VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【白×黒コーデの着痩せテク3選】“重ね着”が手持ち服でこなれるコツ!

ここ最近、気づけばみんなが取り入れていた、シャツやブラウスをベースとした〝重ね着〟。簡単にオシャレしている感じやきちんとした雰囲気が出せるのが人気の理由。今回は、定番「白×黒コーデ」がグッと垢抜けるレイヤードテク3選をご紹介します!

こちらの記事も読まれています

▶︎申 真衣さんが着る!着心地のいい服7選

読者の証言から見えてきた
私たちが
重ね着オシャレをする理由

一張羅がなくてもオシャレになれる

初めましてにぴったりな柔らかな白で
爽やかに好感度をアップできる

ミックスツイードのような風合いのニットベストはフェミニンな雰囲気ときちんと感を叶えてくれる一枚。春らしいセーラーカラーのブラウスに重ねてフレッシュな印象に。ベルトでウエストマークするのも今っぽい。
ニットベスト¥30,800 セーラーカラーブラウス¥20,900(ともにマルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)パンツ¥23,100(ル フィル/LE PHIL NEWoMan 新宿店)バッグ¥267,300(トッズ/トッズ・ジャパン)パンプス¥111,100(ジャンヴィト ロッシ/ジージーアール ジャパン)ベルト¥17,600(メゾンボワネ/デ・プレ)パールピアス¥91,300(SOPHIE BUHAI/エスケーパーズオンライン)

体形カバーできる
  たとえレギンスでも!

しっかり生地のプルオーバーベストで
タイトなレギンス合わせも難なくクリア

ちょっぴり落ちた肩のデザインに後ろ下がりのフォルム、しっかりとした生地感と体形カバーの要素をたっぷりと詰め込んだ一枚。スポーティなレギンス合わせも安心。気になる腰回りもカバーしつつ、すっきりと見せてくれます。
Vネックベスト¥27,500(アストラット/アストラット 新宿店)カットソー¥13,750(ADAWAS/ショールーム セッション)レギンス¥12,800(ルルレモン)首にかけたバッグ¥7,700(オーフ ウェア/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)ローファー¥83,600(トッズ/トッズ・ジャパン)トートバッグ¥45,100(ステイト オブ エスケープ/サザビーリーグ)ハット¥35,200(エントワフェイン/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)

ウエストをインにしたスタイルは、可愛いと思っても最近は躊躇しがち。一度はいて、最近すっかり好きになったルルレモンのアラインパンツも腰回りを隠すことが必須なのでそんなときも重ね着でバランスを取りたくなります。
(本田 恵さん・35歳・子ども2歳・0歳)

今っぽいバランスになる
  たとえ3年前のシャツでも!

ジレを重ねるだけで、定番顔が
一気に今年っぽい表情にシフトする

ゆったりとしたオーバーサイズ&バンドカラーの3年前のシャツはもはや定番と言えるアイテム。ジレを重ねることでグンと今っぽい表情に。ちょっとした買物やママ友とご近所カフェでのお茶など、いつものデイリースタイルがオシャレに格上げできるのが嬉しい。
シャツは3年前に購入の私物 ジレ¥30,800(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)デニムパンツ¥28,600(リステア/ルシェルブルー総合カスタマーサービス)バッグ¥63,800(ザンゲッティ/Room3138)スカーフ¥14,300(スロー/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)シューズ¥107,800(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)

3年前のシャツ。気に入って買ったしトレンドのディテールがついているわけでもない。お気に入りを長く着用することも増えたいま、重ね着することで今っぽくなれるって嬉しい限り。ごまかすというより、少しだけバランスを調整する感覚です。
(石塚佳子さん・40歳・子ども3歳)

.

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy company〉 モデル/申 真衣 スタイリング/斉藤美恵 ヘア・メーク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 取材・文/志摩有子 編集/藤田摩吏子
*VERY2022年4月号「【大特集】好感度で高感度!初めましてシーンの重ね技 Part1 私たちが重ね着オシャレをする理由」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE