VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

30代の「一生ものジュエリー」グラフのダイヤモンドペンダント編

“一生ものジュエリー”に興味はあるけど、選び方がイマイチわからない、そんな悩みはありませんか? そこで編集部いちのジュエリー好きと自他ともに認めるベテランライター・まみさんと、一生ものジュエリーの選び方と楽しみ方について考えました!今回は、グラフのダイヤモンドペンダントについて紐解いていきます。

 

「一生ものジュエリー」Vol.8
グラフのダイヤモンドペンダント

 

一生ものの長く使えるグラフ(GRAFF)のダイヤモンドネックレス、ペンダント。東原亜希さん

 

「35歳を過ぎてからダイヤモンドに興味が。大人の女性として手に入れたい名品ダイヤって?」

− VERYモデル・東原亜希さん

 

若い頃はダイヤモンドに興味がなかったというVERYモデル・東原亜希さん。そんな亜希さんにデイリー使いにもお勧めのダイヤモンドをまみさんがお見立てしました。

 

「シンプルの最高峰〝グラフ〟を、ぜひ選択肢のひとつにして!」

− まみさん

 

まみ :昔はダイヤモンドに興味がなく て、エンゲージもパールを選んだそうですね?

亜希さん(以下敬称略):そうなんです。若い頃はなんとなく気恥ずかしかったけれど、結婚して十数年経ち、堂々と着けられる年齢になってきた気がして。双子たちも少し大きくなり、ダイヤモンドをしていると「キラキラきれい」って喜んでくれるし(笑)。娘が3人いるので、受け継げるジュエリーをこれから少しずつ増やしたいなぁと思っています。とはいえ毎日Tシャツ+デニムだから、 その格好にさらっと着けられるものがいいなと。

まみ: 亜希ちゃんには、主張しすぎないクラシカルなカットのひと粒ペンダントが似合いそう。Tシャツの首元からちらっと覗かせて、カッコよく着けてほしい。大人だからこそカジュアルに、デイリーにダイヤモンドを楽しんでほしいです。

亜希 :少しマニッシュなイメージもあるエメラルドカットがすごくタイプです。囲みデザインだとヴィンテージっぽさが増して、デニム姿にもしっくりきました。この先もずっと着けていられる気がしますね。

ペンダント「ザ グラフ コ ンステレーション」[K18WG×DIA:中石0.62 ct]¥1,000,000※税込(グラフ/グラフダイヤモンズジャパン)

 

まみ ピアスは顔にいちばん近いから、シンプルなラウンドカットで、サイズ は、1年我慢してでも想定より一回り大きいのを選ぶことをお勧めします。数年後「もっと大きくすればよかった」という人が多いんです。

 

 

まみさん「今からひと粒ピアスを買うなら、絶対0.5ct以上がお勧め。」ピアス[Pt×K18WG×DIA 各0.5ct〜]¥940,000〜※税込(グラフ/グラフダイヤモンズジャパン)

 

亜希:これからたくさんいいものを見て、少しずつ揃えていきたいと思っています!

 

 

輝き方がさりげないクラシカルさのあるカットが

着けやすくてずっと愛せる!

【左から】
ペアシェイプ(メレダイヤ囲みデザイン)は洋梨形の女性らしさを メレダイヤが一層際立たせます。「ザ グラ フ コンステレーション」[K18WG×DIA: 中石0.52ct]¥960,000
オーバルシェイプのおおらかな楕円形は優雅で上品な存在感。[Pt×DIA:中石0.70ct]¥860,000
エメラルドカットはダイヤモンドの透明度を生かして端正でクールな表情に。[Pt×DIA0.77ct]¥850,000
エメラルドカット(メレダイヤ囲みデザイン)は華やかな装飾がありながら、スクエアで凛とした佇まい。「ザ グラフ コ ンステレーション」[K18WG×DIA:中石0.62 ct]¥1,000,000
ペアシェイプなら女性らしい柔らかな輝きが魅力。[Pt×DIA0.50ct」¥530,000
※すべて税込(すべてグラフ/グラフダイヤモンズジャパン)

 

「とっておきのひと粒ペンダントを選ぶなら、まずグラフへ行ってほしい」というまみさん。「シンプルなものから、メレダイヤで中石を囲んだものなどデザインの種類が豊富。そして想像より価格が控えめなことにも驚くはずです。」まみさんが、VERY世代にお勧めしたいのは、亜希さんも気になっていたエメラルドカットをはじめとする、ラウンドブリリアントカット以外のさまざまなシェイプだそう。「ダイヤモンドで代表的とされるのは、カット面 が多く、いちばん輝くラウンドブリリアントカットですが、私はクラシカルで輝きの落ち着いたカットのほうが好き。ダイヤモンドが主役になりすぎず、普段着のその人にすっとなじみやすいんです。まずはピンときたシェイプを自分の肌の上で見比べてみてください。」

 

沼田珠実さん
ライター歴18年。ジュエリーページを数多くこなし、その審美眼と知識に、スタイリストやモデルもジュエリーを買うなら彼女に相談、という人が多い。ジュエリーブランドのプレスからの信頼も厚い。

 

撮影/松永 望(人物)、西原秀岳〈TENT〉(静物) ヘア・メーク/川村友子 モデル/東原亜希 スタイリング協力/大泉陽子 取材・文/沼田珠実 編集/翁長瑠璃子
※2018年9月号「編集部での呼び名は”ジュエリー先生”ジュエリストまみさん VERY世代のダイヤモンドをお見立てします」抜粋、再編集しています。
※最新の価格はグラフ(TEL:03-6267-0811) までお問合わせください。
※表記は、DIA=ダイヤモンド、WG=ホワイトゴールド、Pt=プラチナです。

この記事もおすすめ

FEATURE