VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【オシャレママの最新サブバッグ事情】カブらない“子ども用バッグ”が使える!

今、大人のレッスンバッグ持ちが流行中!人気の火付け役「ピオヌンナル」をはじめ、大人が持っても可愛いバッグの選択肢が増えてます。今回はオシャレママのサブバッグを拝見!人とカブらない“子ども用バッグ”に注目です。

子ども用のつもりが
気に入って今では
私の必需品に

柴田 望さん(4歳・2歳男の子ママ)

経営する美容サロンのお仕事は平日メイン。サロンワークの日は保育園へお迎えの後、子どもの習い事へ直行の日もあります。子どものバッグを私が一人持ち歩くのは、ちょっと……と思い、探して見つけたのが、このMojocamar。明るい色が何にでも合わせやすいので白をチョイスしました。元々は息子たち用に購入しましたが、今や完全に私の必需品です。

Mojocamar

モジョカマーという名の新星バッグブランド。一針一針プロの職人の手で仕上げているスモッキング刺繍が目印に。

今季注目アイテムの
シアーニットでランチデート

オーバーサイズなシアーニットは、ウエストインして女らしさとスタイルをキープ。夫とランチデートの後は、出先から園へ迎えに行くことも。子どもの習い事セットなどを入れています。

息子たちと週末、新オープンの
アイスクリーム屋さんへ

大胆な配色とデザインのワンピースは、今季のUN3D.のもの。展示会で試着し、デザインとは裏腹な着たときのシルエットに一目惚れ。インナーはバルーン袖のカットソーを合わせて。

サロンワークの日は
カジュアルなパンツスタイルで

もくもくスカラップカットのトップスはMEER.、デニムパンツは無印、靴はAmeri VINTAGE。ヴァレクストラのバッグは、白と黒のバイカラーで合わせやすくコーデが広がります。

▶︎▶︎my subbag

ユニクロの伊達メガネは完売必至で友人から教えてもらいました。POP-UPストアのノベルティで頂いたアンミヌのエコバッグは使い勝手が良くヘビロテしています。

撮影/イ ガンヒョン 取材・文/綾戸ゆうこ 編集/永吉徳子
*VERY2022年5月号「サブバッグは〝レッスンバッグ〟」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE