VERY July 2022

VERY

July 2022

2022年6月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【今どき“サマ見え”カーデ12選】羽織るだけでこなれて見える!シーン別活用術

年末年始のイベントに欠かせない、動きやすさと暖かさを兼ね備えたニットカーデ。トレンドの甘服に合わせるハンサムカーデとシンプルなTシャツに合わせるデザインカーデ。それぞれシーンに応じてサマになる着こなしルールを押さえて、今年らしい装いに♡今どきニットカーデを使ったコーディネート12選をご紹介します。

 

こちらの記事も読まれています

▶︎【Holiday Special】滝沢眞規子さんが着こなす”サルヴァトーレ フェラガモSTYLE”5days!

ジャケット的に使える「ブルゾンカーデ」

トレンドの甘服をレイヤードでオシャレ度アップさせるのは地味めカーデ。

【Mystrada】

クルーネック&スナップボタンでブルゾンのデザインを踏襲したカーディガンが豊富に揃う今シーズン。手持ちの衿コンシャスブラウスとのレイヤードもしやすいデザインで汎用性も高め。シルエットがキレイとスタッフ間でも話題だったハンサムなゆるカーデの力を借りれば、甘ブラウス×黒パンツのキレイめな組み合わせも抜け感のある着こなしに。
カーディガン¥26,400(マイストラーダ)ブラウス¥41,800(shirocon/yori)パンツ¥18,700(ルーニィ)バッグ¥62,700(FURLA/FURLA JAPAN)パンプス¥57,200(ペリーコ/アマン)ピアス¥18,700(ココシュニック オンキッチュ/ココシュニック)

【Shinzone】

キレイめカーデを羽織るとコンサバに転びがちなドットブラウスもブルゾンカーデとのレイヤードで、カッコよさと女っぽさを両立した理想のスタイルに。カジュアルライクなカーデも全体を黒でまとめればキレイめシーンにも対応。上半身をコンパクトに見せる丈感でスタイルアップにも一役。
カーディガン¥20,900(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)ブラウス¥27,500(カリテ/カリテ スケープ コレド日本橋店)パンツ¥9,460(Mila Owen)バッグ¥25,300(ヴィオラドーロ/ピーチ)ピアス¥6,732(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)

【ELENDEEK】

さりげなくトレンドも押さえておきたいママ友ランチに今年顔のボウタイブラウスは適任だけど、ジャケットを羽織るとかしこまりすぎるので要注意。キレイ色のブルゾンカーデに頼れば、がんばりすぎないけど華やかな着こなしが難なく完成。インナーのブラウスはインせずアウトでゆるめに着るのが今年っぽい。
カーディガン¥28,600(ELENDEEK)ブラウス¥18,700(ダブルスタンダード クロージング/フィルム)パンツ¥36,300(サクラ/インターリブ)バッグ¥30,800(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)イヤリング¥3,150(アビステ)

 

オシャレのバランサーに「渋おじカーデ」

年末年始のオシャレ気分を“おうちで浮かない”バランスに仕上げてくれるのが地味めカーデ!

【UNIQLO】

よそ行き顔のシースルーワンピも、渋色&ビッグシルエットのメンズライクなカーデでカジュアルダウンすれば、おうち仕様に早変わり。たくさん食べたり飲んだりしても窮屈にならない最強コンビ。
カーディガン[メンズ]¥3,990(UNIQLO)ワンピース¥30,800(アッパーハイツ/ゲストリスト)シューズ¥15,400(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)イヤリング¥9,900(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)【キッズ】パンツ¥1,290(GU)その他すべてスタイリスト私物

【SLOANE】

年末年始のホムパに重宝するティアードワンピ。ドラマチックなシルエットなだけに1枚だと「どこか出かけるの?」と夫に突っ込まれそうなワンピも、ビッグシルエットのカーデを味方にドレスダウンすれば、おうち時間にぴったりのラウンジウェアに。
カーディガン¥36,300(スローン)ワンピース¥35,200(マリハ/ショールーム セッション)イヤカフ¥19,800(ココシュニック)ネックレス¥33,000(マリハ)【キッズ】シャツ¥2,990 パンツ¥1,990(ともにUNIQLO)

【H Beauty&Youth】

ホムパのおもてなし役でもお呼ばれ側でも意識したいのは、お互いがリラックスできる気張らないオシャレ。華やかな花柄ワンピにゆるカーデをレイヤードすればホリデーシーズンらしい華やかさを押さえつつ、親しみやすさも兼備。重ねるカーデを大人カラーにするとコーデが引き締まり、甘口テイストのワンピも可愛くなりすぎず好印象。
カーディガン¥41,800(エイチ ビューティ&ユース)ワンピース¥55,000(バウム・ウンド・ヘルガーデン/アルアバイル)ピアス¥6,600(アビステ)【キッズ】すべてスタイリスト私物

 

可愛くいたい日のフワッと「シャギーカーデ」

一人時間を可愛く、映えるコーデに仕上げるのはふんわりムードのデザインカーデ。

【HYKE】

車移動の日にはアウター代わりにもなる、アンゴラヤギの毛を使用し腰まで暖かなモヘアのシャギーカーデ。せっかくならキレイ色で取り入れてアガるオシャレを堪能したい♡ カジュアル度高めな白T×ベイカーパンツも、フレッシュなイエローのふんわりカーデで華のあるスタイルに。
カーディガン¥72,600(ハイク/ボウルズ)Tシャツ¥8,250(スリードッツ/スリードッツ青山店)パンツ¥20,900(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)バッグ¥44,000(オソイ/UTS PR)イヤリング¥11,000(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)

【ATON】

チクチクしなくてストレスフリーな着心地のシャギーカーデは、子どもと離れてゆっくり過ごす一人時間にぴったり。このATONのカーデは、程よい肉厚具合でコートの中に着てももたつかないから、今買って真冬まで長く活躍する1着。カシミア100%の優しい風合いで、インナーがTシャツでもきちんとあったか。ネイビーを選べば今年らしいカラーパンツとも相性GOOD。
カーディガン¥53,900(エイトン/エイトン青山)カットソー¥12,100(ミュラー オブ ヨシオ クボ)パンツ¥17,600(FRAY I.D)バッグ¥25,300(マニプリ)ピアス¥7,770(アビステ)

【FRAY I.D】

フォトT×エコレザースカートのエッジの効いたコンビに、オーバーサイズのシャギーカーデで女らしいエッセンスを。ドロップショルダーやボリューム袖で今年っぽさを押さえたデザインなら、ほっこり感を回避。
カーディガン¥28,600(FRAY I.D)Tシャツ¥9,900(アッパーハイツ/ゲストリスト)スカート¥9,900(リノーム バイ エーティー)バッグ¥71,500(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)ピアス¥21,670(パズ コレクティブ/ZUTTOHOLIC)ブレスレット¥7,150(マリーン/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)

 

きちんと感もほしい時の「ジャケットカーデ」

楽ちんさもきちんと感も欲しいシーンでは“ジャケット見え”が便利!

【CELFORD】

ジャケットのようなスマートさで、デニム合わせだとしても手抜き感なくキレイ見え。ホテルステイや温泉旅館にも対応。
カーディガン¥19,800(CELFORD)カットソー¥12,500(アンダーソン アンダーソン)パンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥35,200(フランソワ レニエ/ヤマニ)ストール¥59,400(アソース メレ/アイネックス)ショルダーウォレット¥35,200(ラルコバレーノ/エンメ)シューズ¥59,400(ペリーコ/アマン)イヤリング¥7,700(マージョリー・ベア/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店)【キッズ】カットソー¥790(GU)その他すべてスタイリスト私物

【JUSGLITTY】

きちんと感も動きやすさも譲れない、年末年始の家族での1泊温泉旅行。パイピングやゴールドボタンのデザインで一見、ツイードジャケットのように見えるカーデを有効活用すれば、カットソー×レギパンだってたちまちキレイめにアップデート。脱ぎ着しやすいからシチュエーションに合わせて、きちんと↔カジュアルとフレキシブルに対応できるのもうれしい。
カーディガン¥22,000(ジャスグリッティー)カットソー¥14,300(THIRD MAGAZINE)パンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥17,600(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)

【allureville】

合わせがシンプルでも着こなしが単調にならず、サマ見えが叶うジャケットカーデ。カジュアルボトムスも品良くまとめる実力派。
カーディガン¥46,200(アルアバイル)カットソー¥8,800(カオス/カオス丸の内)パンツ¥24,200(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町)バッグ¥59,400(マーレット/サザビーリーグ)ブーツ¥38,500(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ヴィオロ 福岡店)ピアス¥24,200(インツーデザイン/ZUTTOHOLIC)【キッズ】トレーナー¥990(GU)パンツ¥1,990(UNIQLO)その他すべてスタイリスト私物

.

撮影/佐藤航嗣〈UM〉 モデル/牧野紗弥、神山まりあ、フジモトフウゴ ヘア・メーク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリング/児嶋里美 取材・文/坂本結香 編集/羽城麻子 撮影協力/TIECHEL、メルセデス・ベンツ日本、PROPS NOW
*VERY2021年12月号「年末年始のためのニットカーデ活用術」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE