VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【今どき運動会小物17選】ラフ過ぎない“きちんと感”が好感度大!

運動会や遠足は、実はパパママ同士の社交の場でもあります。行事が縮小&時短化する今、普段とキャラを変えずに延長線上の自分らしいオシャレが人気に。今回は、ママのタイプ別に運動会や遠足に欠かせない小物をピックアップ。機能性と見た目を兼ね備えた小物で、気分も盛り上がるはず!

きちんとしつつ親近感も欲しい派

きちんと感を大切にしつつ、おそと行事を盛り上げるヘルシーさが親近感の鍵です!

2個持ち前提のトートは
カラーで生活感を払拭!

上から、バッグ〈高さ38×幅34×マチ9.5㎝〉¥12,100(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)トートバッグ〈高さ40×幅56×マチ15㎝〉¥14,300(ノマディス/プルミエ アロンディスモン)

実はきちんと服と好相性!
キャップで抜け感を

Tブラウスやジャケットに今っぽいヘルシーさを添えてくれる名脇役。スポーティすぎないベージュで優しげに。
キャップ¥8,800(ポロ ラルフ ローレン/ラルフ ローレン)

4桁で程よくきちんと!
バレエ&厚底ローファー

上から、バレエシューズ〈H1㎝〉¥9,680(ル タロン/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店)厚底ローファー〈H3.5㎝〉¥7,500(オリエンタルトラフィック/ダブルエー)

定番の白スニーカーは
「VEJA」が支持率No.1

スポーティすぎない白ローテクを。
上から、スニーカー¥25,410 スニーカー〈H3㎝〉¥22,000(ともにヴェジャ/シードコーポレーション)

ラフでもオフィシャル感が欲しい派

いつもの機能性に長けた公園カジュアルにオフィシャル感を加えて、好感度をキープ!

バランスを取りやすい
〝10L以下〟でこなれ感を

バックパックも小ぶりサイズを厳選してカジュアル感をセーブ。都会的に見える10L以下を推奨。
バックパック[7L]〈高さ32×幅22×マチ12㎝〉¥8,800(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)

つけっぱなしでも気取って見えない
クリアサングラス

目元が透けるから表情がわかりやすくマスクでもおしゃれ。
上から、サングラス¥22,000(A.D.S.R./4K)サングラス¥38,500(アヤメ)

グルカやスポサンで
スニーカー一択から脱出

ソックス合わせも楽しめる。
上から、サンダル[ユニバーサル トレイル エイトン]¥19,800(TEVA®/エイトン青山)グルカサンダル¥22,000(ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)

小さいけれど効いてる!
派手色ミニバッグ

上から、ポシェット¥8,800(アドカラム/アダム エ ロペ)ボディバッグ¥4,620(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)ポシェット¥7,700(アウトドアプロダクツ×フリークス ストア/フリークス ストア渋谷)

ハットは力の入れどころ!
紫外線対策もおしゃれに

スタイリストいち推し。ラフすぎない品の良さが絶妙。
リネンハット各¥13,200(メゾンドリリス/ギミックス)

.

撮影/草間智博〈TENT〉 スタイリング/岩田槙子 取材・文/増田奈津子 編集/太田彩子 
*VERY2022年5月号「それぞれの運動会&遠足コーデ考察」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE