VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【デニム好きの夏コーデ5選】ヘルシーで今どきな『夏カジュアル』の作り方!

トレンドアイテムの受け止め手になるベーシックアイテムも、シーズンに合わせて更新することで毎日のコーディネートが洗練されます。今回はカットソー×デニム派におすすめの着回しアイテムをご紹介!足元は基本ペタンコなので、どカジュアルにならないように、ラフな中にも女っぽさが覗くシルエットや質感重視でピックアップ。

デニムヘルシー派のベーシックは
体をきれいに見せる
カジュアルアイテムで女っぷりUP!

 

デニム×タンクはヘルシー派の夏の定番スタイル。今年はトレンドのアメスリにすると更新感が味わえます!
タンク¥8,800(エイチ ビューティ&ユース)デニムパンツ¥31,900(アンスクリア×デミルクス ビームス/ビームス ハウス 丸の内)バッグ¥39,600〈へリュー〉ブレスレット¥7,150〈エスネ〉(ともにアーセンス ルミネ新宿1)サンダル¥64,900(ギア ボルギーニ/エイチ ビューティ&ユース)

タンクはアメスリで更新感
カップつきが便利

Hのカップつきアメスリ

リブ素材でヘルシーな肌見せが叶う。タンク¥8,800(エイチ ビューティ&ユース)

ワイドなサテンパンツはビーサンでご近所に、ヒールで都会的にと着こなしの幅が広い便利アイテム。
ニット¥19,800(ガリャルダガランテ/ガリャルダガランテ 表参道店)タンク¥9,900(エストネーション)サテンパンツ¥20,900(ル フィル/ル フィル NEWoMan 新宿店)ピアス¥5,500(アルアバイル)バッグ¥42,900(モダン ウィーヴィング/ショールーム セッション)ビーサン¥15,400(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

マットなサテンのリッチ感で
ラクなのに女っぽいも叶う

LE PHILのサテンパンツ

リラクシーなワイドシルエット。パンツ¥20,900(ル フィル/ル フィル NEWoMan 新宿店)

体に沿うシルエットも腰まわりが隠れる丈のシャツと合わせたら着やすい♪
シアーシャツ¥18,700(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)カップインタンク¥7,480(AKTE)ニットスカート¥15,400(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)バッグ¥29,700(メアリ オル ターナ/アダム エ ロペ)スニーカー¥22,000(ノベスタ/ビームス ハウス 丸の内)

スニーカーにも合って
即、女っぽくなれる!

Whim Gazetteのニットスカート

毎シーズンの定番人気。スカート¥15,400(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)

人気上昇中のオーバーオールは太すぎないシルエットを選ぶと大人っぽく着られます。タンク合わせの肌見せがヘルシー。
オーバーオール¥28,600(イウエン マトフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)リブタンク¥12,100(RHC ロンハーマン)キャップ¥8,800(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)バッグ¥24,200(ルル・ウィルビー/アルアバイル)ピアス¥3,520(AKTE)黒トングサンダル¥17,600(トゥデイフル/Life’s 代官山店)

ボタンもオールブラックで
大人に着られるデザイン

AEWEN MATOPHのオーバーオール

ノースリ合わせがオススメ。オーバーオール¥28,600(イウエン マトフ/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)

白Tデニムにコンバースの究極のベーシックスタイルは、デニムに主張があったり、コンバースを色にしたりとちょっとアクセントを入れると垢抜けます。
パックTee¥9,350(ヘインズ フォー RHC/RHC ロンハーマン)デニムパンツ¥15,400(ファイブ&ハーフ/スピック&スパン ルミネ有楽町店)バッグ¥37,400(ヴァジック/ヴァジック ジャパン)サングラス¥20,900(ロンハーマン)バングル¥22,000(フィリップ オーディベール/ビームス ハウス 丸の内)スニーカー¥9,900(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)

白Tシャツとノースリの
使える2アイテム入り

Hanes for RHCのパックTシャツ

タイトすぎないコンパクト感。パックTee¥9,350(ヘインズ フォー RHC/RHCロンハーマン)

Tシャツが洒落見え!
脚長効果も期待できる

5 1/2のフレアデニム

スタイルアップに定評のあるデニムレーベル。デニムパンツ¥15,400(ファイブ&ハーフ/スピック&スパン ルミネ有楽町店)

撮影/菊地 史〈impress+〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/岩田槙子 ヘア・メーク/TOMIE モデル/浅見れいな 取材・文/栗生果奈 編集/翁長瑠璃子
*VERY2022年6月号「【大特集】あらゆるシーンをノンストップで横断できちゃう心強い味方 ONもOFFもこれで乗り切る 私たちにはオールマイティ服がある! Part4 それぞれの派別オールマイティ・ベーシック」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE