入園式では着物派も多数!

卒園式よりもさらにお祝いムードが漂う入園式のハレの日服はより一層華やかな雰囲気に。本記事では去年入園式・入学式を迎えた先輩ママたちの中から、幼稚園の入園式に参加したママたちの当日コーディネートを見せていただきました。

「ベージュのパンツスーツと悩みましたが、初めての入園式なので無難な色にしておいたほうが安心と思い、ネイビーのワンピースに。こどもの入園準備などに気を取られて、自分の服を後回しにしていたため、探しだした3月ごろには人気のセレモニー服は売り切れ状態に。もう少し早めに服探しをスタートしたら良かったなと思いました」小谷衣穂さん・32歳(4歳の男の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「着物を着たいなと思っていましたが、産後すぐだったこともあり断念。体型がまだ戻っていなかったので、スッキリと見えるよう締め色の黒で揃えました。買い物に行く時間もなかったため、元々持っていた服のなかからセレモニーにも着られそうなものをセレクト。ノスタルジアのブラウスはお手頃価格なのに形もキレイで、普段着のつもりで購入しましたが、式用としても使えました。コロナ禍のため園庭での入園式になったのですが、暖かい日だったのでブラウス1枚で十分でした」渡辺真梨恵さん・34歳(4歳の女の子と1歳の男の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「人と同じはあまり好きではないので、ひとくせあるデザインのセレモニー服を探していたらfioliaでマント型ジャケットを発見。定番のスタイルもこなれて見えると思い、これに決めました。ワンピースやスカートを着ている方のほうが多かったですが、パンツでも違和感はなかったと思います。子どものお世話もあるから邪魔になるだろうと思って、メインのバッグは持たず、書類やスリッパを入れるサブバッグだけに。でも、バッグなしの人はほとんどいなかったので、きちんと持てばよかったかなと後悔しました」小川愛子さん・31歳(4歳の男の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「数日前に行われた長女の小学校入学式で着た白のジャケットと雰囲気をガラッと変えて入園式へ。簡易な式だったので、ドレスアップ感がないヨーガンレールのシルクシャツとロングスカートのセットアップを着ました。以前から持っていたもののなかなか着る機会がなく、今回ちょうどいいタイミング!と思ったのが選んだ理由。少し寂しかったので、3連のパールネックレスを合わせました」関谷桃子さん・33歳(4歳男の子、6歳女の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「普段は汚れるのが嫌で避けがちですが、入園式ということもありクローゼットに眠っていた白パンツ合わせることに。“趣味=ブラウス集め”と言えるほどブラウスが好きなので、セレモニー服で買い足すのであれば、ブラックでも華やかさを出せるローレンのフリルブラウスと決めていました。きれいめにもカジュアルにも振れるブラウスなので、今でも仕事や母業で重宝しています」神田 萌さん・31歳(4歳の女の子ママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「お祝いごとにふさわしい明るい色のセレモニー服を探していたものの、園の雰囲気はかっちりしているので、崩した印象にはしたくなく……。結果、落ち着いた雰囲気ながらも近くで見るとツイード調のボールジィのスーツを購入。当日は8割がネイビーのママでしたが、きちんと感をキープしつつも自分らしさを出せるグレーなので、浮くことなく、思い描いていた理想の式を迎えることができました」木戸麻美さん・32歳(4歳の女の子ママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「式典のためのパンツを探したのですが、これといって欲しいものがなく…。ときめかないものにわざわざお金を出さなくてもいいかなと(笑)、手持ちのザラの白パンツで参列することに。ネイビーのブラウスを一枚も持っていなかったので、普段から愛用しているMACHATTでブラウスを新調。袖と裾がチューリップのようなひとクセデザインで、シンプルながらも自分らしさを出せるのが気に入っています」島田ゆかさん・32歳(4歳の男の子、1歳の女の子ママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「元々和装が好きなのですが、子どもが小さいうちは着る機会が少ないので、せめて節目の行事には着ようと思っていました。短縮式だったのでほかに着物の方はいませんでしたが、着物のママがいると華やかになると先生方にも喜んでいただけたので着てよかったと思っています。相良刺繍の着物は母から譲り受けたもの。春らしく温かみのある色で人とも被らないので気に入っています」今村由子さん・36歳(4歳の男の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「子どもの大切な行事は着物と決めてレンタルしています。着るものに悩むことがなく、洋装よりも準備は楽かもしれません。15分で終わる短縮式でしたが、写真に残すとやはり着物で良かったなと感じます。主役の娘を引き立てたいので、悪目立ちしない淡い黄色を選びました。夫のスーツも近い色にしてもらったので家族写真もまとまり感がでて良かったです。資料や配布物は紙袋にいれて渡してもらえたので、大きいバッグなどの用意も必要ありませんでした」平岡紗耶加さん・28歳(3歳と1歳の女の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

 

「元々節目の行事は和装で、と決めていました。幼稚園の近くには桜の名所があり、入学式の日にはその前で並んで写真が撮りたいね、と息子たちと話していたんです。桜のピンクと同化しない水色の着物は、祖母が選んでくれたもの。コロナ禍でなかなか会えなかったので、着物を着た入学式の写真を送ったら祖母もきっと喜ぶだろうという気持ちもありました。呉服屋さんオススメの刺繍入りのマスクは華やかさが増した気がします」奥平成美さん・35歳(6歳と3歳の男の子のママ)
▶︎コーディネートの詳細はこちら

文/相馬香織
*本記事は過去掲載記事を元に再編成したものです。肩書きや年齢などは取材当時のものです。
*掲載のエルメスのアイテムはすべて読者の私物です。ブティックへのお問合わせはご遠慮ください。

*掲載中の情報は最終更新時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)