VERY December 2021
VERY NAVY

VERY

December 2021

2021年11月6日発売

890円(税込)

Premium VERY

CONNECT WITH VERY

【調査】「かつて日に焼けていた人ほど ”肌にいい成分”が入りにくい!」 浴びてしまった紫外線の蓄積による『ごわつき肌』を巻き戻す?! 皮膚科医がすすめるスキンケアテクニック


 資生堂ジャパン株式会社が実施した「過去から現在にかけての紫外線との関わりと現在の肌状態の実感」に関する調査*1 によると、過去、紫外線を多く浴びてしまった女性ほど、現在の肌の衰えの実感や、「肌にいい成分が入っていかない」という実感を持っていることがわかりました。
*1 2020年12月実施。20歳~60歳の女性559人を対象にしたインターネット調査。



調査対象を過去における日焼け経験ごとに「(意図的に)日に焼けて黒くなったことがある」、「(意図的にではないが)日に焼けて黒くなったことがある」、「日に焼けて黒くなった経験はない」の3グループに分け、
1)「年々、肌そのものが衰えているように感じるか」
2)「肌にいいものをどんどん入れたいと思っているが、肌に入っていかない実感があるか」
についてたずねたところ、いずれも日に焼けたことがあるグループのほうがそれらを実感している傾向にありました。

1)「(意図的に)日に焼けて黒くなった経験あり」のほうが、「日に焼けて黒くなった経験なし」グループの約1.2倍*2 、年々肌が衰えているように感じていました。

2)「肌にいいものをどんどん入れたいと思っているが、肌に入っていかない」と実感している人は、「(意図的に)日に焼けて黒くなった経験あり」のほうが「経験なし」よりも約1.3倍*3 高いことがわかりました。

過去、日に焼ける経験をした人ほど、現在の肌に衰えを感じ、また、肌にいい成分が入っていかないという実感をもっていることがわかります。

*2 :(「(意図的に)日に焼けて黒くなった経験あり」グループと「日に焼けて黒くなった経験なし」グループの「非常にそう思う/思う」の合計(93.9%と80.5%)との比較。
*3 :(「(意図的に)日に焼けて黒くなった経験あり」グループと「日に焼けて黒くなった経験なし」グループの「非常にそう思う/思う」の合計(85.8%と66.1%)との比較。

◆紫外線による「光老化」が、現在の肌状態の差につながる

皮膚科医の日比野佐和子先生よると、過去の日焼け経験によって現在の肌の衰え実感に差があるのは、紫外線による「光老化」の度合いの差が一因だと推察できるそうです。
しかし、積極的な対策で光老化による肌の衰えをケアすることができるといいます。
そのテクニックを解説いただきます。

【監修】皮膚科医 日比野佐和子先生



アンチエイジングの第一人者として国際的に活躍するほか、テレビや雑誌などにも多数出演。
医療法人社団康梓会 Y'sサイエンスクリニック広尾統括院長、大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学特任准教授、医学博士。内科医、皮膚科医、眼科医、アンチエイジングドクター(日本抗加齢医学会専門医)。同志社大学アンチエイジングリサーチセンター講師、森ノ宮医療大学保健医療学部准教授、(財)ルイ・パストゥール医学研究センター基礎研究部アンチエイジング医科学研究室室長などを歴任。中医学、ホルモン療法、プラセンタ療法、植物療法(フィトテラピー)、アフェレーシス療法(血液浄化療法)などを専門とする。


◆肌の老化原因の8割を占める「光老化」
肌の衰えの原因は、加齢による自然な老化(クロノロジカルな老化)によるものは2割で、紫外線による「光老化」が8割だといわれます。加齢とともに代謝が低下することでもシミ、シワ、たるみを起こしますが、加齢による老化よりも、長年さらされてしまう紫外線ダメージの蓄積のほうがはるかに大きな肌の老化原因になります

紫外線にさらされていることで肌の老化はより加速します。具体的には、紫外線量が増えるとメラニンの生成量が増え、蓄積されることによりシミができやすくなります。紫外線による活性酸素による酸化ダメージも、気が付かないうちに肌に溜まってしまいます。
資生堂の肌研究でも、”紫外線を浴びている時間が長いほど、酸化が進み、酸化ダメージの蓄積が、シワやたるみなどのトラブルを引き起こす”と、言われています。
紫外線がエラスチンなどの弾力線維やコラーゲンなどの膠原線維を酸化させ、変性させてしまうことで肌の光老化が進みます。
肌は長時間の紫外線照射による酸化が進行すると、肌は乾燥し硬くなってしまいます。そして過去からどれくらい紫外線を浴びてしまったのかの履歴(蓄積)は酸化度合にも影響し、現在の衰え実感にも繋がっていると考えられます。

◆光老化は巻き戻せる?
紫外線ダメージを受ける前に予防するのがもちろん得策ですが、既に浴びてしまった紫外線ダメージも手遅れだと諦めずにケアすることである程度リカバーできる可能性が高いです。

◆光老化を食い止めるケア

(1)酸化ストレスを避けるために…

・UVケアはしっかり
これから浴びてしまう紫外線量をなるべく減らすために、紫外線の影響を受けやすい方には、デイリーケアでもSPF50、PA++++くらいの紫外線防御効果があるUVケアをおすすめすることがあります。特に外に長時間いるときは2~3時間おきの塗り直しも大切です。サングラス、帽子、日傘、手袋などを活用し、肌への紫外線照射量をなるべく減らしましょう。
また、屋内にしかいない場合でも窓から入る紫外線対策として、UVケアの上にスキンケア成分や保湿成分を含むファンデーションを塗っておくことをおすすめします。

・肌は清潔に。でも、皮脂は大切に
皮脂は肌の酸化を加速させる要因となります。皮脂が過剰に出たらこまめにオフしたり、洗顔料でしっかり洗い流すことも大切です。
しかし、洗いすぎや過度なピーリング、刺激の強すぎるマッサージは、肌のセラミドなどの細胞間脂質を損なってしまい、肌のバリア機能を低下させ、紫外線や乾燥といったダメージをもろに受けやすくしてしまいます。
お風呂に長時間入るという方は要注意。熱すぎる温度(42度以上)での長風呂は、肌にとって必要な皮脂成分まで流してしまうことで肌の乾燥を招き、肌のバリア機能が低下してしまうことも。湯舟に浸かるのは38℃~39℃程度で 30分以内が理想的です。

・心身ストレスも活性酸素を増やします
心身のストレスも血流を悪化させ、身体の循環を停滞させてしまいます。なるべくストレスを感じないリラックスした精神状態で、規則正しい生活を送りましょう。

(2)スキンケアの最後ではなくいちばん最初にスペシャルケアを。
  ”3回に分けて”なじませましょう。

ぐんぐんうるおいを取り込める健康な肌を手にいれるには、洗顔後まずはじめに、スキンケアの効果をしっかりと受け止められる状態に整えるスペシャルケアアイテムでのお手入れを組み込むことをおすすめします。

紫外線ダメージが蓄積した肌は乾燥して保湿機能が低下していることが考えられるため、一気にうるおいを届けるのは難しいです。
そこで、しっかりと奥までうるおいを届けるためには、シンプルですが、3回に分けて適量を段階的に、丁寧になじませていくようにしましょう。浸透しやすいみずみずしいテクスチャーのものを選ぶのもいいでしょう。老廃物を流すイメージでマッサージをするような動作でなじませるとより効果的です。

スキンケアの最初のステップに加えることで、肌のデトックス効果にも繋がり、その後につける化粧水や美容液などのいい成分をしっかりと肌に取り込むことができます。
資生堂が提唱している「3回に分けてうるおいを届ける美容法」を参考にしてみるのもいいでしょう。



(3)抗酸化物質を摂取する

「ビタミンACE(エース)」と呼ばれる、ビタミンA、C、Eは積極的に食べましょう。
ビタミンAはブロッコリー、カボチャ、パプリカ、パセリなど緑黄色野菜に豊富、ビタミンCはキウイやイチゴ、アセロラなど。ビタミンEはナッツやアーモンド、ゴマや、綿実油、サフラワー油などの植物性の油から摂ることができます。

抗酸化作用の高い、ポリフェノール類が含まれる食品も摂りましょう。リンゴやイチゴ、ブドウ、ブルーベリーなどカラフルなフルーツはポリフェノールが豊富です。特に、皮の部分に豊富に含まれるので、どんなフルーツも可能な範囲で皮ごと食べるといいでしょう。
飲み物だと、緑茶に含まれるカテキン、コーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールを摂ることができます。お酒は身体の酸化・糖化の原因になるので控えることをおすすめしますが、もし飲む場合はポリフェノールの1種であるレスベラトロールを含む赤ワインにするといいでしょう。
また、カロテノイド類も代表的な抗酸化物質で、ニンジンやカボチャに含まれるβカロテン、トマトのリコピン、みかん、オレンジ、パプリカに含まれるクリプトキサンチンなどがあります。
高い抗酸化力を持つ色の濃いカラフルな野菜やフルーツを積極的に摂ることを意識しましょう。

(4)軽い運動やストレッチで循環アップ

ウォーキングなどの軽い運動や身体全体のストレッチで血行を促すことも効果的です。
特に、肩甲骨周りを動かすと腋下リンパ節や鎖骨下リンパ節などが刺激されより顔や首まわりのリンパの流れが促進されます。特に食後は血糖値の上昇をセーブするという意味合いでも軽い運動が役立ちます。食器を洗うなどの「ちょこまか動き」を習慣化するといいでしょう。

これまでも、これからも受けてしまう紫外線が招く「光老化」とうまく付き合っていくためにも、抗酸化に役立つケアを心がけてみましょう。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

FEATURE

この記事もおすすめ