グラフの「ザ スレッド コレクション」が今の私に似合う理由。 グラフの「ザ スレッド コレクション」が今の私に似合う理由。

気分はモダンラグジュアリー

大人の女性に相応しい、新しいステージのジュエリーを
手に入れたい。そんなNAVY世代におすすめしたいのが、
世界的ジュエラー、 グラフの新作
「ザ スレッド コレクション」。
大切な人々との普遍の絆を表現した、モダンかつ
ラグジュアリーなジュエリーをぜひデイリーに取り入れて!

EARRINGS EARRINGS

カットの違いで色々な表情が
楽しめる―今だからわかる、
ダイヤモンドの魅力

さまざまなカットのダイヤモンドが使われている新コレクションのピアスは、動くたびに光を受けて、美しく煌めく表情も変化。たゆまぬ煌めきが常に〝私〟に寄り添い、自信を与えてくれる。

ピアス「ザ スレッド コレクション」(K18WG×DIA〈トータル2.09ct〉)¥1,909,091(グラフ/グラフダイヤモンズジャパン) ブラウス¥24,000(エッフェ ビームス/ビームス ハウス 丸の内)

今、欲しいのは
ストーリーのある
ダイヤモンドジュエリー

柔らかく優美なラウンドカットのパヴェセッティングと直線的で洗練されたバゲットカットが組み合わされた「ザ スレッド コレクション」は、 大切な人々との繫がりを表現したダイヤモンドジュエリー。途切れることのない人々との繫がりや そこから紡がれる未来の物語を思わせる、そんな広がりを感じさせるデザイン。結婚して、子どもが生まれて、大切な絆が増えていく......・・・・・・
さらに自身の変化に寄り添ってくれる新コレクション。互いに結びついたダイヤモンドの美しいラインはまるで私と私の周りを結ぶ見えない絆のよう。

PENDANT

子どもが小さいころは着なかった
胸元の開いた服。今なら素肌に
ペンダントがしっくりくる

PENDANT

子どもが小さいころは着なかった
胸元の開いた服。今なら素肌に
ペンダントがしっくりくる

子どもが小さいころは敬遠していた素肌にペンダントも今は解禁。すっきりしたキャミソールに、今までにはない存在感を放つペンダントをひとつ。ピアスも必要としない、そんな潔い楽しみ方も、こんな主役ペンダントだからなせる業。

ペンダント「ザ スレッド コレクション」(K18WG×DIA〈トータル1.00ct〉)¥1,000,000 エタニティリング(K18WG×DIA)¥763,637(ともにグラフ/グラフダイヤモンズジャパン) ジャケット¥120,000 パンツ¥63,000(ともにシクラス/ユア サンクチュアリー)キャミソールはスタイリスト私物

RINGS

モダンなのに愛らしい
それは、普遍の絆を表現した
リングを身に付けているから

中央にエメラルドカットの大粒のダイヤモンドが煌めく、エレガンスと強さを併せ持つリングは、凛とした意思のある大人の女性にぴったり。

薬指リング「ザ スレッド コレクション」(K18WG×DIA〈センター1.01ctトータル2.00ct 〉)¥3,272,728 エタニティリング 人差し指元から バゲットカット(Pt×DIA)¥954,546 ラウンドカット(Pt×DIA)¥763,637(すべてグラフ/グラフダイヤモンズジャパン) ブラウスはスタイリスト私物

母になってから
ずっとジュエリーで
自分らしさを表現してきた。
だからこそ、
今新たな一歩を――

まるで人間の絆の縮図のような新コレクション。
カットの違うダイヤモンドが互いに共鳴し合い、ひと粒とはまた違う魅力を携えた、複雑な光を放つ。それはまるで、周りの人との繋がりによって、私の違う面が引き出されていくのと同じ。
新しいジュエリーが、新しい自分、新たな絆を作る……これからの私たちのステージにふさわしいジュエリーコレクション。
手持ちのジュエリーとも合わせやすいところも魅力。合わせるエタニティとカットを揃えたりしても楽しい。

左上から/1. エタニティリング バゲットカット(Pt×DIA)¥954,546 2. ラウンドカット(Pt×DIA)¥763,637「ザ スレッド コレクション」右上から/3. ペンダント(K18WG×DIA〈トータル1.00ct 〉)¥1,000,000※モデルカット使用 4. リング(K18WG×DIA〈センター1.01ctトータル2.00ct 〉)¥3,272,728※モデルカット使用 5. ピアス(K18WG×DIA〈トータル2.09ct 〉)¥1,909,091※モデルカット使用 ラウンドカットのみのデザインも展開。6. ピアス(K18WG×DIA〈トータル1.39ct 〉)¥1,181,819 7. ペンダント(K18WG×DIA〈トータル0.72ct 〉)¥704,546(すべてグラフ/グラフダイヤモンズジャパン)

この記事をシェアする

PAGE TOP