VERY August 2021

VERY

August 2021

2021年7月7日発売

780円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

30代の「一生ものジュエリー」ゴールドチョーカー!レイヤードにも

一生ものジュエリーに興味はあるけど、選び方がイマイチわからない、そんな悩みはありませんか? そこで編集部いちのジュエリー好きと自他ともに認めるベテランライター・まみさんと、一生ものジュエリーの選び方と楽しみ方について考えます。 今回は、スタイリストさんやモデルさんなど、オシャレ上級者からの支持も高い注目ブランド・humの、ゴールドチョーカーを紐解きます。

 

一生ものジュエリーを買う時の「3つのルール」

<バックナンバー>

一生ものジュエリーVol.1 ポメラートのヌードリング

一生ものジュエリーVol.2ダイヤモンドのエタニティリング

一生ものジュエリーVol.3 カルティエのヌーべルバーグリング

一生ものジュエリーVol.4 エルメスのシルバーブレスレット

一生ものジュエリーVol.5 ヴァン クリーフ&アーペルのスウィート アルハンブラ(マザーオブパール)

 

一生ものジュエリーVol.6

hum チョーカーネックレス

 

 

 

どんな服の首元にもピタリ寄り添い

さりげなくオーラを足す完璧なチョーカー

 

手作業によるジュエリー作りにこだわりを持つ男性の職人と女性デザイナーさんのふたりが立ち上げられた日本のブランド〝hum〟(ハム)。ジュエリーは1点1点、アトリエでハンドメイドで作られています。

 

ちょっとハードでボリュームのあるものからフェミニンで繊細なものまで、選びの幅が広いのも特徴で、ありそうでなかった辛口デザインの宝庫。特徴的なのに着けやすく、どんな服装にも似合い、マニッシュな雰囲気を足してくれます。

 

なかでもお勧めしたいのが、飛行機雲をイメージしたという「KUMO コレクション」のチョーカーネックレス。

 

お店で見つけたとき以上に、私も使ってからどんどんその魅力にハマっていきました。

主張しすぎることのない、絶妙な細さのチョーカーは首に綺麗に沿い、マットな光沢で肌に美しく馴染みます。クルーネックTシャツやシャツ、旅先のリゾートドレスにも、カジュアルからエレガントまで、どんなテイストのどんな服にも、どんなシーンにも似合います。

 

特筆すべきはレイヤードのしやすさ。チェーンネックレスを数本重ねると、どうしても夕方には捻れてしまうこともあるのですが、これはそんなことが皆無。苦手だったネックレスのレイヤードが、このチョーカーのおかげで楽しめるようになりました。私にとって“完璧“といえるチョーカーです。

 

お勧めのコーディネートは

1本でシンプルに

 

1本で程よい存在感を放ちます。決して捻れることなく、朝から帰宅するまでずっと綺麗に首に沿ってくれます。

【coordinate】顔まわりがちょっと寂しい時にも重宝します。

 

カラーストーンと重ね着け

 

チョーカーとカラーストーンネックレスとの重なりが素敵。カラーストーンネックレスも単独で使うよりも断然、垢抜けて映る気がします。

【coordinate】カラーストーンネックレスはマリハです。

 

 

ロングネックレスと重ね着け

 

首に沿うデザインなので、重ね着けが難しい長めのネックレスとも好バランスです。

【coordinate】ロングネックレスは、MIZUKI。

 

 

④チェーンネックレスと重ね着け

 

シンプルなチェーンネックレスとの潔い組み合わせも素敵です。ちなみにこのチェーンネックレスもhum。色味も質感も同じなのでとっても好相性ですが、光沢のあるゴールドネックレスとももちろん似合います。

 

【coordinate】humのチェーンネックレスと。今っぽいバランスになります。

 

 

一生ものジュエリーを買う時の「3つのルール」

<バックナンバー>

一生ものジュエリーVol.1 ポメラートのヌードリング

一生ものジュエリーVol.2ダイヤモンドのエタニティリング

一生ものジュエリーVol.3 カルティエのヌーべルバーグリング編

一生ものジュエリーVol.4 エルメスのシルバーブレスレット

一生ものジュエリーVol.5 ヴァン クリーフ&アーペルのスウィート アルハンブラ(マザーオブパール)

 

まみさんプロフィール

沼田珠実さん

ライター歴18年。ジュエリーページを数多くこなし、その審美眼と知識に、スタイリストやモデルもジュエリーを買うなら彼女に相談、という人が多い。ジュエリーブランドのプレスからの信頼も厚い。

 

※アイテムはすべて私物です。お問い合わせはお控えください。

撮影/西原秀岳〈TENT〉(静物)

この記事もおすすめ

FEATURE