VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

脱・無難【オシャレ靴、バッグ、小物26選】VERYスタイリストがつい頼るアイテム全リスト

忙しくてもオシャレでいたい、そんなママたちに必要なのは、スタイリングの肝となる今っぽさや存在感を備えつつ、幅広いシーンやアイテムにフィットするオシャレ。スタイリストさんたちがVERYのコーデで多用している靴・バッグ・小物なら、私たちのオシャレにもきっと活躍するハズ! ということで、弊誌スタイリスト陣がついつい頼っちゃう、オールマイティなアイテムをリサーチ。

〝使い勝手が良いひとクセ〟はプロの選びならでは
VERYスタイリストが、ついつい借りてきちゃう小物!

 

スタイリストがつい頼る「靴」9選

Shoes─靴

BRENTAのストラップサンダル

細ストラップ使いでモード感を
「ハイブランドとも遜色ない洗練されたストラップ使いがカジュアルからフェミニンまで幅広く網羅」(金子 綾さん)
[白・ベージュ]各¥46,200[レオパード]¥48,400(すべてブレンタ/アパルトモン 青山店)

LAURENCEの編み込みパンプス&
GIA BORGHINIのトングサンダル

二面性のあるデザインが使えます
「トング×カーヴィーヒール、甲深×ピンヒール…二面性のある靴が使えます」(石関靖子さん)
サンダル¥66,000(ジア ボルギーニ/エストネーション)パンプス¥52,800(ロランス/ザ・グランドインク)

スクエアトウは〝万能〟証言多数!
PELLICOのスクエアフラット

白黒2色借りがお約束の万能パンプス
「一見シンプルでいてスクエアが感度高めで、学校から公園シーンまでOK! 白黒あればさらに心強い」(大野千歩さん)
フラットパンプス[黒]¥57,200[白]¥52,800(ともにペリーコ/アマン)

Parabootの〝ミカエル〟

フェミニンなスタイルのハズしにも
「メンズ志向なシューズは、ハンサムカジュアルはもちろん、ワンピスタイルなどのハズしにも愛用」(福田麻琴さん)
シューズ各¥69,300(ともにパラブーツ/パラブーツ 青山店)

LAURENCEとPIPPICHICのスクエアシューズ

行きすぎないモード感が便利!
「シンプルコーデのアクセントになるスクエアトウの2ブランドはリースのたびヘビロテ中」(岩田槙子さん)
右から ¥36,300(ピッピシック/ベイジュ)¥50,600(ロランス/ザ・グランドインク)

TOD’Sのパネルスニーカー

ドレスシューズ並みの華やかさが頼り
「スニーカーにもかかわらずドレスシューズのような華やかさと高級感を出せるので、パンツにもスカートにもヘビロテしています」(池田 敬さん)
スニーカー¥94,600(トッズ/トッズ・ジャパン)

PIPPICHICのカラフルサンダル
D.A.T.E.のマルチカラースニーカー

コーデの完成度を上げる差し色靴
上から スニーカー¥34,100(デイト/ティースクエア プレスルーム)サンダル赤¥33,000(ピッピシック/ベイジュ)ピンク¥31,900(ピッピシック/RHC ロンハーマン)(乾 千恵さん)

スタイリストがつい頼る「バッグ」8選

Bag─バッグ

VASICの〝ウェルズ〟

ステッチのワンディテールが光る!
「大小サイズとも、カジュアルにとにかく合わせやすい〝ウェルズ〟。ミニマルでいてステッチデザインが感度高め」(金子 綾さん)
巾着バッグ[大]¥38,500[小]¥31,900(ともにVASIC/ヴァジックジャパン)

隠れ万能アイテムのマルチ&バイカラー
PIERRE HARDYの〝アルファ〟

派手な多色使いが意外とオルマイ
「服の一色やトーンとリンクさせるとコーデがグッと引き締まります」(石関靖子さん)
バッグ[大]¥135,300[小]¥101,200(ともにピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)

VASICの〝アペロ〟

学校~お仕事OKの〝ミニ〟サイズが特に優秀
「シンプルながらコロンとしたフォルムやノットディテール、曖昧カラーがオシャレを底上げ」(大野千歩さん)
バッグ[大]ミニ¥49,500[小]ミニミニ¥40,700(ともにVASIC/ヴァジックジャパン)

J&M Davidsonのキャンバストート
A.P.C.のかごトート

異素材バイカラーがどんな服も格上げ
「バイカラーがどんな服装にも馴染みながら格上げ」(福田麻琴さん)
上から キャンバスバッグ¥77,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)かごバッグ¥51,700(A.P.C./アー・ペー・セー カスタマーサービス)

JW PEIの〝ギャビー〟

キャッチーな差し色にクロワッサンバッグ
「シュシュのようなデザインがセレブにも話題のクロワッサンバッグ。発色がキュートで、差し色に重宝」(岩田槙子さん)
バッグ各¥12,100(ともにJW PEI/オデット エ オディール 新宿店)

ZARAのカラフルポシェット

実用性とアクセ要らずの存在感が!
「コスパで旬のデザインといえばZARA一択! チェーンポシェットはアクセ要らずで便利」(池田 敬さん)
上から バッグ¥5,990、¥4,990(ともにZARA/ザラ カスタマーサービス)

ZANCHETTIのチェーンバッグ

一点で上半身が一気に華やぐバッグ
「ストラップのチェーンが存在感抜群でアクセ以上の華やかさ。トレンドの取り入れ方も上手なので重宝します」(乾 千恵さん)
チェーンバッグ¥198,000(ザンケッティ/エリオポール代官山)

スタイリストがつい頼る「アクセ」6選

Accessories─アクセ

COUDREのパールピアス
MARIA BLACKのフープピアス

脱どコンサバな10ミリパール!
「私生活でも耳に埋めたいぐらい(笑)、ヘビロテ中の10ミリパール。エッジを効かせたいときはアシメなフープも」(金子 綾さん)
パールピアス¥55,000(クードル/ミキリ)シングルフープピアス¥44,000(マリア ブラック/ショールーム セッション)

blanc irisの変形フープピアス

ひねりの効いた地金デザインが◎
「洗練された曲線デザインがキレイめシーンでも悪目立ちせず◎。リングも好き」(石関靖子さん)
ピアス[シルバー]¥24,200[ゴールド]¥37,400(ともにブランイリス/ブランイリス 東京)

In moodのチェーンネックレス

シンプルトップスの心許なさ解消!
「シンプルコーデを盛り上げるボリュームチェーンは毎回リースします」(大野千歩さん)
右から¥10,450、¥11,000、¥10,450(すべてイン ムード/フォーティーン ショールーム)

服で盛れないシーンにも活躍
SOPHIE BUHAIのシルバーアクセ

シンプルなワンツー上下を盛れる造形美
「シンプルなワンツーコーデにモダンなエッセンスを盛れる欠かせない存在です」(福田麻琴さん)

小ぶりでも存在感たっぷりなデザイン!
「ブハイならではの重厚感や存在感が他にはない逸品。服をシンプルに抑えるシーンでも品良く馴染んで、コーデを格上げ」(岩田槙子さん)
ブレスレット¥113,300 ピアス¥52,800(ともにソフィー ブハイ/エスケーパーズオンライン)

MIZUKIのパールジュエリー

デザインパールは学校シーンにも
「本格パールでありながら高いデザイン性でコンサバも垢抜けます」(池田 敬さん)
ピアス¥75,900 ネックレス[ロング]¥182,600 ネックレス¥143,000(すべてミズキ/ロンハーマン)

MARIHAのネックレス

ユニセックスも登場しますます幅広い服に!
「夏に向けシンプルになる胸元に。既存のマリハと一線を画すユニセックスアイテムも幅広く使えて大注目」(乾 千恵さん)
右から ネックレス¥37,400、¥47,300、¥25,300(すべてマリハ)

スタイリストがつい頼る「即効小物」6選

Other Items─その他

ヘアアクセにも厚い信頼が!
SOPHIE BUHAIの黒カチューシャ

誰でも品良く大人可愛く!
「数あるカチューシャの中でも、可愛いのに大人が品良く身につけられるフォルムは貴重!」(金子 綾さん)

シンプルでいて横顔も盛れる立体感
「どんなモデルの顔まわりにも不思議とマッチするフォルムで、リースのたびに借りています」(石関靖子さん)
カチューシャ右から ¥34,100 ¥25,300(ともにソフィー ブハイ/エスケーパーズオンライン)

SPORTY&RICHのロゴキャップ

アパルトモンのセレクトが優秀!
「話題ブランドですが、色味が大人に使いやすいアパルトモンのセレクトが狙い目で見つけると必ず借りています」(大野千歩さん)
キャップ各¥6,600(ともにスポーティアンドリッチ/アパルトモン 青山店)

EYEVANのサングラス

幅広いモデルに似合う旬のフレームが多数
「誰にでも似合いやすいフレームのフォルムが秀逸! 旬なデザインが豊富なのも○」(福田麻琴さん)
上から サングラス¥33,000 ¥41,800(ともにアイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)

PROGRESS RUNNING CLUBのロゴキャップ

ヴィンテージ風で程よい脱力感!
「ヴィンテージライクなロゴでキレイめコーデに抜け感やニュアンスを出したいときに重宝」(岩田槙子さん)
キャップ各¥5,940(ともにプログレス ランニング クラブ/フレームワーク ルミネ新宿店)

MOSCOTのアイウェア

今どきのツボを押さえ服を選ばない一本
「公私とも愛用しているサングラスブランド。太めのフレームや色合いなど、今どきのツボを押さえたデザインが秀逸です」(池田 敬さん)
¥39,600(モスコット/モスコット トウキョウ)

manipuriのスカーフ
ASAUCE MÊLERのストール

春夏こそ仕上げに活躍する2大巻き物
「薄着の時季、全身で何か物足りない…というときの仕上げに。ヘアやバッグに巻いたりも!」(乾 千恵さん)
右から スカーフ各¥17,600(ともにマニプリ)ストール¥31,900(アソース メレ/アイネックス)

VERYスタイリストはこちら!

女っぽモード派 金子 綾さん

数多くのブランドコラボも大人気。第2子出産を機に出版されたマタニティ本も話題に。

辛口カジュアル派 石関靖子さん

本誌の他、タレントや文化人からの指名も多数。辛口なスタイリングとトークに定評あり。

リッチトラッド派 大野千歩さん

シンプルでいてリッチな奥行きあるスタイリングに定評が。1月に次女を出産し姉妹のママに。

目利きカジュアル派 福田麻琴さん

独自の審美眼で多分野の名品を紹介するInstagramやYouTubeチャンネルも大人気。

女っぽリラクシー派 岩田槙子さん

リアルに寄り添いながら感度の高さを感じるカジュアルが得意。私生活は小学生ママ。

モードコンサバ派 池田 敬さん

パパ目線を加味した品良く女らしいスタイリングで、VERY、NaVY両誌で活躍中。2女の父。

甘トレンド派 乾 千恵さん

大人の甘さや華やかさを体現したコーデが得意。私生活では着物を嗜む多趣味な面も。

撮影/草間智博〈TENT〉 スタイリング/東 美穂 取材・文/鍋嶋まどか 編集/引田沙羅
*VERY2022年6月号「【大特集】あらゆるシーンをノンストップで横断できちゃう心強い味方 ONもOFFもこれで乗り切る 私たちにはオールマイティ服がある! Part 2 いま欲しいのは、〝ひとクセオールマイティ〟服」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE