VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【yori・高橋誉子さん 3人目の赤ちゃんライフ】買い足した「7種の神器」

VERY読者から圧倒的支持を得ている人気ブランドyoriのデザイナー髙橋さんが1月に出産を控えていると聞きつけ、密着取材。41歳になり、8年ぶりの出産を迎える現在の心境や出産準備など、根掘り葉掘り教えてもらいました。

※掲載中の情報は2022年1月号掲載時のものです。

家では基本的に腰丈のニット+レギンスのリラックススタイルが定番。だからこそ、ピンクや白など明るい色のトップスで血色アップを図ります。ニットはyori、レギンスはH&Mのもの。

2度の出産や
SNSでの情報収集…
3人目の今が一番
自分らしい妊婦Lifeです!

8年ぶりの妊娠はまさに浦島太郎状態!(笑) ただ、上の子たちのときと明らかに違うのは、焦らず自分のペースで準備ができていることです。長男を妊娠したときは特に、情報源といえば、〝たまひよ〟や〝ウィメンズパーク〟で、妊娠がわかったら真っ先にマタニティグッズを一通り揃えたりしましたが、今回はまず最近出産をしたママ友やインスタから情報収集。洋服も今お腹が大きくなってから必要なものを厳選し、ベビーグッズも新調するものとお友達からのお下がりをいただけるものをリスト化してみました。3人目になってやっとのんびり、出産までの時間を自分らしく楽しめている気がします。上2人も末っ子が生まれる実感が湧いてきたようで、家族みんな、今か今かと心待ちにしています。


◉Profile
2015年、子どもが3歳、2歳のときyoriを設立。現在小学4年生の男の子と、小学2年生の女の子ママで、1月に第3子出産予定。自身のインスタグラム@yoko915では、マタニティファッションやライフスタイルを発信。

取捨選択しつつ、
どうせなら最新鋭も楽しみたい♡

3人目の赤ちゃんライフ
買い足し7種の神器

2度の経験値をもとに新しく買い足したものは、どれも快適さと自分らしさにこだわった選りすぐり。ベビーカーやベビーチェアなど、大型のものは特に慎重にインスタで検索したり、ママ友にリサーチして決定。また3人目なら、上の子たちと一緒にリビングで過ごす時間が多いことを想定し、インテリアと馴染むアイテムを選んだりと、どんなものにしようか考えるのも今だけの楽しみです。

1.
チャーリークレーンの
バウンサー

妊娠が判明して、最初に買ったのがバウンサー。木の温もりが可愛くて一目惚れ。ネットショップで購入。

2.
UNIQLOの
エアリズムインナー

下着はワンサイズUPしたユニクロのエアリズムのブラキャミと、深ばきタイプのシームレスショーツをサイズアップ。ショーツはおへそまで隠れる丈感が安心。

3.
ホームステッドの
シェーカーオーバルBOX

おむつや爪切りなど、ベビーグッズの収納ボックスはリビングに置いていてもインテリアの邪魔にならないものを探していて楽天で発見。

4.
ピオヌンナルの
トートバッグ

サイズ違いや色違い、ショルダーつきなど、その日のスケジュールによって使い分け予定。

5.
サイベックスの
メリオ カーボン

一番進化を感じたベビーカーは軽さが決め手。夫が押しても浮かないよう、ディープブラックをセレクト。

6.
ストッケのトリップトラップ
&ニューボーンセット

ストッケのトリップ トラップとニューボーンセットは、友人からの出産祝いにリクエスト。ダイニングの色味を考えて、ヘイジーグレーをお願いしました。

7.
テスラのモデル3

車高が高く赤ちゃんを乗せたりするのが大変になることを予想し、ゲレンデから乗り換え。

使いやすいエルゴは
お下がりを活用!

エルゴの抱っこ紐や、チャイルドシートなど、使い勝手があまり変わらないものは、友人たちのお下がりを有り難く活用。

.

撮影/久保嘉範 ヘア・メーク/陣内勇人 取材・文/田中幸恵 編集/引田沙羅
*VERY2022年1月号「yoriデザイナー髙橋誉子さんの〝経験値マタニティ〟Life」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE