VERY February 2022

VERY

February 2022

2022年1月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

週末コーデに急増中『アウトドアなスカート』3選

コロナ禍で所有者が増え続けているというセカンドハウス。ドアtoドアで誰とも会わずに旅行できる理由から、週末ファッションではアウトドアなスカートがヒット中!おすすめのブランドとデザインをご紹介します。

長時間の車移動にも欠かせない
高機能なボリュームスカート

行き帰りの長時間ドライブでは、パンツよりお腹まわりを締め付けないスカートが使えるとの声が多数!夏は涼しく、秋はあったかレギンスやタイツを仕込むなど重ね着もしやすいのも魅力のようです。高機能素材のものも多く〝アウトドアシーンでもスカート〟派が増えています。
【ママ】スカート¥23,100(ヘレイアム/アダストリア)スウェット¥23,100(サード マガジン/サードマガジン)ピアス¥78,100(ヒロタカ/ヒロタカ 東京ミッドタウン店)スニーカー¥80,300(トッズ/トッズ・ジャパン)その他/スタイリスト私物【パパ】ブルゾン¥7,689(コールマン×ザ ショップ ティーケー/ザ ショップ ティーケー)パンツ¥33,000(アイ/1LDK AOYAMA HOTEL)その他/スタイリスト私物【キッズ】すべてスタイリスト私物

【emmi】

ペットボトルを原料としたリサイクルポリを使用し、撥水する。スカート¥17,600(エミ/エミ ニュウマン新宿店)

【HeRIN.CYE】

昨年スタートしたブランド。撥水加工素材の立体感のあるバルーンスカート。スカート¥16,500(HeRIN.CYE/バロックジャパンリミテッド)

.

撮影/須藤敬一(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/池田 敬(ママ)、小長谷真人(パパ) ヘア・メーク/シバタロウ〈P-cott〉、川村友子 モデル/辻元 舞、SHOGO、コイケ エマ 取材・文/嶺村真由子、増田奈津子 編集/引田沙羅
*VERY2021年11月号「【大特集】「今日オシャレしてる」実感、もっと欲しい! PART1 オシャレ実感は一周回って「週末いい妻ファッション」にあり」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE