VERY August 2021

VERY

August 2021

2021年7月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

神山まりあさんのお出かけは「GUCCI」のバンブーハンドル バッグ

with GUCCI DIANA

ブランドのアイコンのひとつであるバンブーハンドル。その歴史は古く、誕生から70年以上も世界中のファッショニスタから愛されています。ブランドの誇り、職人のクラフツマンシップ。ひとつひとつのバッグに込められた想いを味方に、日々の生活を充実させたい。

Vol.03
ストーリー性のあるバッグを味方につけて
一人の女性としての時間も自分らしく
モデル/神山まりあ

2021/07/GUCCI_01.jpg

久々のホテルランチも、お気に入りのバッグで抜かりなく

重厚さが際立つブラウンレザーの「GUCCI DIANA」バッグ。かっちりとした印象のスクエアフォルムに、遊び心のあるネオンイエローのレザーベルトが一際映えて。ミニマルシックな装いもどこか楽しげな印象で、ランチ会で話題になること間違いなし! バッグ「GUCCI DIANA」スモールサイズ[24×27×11]¥374,000トップス¥121,000スカート¥599,500ピアス¥46,200 (すべてグッチ/グッチ ジャパン)

2021/07/GUCCI_01c.jpg

いくつになっても気分が高揚する週末デート

可愛げのあるミニサイズの「GUCCI DIANA」は、ショルダーストラップ付きでよりカジュアルな表情。大胆に見えて意外と使いやすいライトブルー×ネオンオレンジのカラーが、フェミニンなブラウススタイルにはもちろん、カジュアルなデニムスタイルなどにも華やかさを加味。 バッグ「GUCCI DIANA」ミニサイズ[16×20×10]¥297,000トップス¥176,000パンツ¥121,000ピアス¥159,500サンダル¥154,000(すべてグッチ/グッチ ジャパン)

最愛のバッグといつもの笑顔。当たり前の幸せを感じて

バンブーハンドル バッグそのものの品格があるからこそ、上品なオフホワイトにネオンオレンジを効かせる遊び心が決まるんです! オールホワイトの着こなしで、オレンジの差し色をとことん堪能。足取りが軽くなる、笑顔が増える。幸せをくれるハンドバッグに感謝。 バッグ「GUCCI DIANA」スモールサイズ[24×27×11]¥374,000Tシャツ¥75,900スカート¥225,500ピアス¥319,000スニーカー¥92,400(すべてグッチ/グッチ ジャパン)

2021/07/GUCCI_03.jpg

ONの私へと切り替えてくれる「GUCCI DIANA」のバッグ

いちばん大きいミディアムサイズはA4ファイルも入り、荷物が多い日やお仕事シーンで活躍。ネオンイエローの存在感を存分に楽しめるモノトーンスタイルで、オンのスケジュールも余裕の笑顔でクリア! バッグ「GUCCI DIANA」ミディアムサイズ[30×35×14]¥454,300トップス¥192,500パンツ¥165,000リング[人差し指]¥253,000リング[中指]¥572,000サンダル¥154,000(すべてグッチ/グッチ ジャパン)

GUCCI DIANA

時間が経つ中、自然の力でもとに戻ろうとするバンブー。ハンドルの形状を維持するためにオリジナルのバッグにはバンドが付属していました。そのバンドをデザインに取り入れたのが「GUCCI DIANA」。しかも、由緒あるバンブーハンドルのイメージをモダンにアップデートするネオンカラーという遊び心。伝統を守りながらも革新的な進化を遂げるGUCCIからますます目が離せません!

「GUCCI DIANA」ブラック[30×35×14]¥454,300(グッチ/グッチ ジャパン)
「GUCCI DIANA」ブラウン[24×27×11]¥374,000(グッチ/グッチ ジャパン)
「GUCCI DIANA」ホワイト[24×27×11]¥374,000(グッチ/グッチ ジャパン)
「GUCCI DIANA」ライトブルー[16×20×10]¥297,000(グッチ/グッチ ジャパン)
展開は3サイズ!

連載記事を見る

撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人物)、清藤直樹(静物) ヘア・メーク/福川雅顕 スタイリング/池田 敬 モデル/神山まりあ 取材・文/松井美雪 デザイン/Permanent Yellow Orange
※バッグのサイズ表記はすべて縦×横×幅で、単位は㎝です。
※P.40~P.43に掲載されている本誌タイトルに誤りがありました。
「with GUCCI BELOVED LINES」ではなく、正しくは「with GUCCI DIANA」です。お詫びして訂正いたします。

この記事もおすすめ

FEATURE