VERY November 2021
VERY NAVY

VERY

November 2021

2021年10月7日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【新商品】「カール長持ち」「ダメージ減」「やけど防止」の新感覚ヘアアイロンが登場

ヘアアイロン初心者にもやさしい2Wayヘアアイロンの予約販売を開始

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)は、プレート外側の熱を放出・冷却する新たなヘアアイロンの予約販売を9月24日(金)に開始しました。しっかりカールを付けたい、やけどを回避したいという方も必見です。



「カールがすぐに取れてしまう」そんなヘアアイロンユーザーのお悩みを、熱ダメージ&やけどリスクを低減しながら解消する新商品。
最高温度で使用しても、プレートの外側は触ることができる温度をキープ。
手首の動きに合わせてプレートが傾くからカールが折れないクッションプレートや、髪を巻き付けやすい丸みを帯びたフォルムなど、スタイリングのしやすさがこだわりです。


冷マジック ReiMagic i2133GD
¥12,800(税込み)
https://areti.jp/products/i2133gd

※お届けは10月28日以降となります



長持ちカールの秘密はプレート外の小さな穴



ヘアアイロンでクセ付けした髪型は冷めるときに定着します。しかし、熱が残っている間に崩してしまうと、しっかり付けたはずのカールは長持ちしません。

冷マジック i2133GDはプレートが設定温度に達すると自動で送風ファンが起動。プレート外に並んだ小さな穴から最大1.0m/sの風を送り、外側の熱をすばやく放出。

巻いた直後に冷やすことで弾力カールも、ふんわり自然なカールも思い通りに。



冷却するから艶がUP




一般的なヘアアイロンは使用後も髪に熱が残り、適温で使用しても髪に負担をかけてしまいます。冷マジック i2133GDはプレートの外側に髪を沿わせることですばやく熱を下げ、キューティクルを引き締めて艶を出す効果も。仕上がりのなめらかな手触りも特徴です。


やけどしやすい首やおでこも安心





使用中、プレートの外側は約40℃。やけどをしやすい首やおでこに触れてしまっても大丈夫。髪の根元がぺたんこになりやすいという方も、髪の根元からしっかり挟んで立ち上げることができます。また、手を添えてスタイリングできるため、ヘアアイロン初心者でも扱いやすく、コツは不要。


髪質に合わせて使用できる5段階(140~220℃)の温度設定、30分で自動OFFの安全機能など、美容家電メーカーとしての使いやすさ、安全性も追求。詳細はHPをご確認ください。

冷マジック ReiMagic i2133GDは只今、予約販売中。
https://areti.jp/products/i2133gd
¥12,800(税込み)

※お届けは10月28日以降となります


新商品をご紹介



赤銅シリーズ15mm
https://areti.jp/blogs/binotabi/i2056

赤銅シリーズ20mm
https://areti.jp/blogs/binotabi/i2091sd

赤銅シリーズ カールアイロン 3サイズ
https://areti.jp/blogs/binotabi/i1963sd

室内の換気にも役立つ小型扇風機
https://areti.jp/blogs/binotabi/f1620ryb

収納内の湿気対策に小型除湿器
https://areti.jp/blogs/binotabi/j2105wh


ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

FEATURE

この記事もおすすめ