VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

『黒ストッキング』が今新鮮!チラ見せで差がつく最旬スタイル

真冬のオシャレとは切っても切り離せない防寒対策。靴とボトムスをどう繫ぐかは、毎年の課題です。そこでほっこりしがちなソックスやタイツの足元レイヤードをコンサバさんも取り入れやすい「黒ストッキング」で、今年らしく更新する方法を教えます。

こちらの記事も読まれています

▶︎愛媛百貨でサスティナブル生活始めよう!

ちょっぴり見える
素肌を埋めるのに
黒ストッキングが新鮮!

オシャレな人たちの間でジワジワきている黒ストッキング。タイツよりも肌感があるから、どこか洗練されて見えると評判です。ロングブーツから、パンプスから、スニーカーから…どんな靴からチラリとのぞかせても、一気に最旬スタイルにアップデート。

◉お手本は
スタイリスト 安西こずえさん

シアー素材人気は足元まで。なんだか老けて見えそうと悩んだら華奢な足元がお得意のCOZさんをチェック!

靴下より抜け感があって
素足より寒々しく見えない!


【Tabio】

靴下だと幼くなりがちなローファーも、ストッキング効果でどこか女らしいスタイルに。白デニムでもコントラストがつきすぎず、スタイルにフィット。
ソックス¥880(タビオ/タビオ株式会社)ローファー¥83,600(トッズ/トッズ・ジャパン)ニット¥19,800(アンクレイヴ)シャツ¥19,580(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)ジャケット¥107,800(ebure/ebure GINZA SIX店)コート¥132,000(リジエール/アパルトモン 青山店)パンツ¥25,300(ヤヌーク/ガリャルダガランテ表参道店)バッグ¥187,000(ザンケッティ/ドゥーズィエム クラス 青山店)

全身黒のロングブーツコーデは
ワンピース投入で可愛げを標準装備


【ATSUGI】

質感の違う黒を重ねたオールブラックコーデにもストッキングは有効。ロングブーツとワンピースの間をシアーな黒がつなぎ、少し肌感がのぞくだけで、コーディネートに奥行きが生まれ、スッキリ見えます。
ストッキング¥1,650(エクスエール/アツギ株式会社)ブーツ¥88,000(カチム)ダウンベスト¥42,900(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)ワンピース¥23,100(アルページュストーリー)バッグ¥38,500(ヴァジック/ヴァジックジャパン)ピアス¥19,800(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)

クラシックなメリージェーン靴に
ドットストッキングが抜群のハーモニー


【PIERRE MANTOUX】

デニムこそ靴との隙間の埋め方が重要。パッと目に入るソックス型ストッキングなら、はくのも楽ちん。細身のデニムでももたつかずにさりげなく女らしさを盛れます。ドット柄でひと味違った遊び心をトッピング。
ソックス¥3,520(ピエールマントゥ/ステッラ)シューズ¥45,100(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)衿付きニット¥17,600(ソブ/フィルム)パンツ¥20,900(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)コート¥21,000(プラステ)ピアス¥68,860(MAAYA)

ニュアンスカラーコーデになじみつつ
スニーカーとのアンバランスさも♡


【SABRINA】

カジュアル感が際立つスニーカーこそ、ストッキングで洒落感を。今季も多い白スカートも薄いからコントラストがつきすぎず好バランス。ストッキングは保温素材で薄手でも暖かい!
ストッキング¥550(サブリナ/グンゼ株式会社)シューズ¥10,900(ニュー バランス)ブルゾン¥70,400(シュタンバウム/アパルトモン 青山店)ニット¥64,900 キャップ¥4,620(ともにドゥーズィエム クラス/ドゥーズィエム クラス 青山店)スカート¥14,300(アダム エ ロペ/ジュンカスタマーセンター)バッグ¥48,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)

.

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉(人物)、五十嵐 洋(静物) スタイリング/竹村はま子 ヘア・メーク/後藤若菜〈ROI〉 モデル/神山まりあ 取材・文/塚田有紀子、木村幼奈 編集/磯野文子 撮影協力/ストックマート
*VERY2022年1月号「防寒しつつオシャレな足元見せてください!」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE