VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

「クリアな明るい肌になりたい!」にベネフィークのトリプルケアがいい

2022/05/BENEFIQUE_mv.jpg
「ちょっと疲れていない?」なんて言われてしまうの、やっぱりショックですよね。いきいきと明るさのある肌には、やっぱり日々のお手入れが大切です。VERY世代には、いくつもアイテムを重ねなくてもいい、でも、“お手入れした”って満足感もある「トリプルケア」がちょうどいいみたい。
2022/05/BENEFIQUE_01.jpg
気温とともに湿度も高くなってくる6月。「乾燥はあまり気にならないし……」とお手入れを怠ってはいませんか? 実はこの時期、肌表面の保湿バリア機能の低下を自覚しないまま“乾燥”状態になりやすい傾向が……。こんなときこそ、ベタつきを感じない使い心地にこだわった保湿ケアを取り入れるのがオススメなんです。

6月に肌不調が起こる3つの理由

汗・皮脂の分泌が増える

エアコンの除湿で〝隠れ乾燥〟に

紫外線がより強くなる

めざめる
みちる
つづく

ベネフィークのスキンケアは
トリプルケアでクリアな明るい肌に!

2022/05/BENEFIQUE_02.jpg
自分だけでは解決できない“美の戸惑い”が生じ、肌と心に先行き不透明感を抱えているすべての女性に寄り添ってくれるのが「ベネフィーク」。着目したのは、肌本来の美しさの力。植物の力・大地からの恵みを選りすぐった「パワーボタニカル成分」を配合。ベネフィークのスキンケアは、浄化して、恵みのうるおいをめぐらせて、くもりのない芯からクリアな美しさへ導きます。 ※ケイヒエキス・トウキエキス・ジオウエキス・グリセリン:保湿
めざめる

ベネフィーク リセットクリア Nで
不要なものを取り去り次のスキンケアの浸透感UP

洗顔でも取り切れない、サビのように残る皮脂や浸透・透明感の妨げとなる不要な角質をしっかり優しく取り去り、次のスキンケアの浸透感を高めてくれるふきとり化粧液。「最近スキンケアが効かない・入っていかない気がする」なんて悩んでいる人には、まず試してほしい1本です。 ベネフィーク リセットクリア N 200ml ¥4,400*編集部調べ(資生堂)
みちる

ベネフィーク クリアローションで
うるおいを深く浸透※1させる

明るさがめざめた肌に、深く浸透※1してうるおいと明るさで満たしてくれる化粧水です。パワーボタニカル成分※2だけでなく、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ薬用美白有効成分の「m-トラネキサム酸※3」も配合しているので、乾燥やハリ悩みだけでなくシミ予防など、複合的なお悩みケアにもぴったり。質感違いの3種から好みに合わせて選んで。 ベネフィーク クリアローション Ⅱ[医薬部外品] 170ml ¥4,950*編集部調べ(資生堂) ※1角質層まで ※2ケイヒエキス・トウキエキス・ジオウエキス・グリセリン:保湿 ※3トラネキサム酸
つづく

スッと浸透する
ベネフィーク クリアエマルジョンで
うるおいを持続させる

明るさで満たされた肌に、さらにうるおいを密着&閉じ込めさせる“シメ”の乳液。薬用美白有効成分も配合し、ハリ・弾力・透明感を与えて、うるおって明るい肌をキープ! みずみずしい感触からしっとり感触まで、3タイプから好きな使い心地をセレクトできるところも魅力です。 ベネフィーク クリアエマルジョンC[医薬部外品]130ml ¥6,050*編集部調べ(資生堂)

ちょっとの「丁寧さ」
もっとスキンケアが楽しく、
もっと実感できる

トリプルケアを効率的にするダブルフェイスコットン Nでお手入れをするのがオススメ。ベネフィーク リセットクリア Nはブルーのふきとり用のメッシュ面で、ベネフィーク クリアローションは馴染ませ用のソフト面を使って。どちらの面も肌当たりがよく、毛羽立ちにくいこだわりの一品です。 ベネフィーク ダブルフェイスコットン N 180枚 ¥770*編集部調べ(資生堂)

きしまない・白浮きしない
塗り心地極上の“さらさら系”
日焼け止め用美容液は
6月の必須アイテム

紫外線や赤外線を含む太陽光、空気中の微粒子や汚れ、乾燥から肌をマルチにプロテクト。パワフルに肌を守りながら、日焼け止めにありがちな肌の乾き感やベタつき、きしみ・白浮きなど、ストレスのない使用感にもこだわった最新作。天気が変わりやすい6月こそ、心地よく肌を守る新習慣を始めてみて。 ベネフィーク クリアUVエッセンス(UV&IR)50ml SPF50+・PA++++ ¥3,850*編集部調べ(資生堂)

6月の肌不調のために
スキンケアでやっておきたい3つのこと

不要な汚れや角質をクリアにして、スキンケアの土台作り

うるおいを与えて、明るさで満たす

うるおいと明るさを閉じ込める

雨も多く、おうち時間が多いからこそ、肌と向き合うのもいいタイミング。本格的な夏を前に、ふきとり化粧液・化粧水・乳液というトリプルケアをルーティンにして、トラブル知らずのヘルシーな肌を手に入れて。

乾燥するシーズンでなければなんとなく「ま、いっか」と手を抜きがちなのがスキンケア。
6月は特に湿度も高くなってくるから勘違いしてしまいますが、むしろ“隠れ乾燥”といえる状態になりがち。ベネフィークのトリプルスキンケアでしっかりケアしてあげたいですね。

お問合わせ先/資生堂 お客さま窓口
フリーダイヤル 0120-81-4710
受付時間:9:30~17:00(土日・祝日・夏期休暇・年末年始を除く)

【モデル着用1枚目】シャツ[ニットワンピースセット]¥26,400(アルページュストーリー/アルページュストーリー プレスルーム)ピアス¥7,700(アビステ)その他はスタイリスト私物【モデル着用2枚目】タンクトップ¥6.930(アルページュストーリー/アルページュストーリー プレスルーム)
撮影/松永大樹(人物)、李有珍〈aosora〉(静物) ヘア・メーク/廣瀬浩介 スタイリング/山本有紀 モデル/牧野紗弥 取材・文/矢﨑 彩
この記事もおすすめ

FEATURE