VERY December 2022

VERY

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 定期的にプレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

ぐっち夫婦 キッチンがもっと使いやすくなる「キッチンタオル」3選

(上から順に)バーディ サプライ、ジョージ・ジェンセン・ダマスク、ウィリアムズ・ソノマ

 

SNSの総フォロワー数が100万を突破した仲良し夫婦のお料理ユニット@gucci_fuufuが、VERY読者の料理の悩みを“ゆるっと”解決してくれる大好評連載。

第52回目は、久しぶりの特別編でお届けします。ぐっち夫婦のLIVE動画を見ていると、レシピ以外にも気になるものがいろいろ出てきますよね!コメントでも、「エプロンはどちらのですか?」「フライパンは?」というコメントが飛び交います。

VERYでも今までぐっち夫婦愛用のエプロンや調味料を紹介してきましたが、今日は最近SHINOさんが「キッチン革命を起こした!」というキッチンタオルに注目! 吸水力などの機能性はもちろん、キッチンがオシャレになったり、写真映えもしちゃうアイテムを教えてもらいました!

<おすすめその①>

食のプロの声をもとに開発!

驚異の吸収スピードで家事時間も削減できる

「BIRDY. Supply(バーディ サプライ)」

BIRDY. Supply(バーディ サプライ)キッチンタオル

Mサイズ(40 x 70cm) ターコイズブルー

 

「仕事柄、毎日たくさんの食器を洗ったり拭いたり…もちろんキッチンタオルもたくさん使ってきました。毎日びしょ濡れのキッチンタオルを複数枚洗うことが大変と思い、検索して見つけたのがこちら『バーディ サプライ』のキッチンタオルです。

“飲食に関わるプロの声をもとに開発した新素材『Birdyウォータースクラッチファイバー』を採用”したというタオルは、やわらかい肌触り。使って驚いたのが、その吸水性です。我が家では、通常の家庭の倍以上食器を使用し洗っていますが、一度に何十枚のお皿を拭いても、まだまだ拭くことができます。吸水のスピードも速く、拭いていてストレスなしです」

SとMの2サイズあり、カラーも4色展開。用途に応じて使い分けるのもいいですね。

<おすすめその②>

水切りカゴも撤去でキッチン広々

自然と片づけ癖が付く「ジョージ・ジェンセン・ダマスク」

ジョージ・ジェンセン・ダマスク(Georg Jensen Damask) エジプト ティータオルジェイドグリーン EGYPT

「こちらのデンマークのタオルは、洗い物をしたときに置いておくマットとして使用しています。

キッチンをクリーンな状態にしておきたいと思い、新居に引っ越してからここ数か月、水切りカゴを置かない生活に。食器を洗ったらマットの上に置いて、乾燥、または都度拭いて常にキッチンをクリーンな状態にしておけます。水切りカゴを置かないことで、キッチンが広くなるのもうれしいですよね。一度台の上に並べても、キッチン台を使うときには必然的に片付けるようになったことで片づけ癖がつくのもうれしいポイント!」

何度洗ってもへこたれない丈夫な生地も魅力。大判サイズで、たくさんの食器や鍋、グラスなども置けちゃいます。

 

<おすすめその⓷>

清潔感あるオシャレなデザインが素敵なウィリアムズ・ソノマ

上品な質感で見せタオルとしても◎

ウィリアムズ・ソノマ(Williams Sonoma)キッチンタオル

 

「アメリカに住んでいる友人にいただいた、おしゃれクロス。アメリカ・カリフォルニア州のテーブルウェアブランドのキッチンタオルです。有名シェフのキッチンで目にすることの多いあのブランドです。落ち着いた色味と丈夫な質感、さらっとした生地感も気に入っていて、キッチンで使うだけでなく、家電の上にかけたり、リビングの雑誌やガラクタが入った片付けかごに、目隠しとして使ってもOKです!大きさも使いやすく、シンプルな見た目なので、老若男女問わずにプレゼントにもおすすめです」

サッとかけておくだけで、清潔感のあるおしゃれな雰囲気が作れます。

 

<紹介するのは…>

ぐっち夫婦

美味しいことはもちろん、20分で完成を目指し、少ない工程で簡単にできちゃう栄養満点のレシピを次々発信するぐっち夫婦は、まさにママの味方! 仲よし夫婦の掛け合い料理動画も話題です。ご飯がすすむ一品料理が得意なTatsuyaさんと、栄養士でもありサラダや副菜の引き出しが多いSHINOさん。

お二人にとっては職場でもあるキッチン。キレイにすっきりと保つため、キッチングッズにもこだわりが詰まっています。今回のリネンをはじめ、ぐっち夫婦のキッチンには、サイズや素材もさまざまなリネンが揃っていて、用途によって使い分けているのだそう。食器拭き、台拭き、水切カゴの代わり、ランチョンマットなど、楽しみ方は無限大!レシピ動画を見るときは、キッチングッズにも注目してみてくださいね。

いかがでしたか?わたしたちのSNSなどにも、使っている調理器具や調味料などへの質問がたくさん届きます。少しずつお伝えしていきたいと思っていますので、楽しみにしていてくださいね♪

 

<ライターワタナベが使ってみた!>

 

ジョージ・ジェンセン・ダマスクのエジプト ティータオルを実際に購入して使ってみました!

今回ぐっち夫婦の紹介文を読んだとき、すぐ「欲しい!」と思ったのがこちらでした。いつもは基本的に食洗機に頼っていて、食器も食洗機対応のものを選んでしまっているほど。入りきらない調理器具や、入れたくないグラス類、和食器はシンクの端のカゴにの上に置いていましたが、思い切って撤去しました! そしたらシンクも広く使えて快適に。

サイズも80㎝×50㎝と大きいので、キッチンのスペースに合わせて折りたたんで使えば、吸水力もアップしますよね。食洗機の上に広げて並べると、乾燥するときの熱で乾きも早い気がしました!中央には便利なフープもついているので、掛けておくこともできます♪
できるだけスッキリさせておきたいキッチンですが、便利なキッチングッズって、集めだすときりがなく、あっという間に収納スペースがが追い付かなくなってしまったり、そもそも大きすぎると収納できなかったりしますよね。リネンなら使わないときは畳んでしまっておくことも簡単なので、何枚あっても困らない!

 

この企画を担当しているライター・ワタナベは7歳女の子・5歳と1歳の男の子のママ+食にこだわりを持つ夫と湘南住まい、5人暮らし。
我が家も人を招いて食事からお風呂まで一緒にしちゃおう!ということが多いのですが、仲のいいママ友は、片付けまで一緒にやってくれたりして、本当に助かる!としみじみ実感。そんなとき、思わぬタイミングで、キッチンの引き出し公開の刑みたいなことが起きるのです。見られて困るものがあるというより、見せられたもんじゃない、という心境なのですが、「なにこれ?!どうやってつかうの?」「この収納方法いいね!」なんて、おすすめ紹介が始まったり、グッと距離が縮まるよいきっかけになったりもして。今回のように、いろんな用途に使える万能アイテムを選んで物を減らし、スッキリとしたキッチンで、堂々と「どこでも開けて!」って言えるようになっていきたいな・・・と決意を新たにしました。

撮影/須藤敬一(ぐっち夫婦)、取材・文/渡邊里衛、編集/井上智明

▶こちらもチェック!

ぐっち夫婦 かけるだけで料理上手になれる「しょうゆ系」3選

ぐっち夫婦 深夜でも罪悪感なしおつまみ「豆腐のチーズ焼き」

 

この記事もおすすめ

MAGAZINE

December 2022

December 2022

2022年11月7日発売

890円(税込)