VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

「全身黒」の正解バランス6選!無難にならないモノトーンのコツ

この冬は久しぶりの黒ブーム。無難だからと何となくモノトーンになりがちな人や、ここ最近のベージュ・ブラウンの流行もあって〝黒離れ〟をしていて正解のバランスがわからない、という声に応え、VERY読者のための最強黒攻略コーデをご紹介!今回は、ALL黒の今どきな着こなしをピックアップしました。

ALL BLACKコーデも
ベストとハーフパンツで
スッキリ見える

カッコ良くて憧れるけど、重く暗くなりがちなオール黒コ-デ。重さを感じさせないパンツはヴィーガンレザーの半端丈。上半身はプレーンなニットにニットベストを重ねています。
ベスト¥39,600(normment/ショールーム セッション) 長袖ニット¥30,800(ウェルノード/アルファ PR) パンツ¥58,850(ナヌーシュカ/ヒラオインク) スカーフ¥19,800(トゥモローランド ストール E/トゥモローランド) バッグ¥16,500〈NOMADIS〉 ピアス¥25,300〈SOPHIE BUHAI〉(ともにエスケーパーズオンライン) パンプス¥45,100(ロランス/エストネーション)

VERY読者秋の本命アイテムも
黒なら品良く気恥ずかしくない

繊細で女らしさがあって素敵な透けニット。肌透けによるセクシー具合が難しいところでもありましたが、黒ならその心配は解消、マニッシュなベルトやスニーカーでバランスを取るのもワザ。
インナー付きニット¥26,400(エストネーション) パンツ¥36,400(スタンブリー) ニットのつけ衿¥13,200(デミリー/サザビーリーグ) ピアス¥75,900(SOPHIE BUHAI/エスケーパーズオンライン) バッグ¥302,500 ベルト¥48,400 スニーカー¥83,600[すべて予定価格](すべてセリーヌ バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン)

オールブラックの
小衿×Aラインスカートで
洗練された知的な甘さに

小衿のニット、Aラインスカート、パールのネックレス。甘いものが揃っているけれど、オールブラックでディテールも控えめなのが好印象。
ニット¥25,300(ebure/ebure GINZA SIX店)スカート¥28,600(ロンハーマン)バッグ¥184,800(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)ローファー¥121,000(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店)ネックレス¥28,600(カドー/Shinzone LUMINE YURAKUCHO)

欠点を全網羅してくれる
ビッグシルエットはこなれも両得

ワンピース¥75,900(SHE Tokyo/ESTEEM PRESS)ジャケット¥85,800(ハイク/ボウルズ)バッグ¥19,800(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)ブーツ¥64,900(ピッピシック/ベイジュ)ピアス¥9,900(ニナ・エ・ジュール/ショールーム 233)リング¥19,800(LAVER/Shinzone LUMINE YURAKUCHO)

袖&裾のWコンシャスは
メリハリも叶える主役級

立体的なフォルムが体形カバーに。
ブルゾン¥29,700(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)ニット¥19,800(アンクレイヴ)パンツ¥18,700(カデュネ)バッグ¥26,400(CAROL J/TOMORROWLAND)シューズ¥74,800(MARTINIANO/GALERIE VIE 丸の内店)ピアス¥33,000(リューク/ストローラーPR)

顔映えと知的見えが両立!
ビッグカラーの更新版

賢そうに見えるセーラーカラーと女性らしいボリュームスリーブが両立した、コンサバ園の送迎も頼れるブラウス。
ブラウス¥13,970(アンクレイヴ)パンツ¥7,990(アンフィーロ)バッグ¥26,400(スキュー/アイネックス)シューズ¥59,400(ペリーコ/オデット エ オディール 新宿店)

.

撮影/佐藤航嗣〈UM〉 スタイリング/斉藤美恵 ヘア・メーク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 モデル/黒田エイミ 取材・文/嶺村真由子 編集/藤田摩吏子
*VERY2021年10月号「【大特集】結局、重ねる季節は黒がいい! Part1」より。
撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉(人物)、魚地武大〈TENT〉(静物) スタイリング/竹村はま子 ヘア・メーク/KIKKU モデル/笹川友里 取材・文/木村幼奈、高橋夏果 編集/引田沙羅
*VERY2021年10月号「【大特集】結局、重ねる季節は黒がいい! Part3」より。
*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。

この記事もおすすめ

FEATURE