VERY March 2024

VERY

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)

FOLLOW US

  • 今日のコーデや撮影オフショットを毎日更新

    @veryweb.jp

  • 週3回VERY的トレンドまとめを配信中♪

    @oa-veryweb

  • 限定プレゼント情報も♡

    @VERY_web

  • VERYWEBの最新記事をチェック

    @veryweb.jp

30代の垢抜けナチュラルメイク法!NGアラサーメイクを今どき顔に

撮影/寺田茉布〈LOVABLE〉

経験を重ね、環境や顔つきが変わってくる30代。目指したいメイクは好感度の高いナチュラルな上品見えメイクなのに、うっかりお化粧テクニックの更新は後回しで、昔のままのメイクになっていませんか?アラサーの自分に相応しいメイクのやり方や手順に更新して、時間が止まって見えない今どき顔を目指しましょう!

20代と同じメイクのままになっていませんか?

 

10代、20代の頃から、メイクの更新はしていますか? 若い頃は、可愛らしさを引き出すメイクが主流で、目をできるだけ大きく見せるアイメイクや、甘さを強調したピンクのチーク……メイクで可愛く見える女性であることがゴールでした。

でも30代に突入して人生経験もそれなりに豊かになり、仕事ではキャリアを重ね、中堅どころのポジションで人を束ねる機会も増えたり、プライベートでは結婚、出産を経てママとして参加するイベントが増えて取り巻く環境が大きく変わってきたり。若い頃と決して同じ顔ではないはずです。
ファッションも流行や年齢、TPOにあわせて変えていくように、メイクもより洗練された大人メイクに更新していきましょう。

 

30代、私たちの顔は20代からこう変わってくる

 

年齢を重ねるごとに、顔立ち、雰囲気が変わってきて、メイク迷子になってしまうのが30代。肌のハリがなくなる、顔の輪郭がぼやっとしてくる、ほうれい線や目元のしわにファンデーションがたまってしまう、頬の位置が下がってしまう……。また、シミやくすみ、お肌の乾燥も気になってきます。

そこで感じるのが、いつものメイクが似合わなくなったり、若作りしているように感じるなどの違和感。その違和感に、周りの人も気づいているかもしれません。そうなる前に、メイクをアップデートして、気になるところをカバーしつつ、ナチュラルで上品見えする大人メイクにシフトして行きましょう。

30代にNGなのはこんなメイク

 

メイクを見直すことは後回しで、20代から使っているお気に入りアイテムは変わらない!という人も少なくないはず。でも、20代からのメイクを引きずっているから逆に老けて見えてしまったり、きつい印象や古臭い印象を与えてしまうこともありそうです。

 

30代が避けたいメイク例

 

❌ 目周りが黒すぎるアイメイク

黒の太めでしっかり引いたアイライナー、バサバサのボリュームアップのマスカラ、涙袋を強調する白パールなどの下まぶたのハイライトなど、盛り盛りのアイメイクはきつい印象に見えてしまい、野暮ったい印象に。また、黒目が極端に大きく見えるコンタクトや、ナチュラルじゃないカラーコンタクトも見直し必須です。

 

❌ 細すぎる、薄すぎる、濃すぎる、下がり眉毛

細すぎる眉毛はきつく、老けた印象に。薄すぎるナチュラルな眉毛は、目元をぼんやりさせて表情も乏しく、印象に残らない顔になってしまいます。逆に濃すぎる眉毛は、強い印象になりすぎるので、全体的に濃いメイクにしないとバランスが悪くなり上品さから遠ざかってしまいます。また、ハの字の眉尻が下がった眉毛は、30代がやってしまうと、顔全体が下がって見え、頼りない印象に。

 

❌ 厚塗り感のあるマットな肌

シミ、しわを隠すために、顔全体に均一にファンデーションを塗ってしまうと、マットな厚塗り顔に。かえって老けて見えるのでNGです。
また、首の色と違って見えるような白すぎるファンデーションも不自然に仕上がるので見直しましょう。

 

❌ 発色が良すぎて肌に馴染んでいないチーク

大人のファッションに、頬を覆うような発色の良いピンクの丸いチークは、かわいすぎる印象になるので避けましょう。

 

30代は好感度の高いナチュラル見えメイクを目指そう

 

仕事、家庭、育児と……さまざまな顔と役割を持つ30代は、どこに行っても誰と会っても好感度の高い、品のあるやさしげなナチュラルメイクがおすすめです。20代の頃はアイライン、マスカラ、アイシャドウをどんどん盛っていく足し算メイクでしたが、30代が目指すべきは“引き算メイクです。抜け感のあるナチュラルメイクを習得すれば、いつものファッションも見違えて見えるかも!?

30代のメイクの作り方〈ベースメイク編〉

 

やっぱりベースメークは重要。大切なのは、くすみや気になるシミ、シワを飛ばしてくれるツヤ肌に仕上げること。そして、あくまでも薄付きで素肌っぽく、厚塗りはNG!ファンデーションは顔全体に均一に塗らずに、スキンケアでしっかりと保湿し、肌に馴染んだ後、トーンアップ下地やプライマーでファンデーションの土台を作りましょう。中央部から薄く放射線状に伸ばしていくと抜け感のある肌に。気になるところは、ピンポイントで2度塗りすれば、違和感なくカバーできます。

額や目の周り、小鼻周り、口角の脇は、スポンジでしっかりと密着させることを忘れずに。

ツヤ肌を活かすために、パウダーは全体に使わずに、最低限のポイント使いがおすすめ。皮脂が多い額部分や、マスクで覆われる部分、上からカラーメークを施す部分にのせておけばOK!

30代におすすめファンデーション

 

1. SUQQU ザ リクイド ファンデーション

30代におすすめファンデーション 1. SUQQU ザ リクイド ファンデーション

なめらかな塗り心地で品のあるツヤ高い肌に。ピタリと肌に密着して、マスクでのくずれやヨレにも強い。
SUQQU ザ リクイド ファンデーション 30ml 全23色 ¥11,000(SUQQU)*色によってSPF値が異なります

 

2. エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

30代におすすめのファンデーション:エスティ ローダー ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ

エスティ ローダーのロングセラーファンデーション、通称「ダブル ウェア」のリキッドタイプ。ピタっと肌に密着し、カバー力の高さとナチュラルな素肌感が長時間持続します。
ダブル ウェア ステイ イン プレイス メークアップ ※SPF10 PA++ <全10色> ¥7,040 (エスティ ローダー)

 

3. ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ

30代におすすめのファンデーション:ディオール

ディオールが厳選した花々のスキンケア成分が入ったファンデーションで、日中の乾燥から守り、ふっくらとしたハリ感のある肌に導いてくれます。光によって自然なツヤ感も。
ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ※SPF20 PA+++<全11色>¥7,040(パルファン・クリスチャン・ディオール)

 

2. NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション ▲SPF50/PA+++

30代におすすめのファンデーション:NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション 30代メイク

つけ心地は軽やかで、NARS独自の処方で空気中のちり、ほこりや紫外線から受ける刺激、乾燥などから日中肌を守ってくれます。内側から放つようなハリ感が長時間続きます。クッションファンデーションなので手も汚れず、お直しも簡単です!
NARS ナチュラルラディアント ロングウェア クッションファンデーション※SPF50/PA+++<全6色>セット価格¥6,820(NARS)

30代のメイクの作り方〈眉毛編〉

 

眉毛は顔の印象を左右すると言っても過言ではないパーツ。特に今はマスクで顔が半分隠れるから、出ている眉毛はより重要なポイントです。立体感がある、毛並みを感じる眉毛が今っぽい。パウダーだけやペンシルだけなどツール一つで仕上げるのではなく、パウダー・アイブロウリキッド・眉マスカラ3つのツールを使うと、納得のいく眉毛に。

①眉毛に残っている余分な皮脂をスクリューブラシで拭き取る。余分な油分は化粧崩れの大敵。眉頭は上に、他は毛の流れに沿ってとかしていきます。

②眉下部分にパウダーでラインを描く。目との距離感を縮めていくことで目力アップ!眉の上の部分はあえて描かないのが自然に仕上げる秘訣です。

③毛の流れに沿って、パウダーで眉の隙間を埋めていく。眉全体を一つの色で仕上げるのではなく、眉尻は、眉頭〜中間より色を薄くし、全体で濃淡をつけることが立体的な眉毛への近道です。

④眉尻を描き足す。目尻は、頬骨の一番高い部分を目指してアイブロウリキッドで描き足しましょう◎しっかりと長さを書き足すことで、顔の余白も減り、小顔に見えるのだとか。

⑤アイブロウマスカラで眉頭の毛を持ち上げる。眉毛に立体感が!毛がしっかりある人は、クリアマスカラがおすすめです。

 

30代におすすめのアイブロウアイテム

 

1.リキッドアイブロウ:エスプリーク Wアイブロウ(リキッド&パウダー)

30代におすすめのリキッドアイブロウ:エスプリーク Wアイブロウ(リキッド&パウダー)
コシのある細筆で、1本1本毛を自然に描くことができる絶妙カラーのリキッド。化粧膜ができるので、こすっても落ちない眉毛に。毛流れを整えてくれるブラシと色をふんわりとのせることができるパウダーが一緒になっているので、1本で眉毛が整います。
エスプリーク W アイブロウ(リキッド&パウダー)<全3色>セット価格¥2,310※編集部調べ(コーセー)

 

2.ペンシルアイブロウ:MiMCミネラルアイブロー

30代におすすめのペンシルアイブロウ:MiMCミネラルアイブロー

しずく型の形状だから、細い線も、ふんわりとしたやわかい線もこれ1本で◎。ペンシルなのに落ちにくいのに、天然成分100%だから石鹸オフできる優しい処方。スクリューブラシ付きなのも便利。
ミネラル アイブロー<全3色>¥2,530(MIMC)

 

3. アイブロウパウダー:フーミー マルチアイブロウパウダー

30代におすすめのアイブロウパレット:フーミー マルチアイブロウパウダー

イガリシノブさんが作り出す洒落感のあるカラーで、テクニックがなくても、自然なニュアンスの眉毛に。3色のカラーを気分に合わせてミックスしても◎
フーミー マルチアイブロウパウダー <全9色(WEB限定1色)> ¥1,980(WHOMEE)

 

4. アイブロウマスカラ:アディクション アイブロウマスカラ マイクロ

30代におすすめの眉マスカラ:アディクション アイブロウマスカラ マイクロ

極小かつ細いブラシが、眉毛のうぶ毛まで1本1本もれなくキャッチ。立体的な眉に仕上げます。汗や擦れに強いロングラスティング処方で、朝つけた色が夕方までもつカラーステイ成分を配合しているので、忙しいママもメイク直し不要になるのが嬉しい。
アディクション アイブロウマスカラ マイクロ<全6色>¥3,080(ADDICTION BEAUTY)

30代のメイクの作り方〈アイメイク編〉

 

濃いアイメイクは隙がなく、威圧的に見えてしまうことも。濃いアイシャドウ、太めに引いたアイライン、ボリュームたっぷりのマスカラは今すぐ手放しましょう。やさしげな目元は、マスカラ、アイランは脱ブラックがポイントです!

 

30代におすすめのマスカラ

 

ボリュームより、長さ重視が品よく見えるポイントです。また、カラーマスカラは、テクニックいらずで一気に垢抜けるので、今すぐ取り入れてみて。ダークブラウンやブラック見えするネイビーを選べば、オフィスメイクにも◎。

 

1. Amplitude エクストラロング カラーマスカラ

30代におすすめのマスカラ:Amplitude エクストラロング カラーマスカラ

長さとボリューム、カール力を兼ね備えたマスカラ。長さの異なる2種のファイバーが、繊細な華のある上品なまつ毛に。水、汗にも強く、一日中長く美しいまつ毛をキープ。ブルーブラックはブラック見えするので、オフィスでも◎。
Amplitude エクストラロング カラーマスカラ<全6色>¥4,840(Amplitude)

 

2. トーン ロング ラッシュ マスカラ (SL)

30代におすすめのマスカラ:トーン ロング ラッシュ マスカラ (SL)

短くなってしまったダメージまつ毛もしっかりキャッチし、ロングに仕上げてくれる優れもの。ピンクパールが配合されているからブラックでもほどよい抜け感が纏えるので、ブラック派の人にもおすすめ。お湯で落ちるタイプなので、メイクオフのストレスも軽減!
トーン ロング ラッシュマスカラ (SL) 01<全3色>¥3,080(トーン)

30代におすすめのアイシャドウ

 

目元が痩せて、たるみやシワが気になる目元。そんな目元には、大粒のラメはNG。ラメはできるだけ細かいものを選ぶのが、賢い選択です。色は多く使いすぎず、単色もしくは2色程度のグラデーションにしておくと、ナチュラルに抜け感ある目元に。

 

1. THREE ディメンショナルビジョンアイパレットアリー

30代におすすめのアイシャドウ:THREE ディメンショナルビジョンアイパレットアリー

まぶたに薄く密着するクリームテクスチャーで、軽やか。シアー感とツヤ感で、単色使いでも、重ねて使っても、洗練された目元に。
THREE ディメンショナルビジョンアイパレットアリー<全3色>¥7,150(THREE)

 

2. ETVOS ミネラルアイバーム

30代におすすめのアイシャドウ:エトヴォス ミネラルアイバーム

目元の乾燥、肌荒れを防ぐ美容クリームがベースだから年齢の出やすい、繊細な目元を労わりながらメイクできる一石二鳥アイテム。アイシャドウベースとしても使うと、上にのせたアイシャドウの発色とツヤ感をアップしてくれます。
ミネラルアイバーム<全8色(限定1色)>¥2,750(エトヴォス)

30代におすすめのアイライン

 

まつ毛の間を埋めるように、目の際の部分、黒目から目尻にかけて、細かく引いていきましょう。ブラウンのシャドウで代用してもOK!リキッドよりジェルタイプのアイラインを選ぶとより自然な仕上がりを目指せます。

 

1. シュウ ウエムラ アンリミテッド 3D ジェル ペンシル

30代 メイク シュウウエムラ アンリミテッド 3D ジェルペンシル
1.5mmの細いペン先となめらかな描き心地で、描きやすさ抜群。日本人の肌になじみが良いカラーが、目元を引き立ててくれます。ウォータープルーフ処方だから、パンダ目も回避できます。
アンリミテッド 3D ジェル ペンシル<全6色>¥3,630(シュウ ウエムラ)

 

2.UZU EYE OPENING LINER

30代 メイク UZU EYE OPENING LINER

グレーやバーガンディなど絶妙なカラーが全20色あり、好みの色が必ず見つかります。コシのある柔らかな筆先でテクニックなしでも思いどおりのアイラインが描けて、塗ってすぐ乾くので滲む心配なし。
UZU EYE OPENING LINER<全20色>¥1,650(UZU)

30代のメイクの作り方〈チーク編〉

 

30代はさりげなくヘルシーなカラー選びがマスト。チークつけています!というメイクでは一気に古くなってしまうので気をつけて。チークの最大の役割は、くすみを飛ばしツヤ肌に健康的な血色と透明感を与えること、顔の凹凸をはっきりさせること。肌になじむ落ち着いたカラーを選べばチークが浮く心配がありません。肌に合わないカラーを選んでしまうと、逆にくすんでしまうこともあるので、色選びは慎重に。ブルーベースの人は、ローズピンクなど青み寄りのカラー、イエローベースの人は、コーラルピンクやブラウンな黄み寄りのカラーをセレクトするといいでしょう。ラメが入っている場合は、なるべくラメが細いもののほうが品よくなじみます。バランスが気になる人は、リップとチーク兼用のアイテムを使うと手軽です。

 

30代におすすめのチーク

 

1.SUQQU ピュア カラー ブラッシュ

繊細なパールが肌に絶妙なツヤと透け感で肌をきれいに見せてくれる大人のパウダーチーク。肌になじみ、自然な血色感と洗練感が生まれます。また、グラデーションになっているため、気分やシーンによって濃淡の調整が可能です。
SUQQU ピュア カラー ブラッシュ<全6色>¥6,050(SUQQU)

 

2.マキアージュ ドラマティックチークカラー(クリーム)

指でさっとつけるだけでつややかな透け感発色の頬メイクが叶うクリームチーク。保湿成分によりマスクなどで乾燥しがちな頬をうるおった血色感のある印象に導きます。別売りの「マキアージュ カスタマイズケース」にアイシャドウなど他アイテムとセットすることも可能。
マキアージュ ドラマティックチークカラー(クリーム)<全3色>¥1,980(資生堂)

30代のメイクの作り方〈リップ編〉

 

脱赤リップ!リップも顔全体の血色が良く見えることが大切です。オレンジ系、ブラウン系、赤みベージュなどがおすすめ。唇全体にブラシでつけるとかっちりした印象になってしまうので、リップはそのまま直塗りで◎。ただし、上唇の山はきちんとおさえると今っぽくなります。

 

30代におすすめリップ

 

1.ADDICTION TOKYO THE MATTE LIP LIQUID

30代のリップメイクにおすすめ:アディクション ザマットリップ

マットで鮮やかなカラーが唇にピタッと密着し、軽やかなつけ心地。一度密着すると動いてもよれないロングラスティング処方だから、長時間リップメイクが続いて、マスクにもつきにくい!
アディクション ザ マット リップ リキッド <全24色>¥3,520(ADDICTION BEAUTY)

 

2. CHANEL ルージュ アリュール ラック

30代のリップメイクにおすすめ:CHANEL シャネル ルージュ アリュール ラック

@CHANEL

とろみがあるテクスチャーで、唇にフィットし、鮮やかな発色とツヤが長時間続きにじみません。保湿力も高いので、これだけでも安心。
ルージュ アリュール ラック<全21色>¥5,500(CHANEL)

まとめ

 

忙しい毎日の中で、どうせメイクに時間をかけるなら、マイナス印象を与えない、今の自分にちょうどいいメイクを心がけたいですよね。アイテムの進化も凄まじいので、メイクもファッションと一緒に季節ごとに見直してみては。メイクを変えるといつものファッションも見違えるはずです!

 

取材・文/高丘美沙紀



公開日:2021.04.30


*本記事は過去掲載記事を元に再編成したものです。
*掲載中の情報は最終更新時のものです。商品は販売終了している場合があります。

よくある質問

  • 30代のメイクは20代と比べてどこに気をつければいいの?

    年齢を重ねて、顔立ちや雰囲気が変わり、10代や20代の頃に覚えたメイクでは少しずつ違和感が出てきてしまうもの。肌のハリの衰えやシミ、くすみなど、毎日見ていると気づかなくても、顔は少しずつ変わっていきます。まずは全てのベースになる肌をきれいに作ることを心がけましょう。

  • 30代がするべきでないメイク、目指すべきメイクは?

    目周りを盛った濃いメイクや細すぎたりする眉、厚塗り感のあるマットな肌作り、発色の良すぎるチークなど、主張の強いメイクは避け、好感度の高いメイクを目指しましょう。

  • 30代の目指すべきナチュラルメイクのポイントはどこ?

    肌は、シミなどをコンシーラーでカバーし、ほかはあくまで薄付きに。目周り、チーク等も肌に馴染む色セレクトを心がけましょう。

この記事もおすすめ

MAGAZINE

March 2024

March 2024

2024年2月7日発売

880円(税込)