VERY July 2024

VERY

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ぐっち夫婦 レンジで3分!「きのこでサブおかず」3選

ぐっち夫婦の「悩みごとなんて料理で解決できる!」53

 

SNSの総フォロワー数が100万を超える仲良し夫婦のお料理ユニット@gucci_fuufuが、VERY読者の料理の悩みを“ゆるっと”解決してくれる大好評連載。

今回は、きのこが苦手な夫さんに気遣い、きのこを別添えで食卓に出すための、きのこ単品の副菜レシピ。副菜にそんなに時間をかけたくない人も、これならすぐにチャレンジできて、食卓に1品増やしたいときにも便利です。もちろん、きのこ好きな人も納得で一度作ったらリピート確定です!

<今月のお悩み>

夫がきのこが苦手なので、我が家ではきのこというものが食卓に登場しません。子どもの食育のため、あと経済的にも助かるので、食べさせたほうがいいと思うのですが、例えば、きのこだけ別添えにしたりとかできるメニューってないですか? できれば時間もかけたくないです!(32歳・4歳女の子ママ)

 

<今回の解決レシピ>

レンジで加熱3分!
切ってほぐして和えるだけの
トータル5分のきのこレシピを
3品連続で紹介します

 

☆エリンギとパプリカのきんぴら風

 

【材料(作りやすい分量)】

エリンギ…3本

黄パプリカ…1/4個

白すりごま…小さじ1

【A】

しょうゆ…大さじ1/2

みりん…大さじ1/2

 

【作り方】

①エリンギは石づきを落とし、長さを半分にし、さらに縦半分に切ってから5mm幅に切る。パプリカは横半分に切り、細切りにする。

②①を耐熱ボウルに入れ、【A】を加える。

③ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

④取り出してすりごまを加え、さっと混ぜて皿に盛る。

 

☆えのきのめんつゆ梅かつお

 

【材料(作りやすい分量)】

えのき…100g

梅干し…1個

めんつゆ(2倍濃縮)…小さじ1

かつお節…適量

 

【作り方】

①えのきは石づきを落として4等分に切る。梅干しは種をのぞいて、たたいておく。

②耐熱ボウルにえのきと梅干しを入れ、めんつゆを加える。

③ふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

④かつお節を入れてさっと和え、皿に盛る。

 

☆しめじのニラナムル

 

【材料(作りやすい分量)】

しめじ…100g

ニラ(みじん切り)…2本分

【A】

ごま油…小さじ1

塩…少々

白いりごま…小さじ1/2

すりおろしにんにく…少量

しょうゆ…少量

 

【作り方】

①しめじは石づきを落としてほぐす。

②耐熱ボウルにしめじ、【A】を入れる。

③ふんわりラップをし、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

④ニラを入れてサッと混ぜ、皿に盛る。

【POINT】

レンジを使って、5分でできるきのこの副菜3選。作り置きもできるので、作っておいて少しだけ食卓に出すのも◎。経済的でヘルシー、これからさらにおいしくなるきのこでぜひ作ってみてくださいね。

 

<解決するのは…>

ぐっち夫婦

美味しいことはもちろん、20分で完成を目指し、少ない工程で簡単に出来ちゃう栄養満点のレシピを次々発信するぐっち夫婦は、まさにママの味方!仲良し夫婦の掛け合い料理動画も話題です。ご飯がすすむ一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。

この秋、新書籍が発売されました!気になるタイトルは『いろいろつくってきたけど、やっぱりこの味』。雑誌やレシピ集、ネットの世界に溢れるレシピのなかで、本当に美味しいレシピを見つけるのって、逆に至難の業になっていますよね。「食べた瞬間、うまっって言っちゃうと思います!」というキャッチフレーズは、見逃せません。

<今回のゆるっとアンサー>

きのこが特に美味しい秋
すき間時間に作れちゃう
きのこ副菜を冷蔵庫に常備しても◎

 

夫:きのこが苦手な人は意外と多いよね

妻:種類によっては食べられるっていう人もいるよね。

夫:今回はきのこを使った3種類の副菜だね。きのこ好きにはたまらない(笑)。

妻:全部レンジで温めて味付けするだけから簡単! 隙間時間で作れるよ。

夫:お弁当にもよさそうだね。これからの季節は特にきのこがおいしくなるから作ってほしいね。

妻:パパが食べられそうなものがあればぜひ少し食べてみてほしいな(笑)。

 

<ライターワタナベが作ってみた!>

きのこってお鍋に入れたり、炒め物に入れたり、主菜の名脇役的な感じですよね。だけど、きのこを抜いても料理が成立しちゃうから、家族にきのこが苦手な人がいると、登場率が減る気持ち、すごくわかります。我が家も子どもにきのこ嫌いがいるので、きのこを入れると、その料理全部食べてくれなくなっちゃうから、つい手が遠のいていました。

今回、どれも美味しそうだし、簡単そうだから思い切って一気に3品作りました!レンジで3分加熱している間に、主菜を作ったり片付けもできちゃって、なんと効率的な副菜なんだと感動。個人的には「えのきのめんつゆ梅かかお」が大ヒット。少しねっとりとして、なめ茸に似た感じになり、食が進みました。中華好きな夫は「しめじのナムル」が気に入ったようで、ぺろりと間食。1度で作る量も、どのレシピも副菜1食分としてちょうどよく、我が家の副菜レパートリーに入れさせていただきます♡

この企画を担当しているライター・ワタナベは7歳女の子・5歳と1歳の男の子のママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まい、5人暮らし。

夏の活気ある湘南も好きですが、閑散としたビーチで見るたまらなく美しい夕陽も格別です。湘南に越してまもなく5年。毎年親子で楽しみにしているイベントがあります。あまり教えたくないけど、みんなに体験して欲しいイベントが復活するとの噂を聞いたので、こちらでこっそりご紹介させてください。「茅ヶ崎サザン芸術花火2022」が3年ぶりに開催されるのだとか♡サザンオールスターズの名曲に合わせた花火が秋の夜空を飾るのです。3年ぶりの開催で大混雑が予想されるので、作戦を練ってビーチにたどり着きたいところ。気になる方はぜひHPをチェックしてみてくださいね。

撮影/須藤敬一(ぐっち夫婦) 取材・文/渡邊里衛 編集/井上智明

この記事もおすすめ

MAGAZINE

July 2024

July 2024

2024年6月7日発売

930円(税込)