VERY September 2022

VERY

September 2022

2022年8月5日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

フェミニン派もトライしやすい「ベージュジレ」コーデ3選

撮影/須藤敬一
撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉
撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉

急に肌寒くなったと思いきや、30℃超えの日もあったりと、気温の変動が激しい9月。着る服に困っている方も多いのでは?そんなときのお助けアイテムといえば「ジレ」!ノースリーブで快適なのに、秋らしさも取り入れられる、まさに一石二鳥のアイテムです。そこで今回は「ジレ」を使ったおすすめコーデをご紹介。今回はフェミニン派にぴったりの「ベージュジレ編」です。

大人可愛い「ベージュジレ」コーデ3選

撮影/須藤敬一

のっぺりしがちなオールホワイトもシャープに

上品な女らしさ漂う「ノーカラー×ライトベージュ」のロングジレ。今っぽく着るなら、オールホワイトに羽織って、ワントーンにまとめるのが正解です。縦ラインが強調されて、スタイルアップも叶います。仕上げにパイソン柄パンプスで、淡色コーデにアクセントを。
共布リボン付きジレ (ルーニィ)

 

撮影/川﨑一貴〈MOUSTACHE〉

ファージレで定番コーデを刷新

秋冬の定番「ニット×デニム」コーデは、ファージレを羽織るだけで、グッとこなれ感がアップ。存在感のあるアイテムも、ベージュなら大人っぽく着こなせます。グリーンを効かせたショルダーバッグや、レオパード柄パンプスで、ほどよく引き締めるのも忘れずに。
ジレ(ロンハーマン)

 

撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉

超ロング丈はマキシスカートとも好バランス

マキシスカート派には、足首までのロングジレがおすすめ。丈のバランスが取りやすく、オシャレ上級者見えが叶います。全体をベージュでまとめるときは、真っ白パンプスやパイソン柄バッグでモードさを加えて。
ジレ(セルフォード)

文/岸本真由子

*掲載中の情報は誌面掲載時のものです。商品は販売終了している場合があります。
※掲載の金額は税抜価格で表示しています。

この記事もおすすめ

FEATURE